他人に無関心になる方法6つ

あなたは他人に対して無関心になりたいと考えていないでしょうか。

周りのことに影響されやすかったり、感受性が強過ぎるがゆえに辛い思いをすることが多かったりすると、「無関心な人間になりたい」と望む場合が多くなるようです。

本来、感じやすいことは悪いことではないのですが、その性格のために苦しくなってしまうのであれば、何らかの対策が必要になります。

そこで今回は、無関心になりたい人が、無関心になる方法についてご紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


他人に無関心になる方法

  • 無関心な人の考え方や心理
  • 自分のことだけに集中する
  • 他人に無関心になることに対しての、罪悪感を捨てる
  • 余計な情報を自分の中に入れない
  • 「我が道を行く」という覚悟を決める
  • 完璧主義にならないようにする

 

無関心な人の考え方や心理

私がそんな人間ですが、他人に関して何も魅力を感じないですね。

ある程度相手の行動パターンが読めて観察するに値しないです。(ただの五月蝿い馬鹿みたいな)

それが習慣になっています。誰に大しても「こんなもんだな」って思い新鮮な感動もないです。

無関心が習慣になってるから他人の顔を覚えるのが苦手で顔所か話の内容も忘れるので玄関にメモ帳は欠かせないです。

まだ植物の生命力の方が興味深く感心します。

出典 周りの人に極端に無関心な人。 学校や会社など

他人に関心があまりないという人ほど他人への好き嫌いがあまりなくてですね
好き嫌いが生じるほど深く関わろうとしないんですよ

これは深く関わることによって傷付くことを恐れている心理からくるものでして
自分が傷付かないためのひとつの自己防衛なんですね

心理的な他人との距離感を遠く保って
好きも嫌いもない平等という名の無関心を得て自分を守っているわけです

出典 他人に無関心な人の説明書

スポンサーリンク


自分のことだけに集中する

 

周りに影響されやすい、という人は、あえて他人に対する興味をなくすようにすると効果があります。

そのために必要なのが、集中力です。

自分のことだけに集中し、他人のことなど目に入らないくらいまで没頭しましょう。

並外れた集中は、周りからの影響を全てシャットアウトしてくれる効果があります。

そして、自分のことだけに100%集中していれば、「人は人・自分は自分」と割り切れるようにもなります。

自分のことだけに没頭していれば、自然と他人に興味が湧かなくなります。

 

何事に対しても、自分を最優先させる

 

「良い人」と言われている人ほど、他人からの影響を受けやすく、それによって悩みや苦しみを抱えることが多くなります。

「自分はさておき、他人が望むことを優先する」という癖が潜在的に染みついてしまっている人は、そこからなかなか抜け出せないのです。

なので、ここで意識改革をすることが必要になります。

何をするにしても、まず自分を最優先するということをやってみてください。

まず自分が何を望み、どうしたいのかをきちんと考え、そのための行動を一生懸命起こしましょう。

「まず第一に自分」という概念を心の中に徹底すれば、他人に対する興味は自然となくなっていきます。

そして、他人などに構っている場合でもなくなります。

スポンサーリンク


他人に無関心になることに対しての、罪悪感を捨てる

 
我々は小さい頃から、「周りの人たちを大切にしましょう」という教育を受けてきました。

確かにそれは大切なことです。

それが、見えない呪縛となって我々を苦しめているのであれば、あえて無関心になってみることも必要です。

しかし、長年受けてきた教育ゆえに、「他人に無関心になるなんて、いけないことだ」という罪悪感を持っている人もまた、多いものです。

そこで、その罪悪感を、意識して捨てるようにしてみましょう。

人間は、自分のことは自分で落とし前を付けなければならず、本来なら自分のことで精一杯なのです。

そういった人生の本質を踏まえ、「他人に無関心になることは、決して悪いことではない」と、繰り返し自分に教えてあげましょう。

この罪悪感さえ消えれば、無関心になることができます。
 

余計な情報を自分の中に入れない

他人の行為を見ない、余計なことは言わない、相手の言葉を真に受け止めない、見ざる、言わざる、聞かざるでいけば他人への嫉妬、羨ましさが無くなると思います。

あまり気にしてると息切れしてしまうからね。

出典 他人に無関心になるには?

現代は様々な情報に溢れた時代です。

日々、数えきれない情報が出回り、更新されていきます。

この情報に振り回されると、確実に自分を見失い、精神的にも不安定になりやすくなります。

そこで、あえて不要な情報は一切自分の中に入れないようにしましょう。

特に、ネガティブな情報に関しては、知る必要がないものばかりです。

そのような情報は、片っ端からシャットアウトしましょう。

情報を次々シャットアウトすると、世の中から取り残されたような気分になる人もいるかもしれませんが、あえて情報の海から自分を遠ざけることも必要なのです。

無関心にならなければ、自分の心を安定させられない時もあるのです。

なので、余計な情報に関しては、「見ざる・言わざる・聞かざる」の知恵を使って、あえて無関心になってしまいましょう。

スポンサーリンク


「我が道を行く」という覚悟を決める

 
他人に無関心になるための1番有効な方法は、「自分は、他人から何を言われようと、我が道を行く」という覚悟を決めてしまうことです。

この覚悟さえあれば、何も恐れることなく、無関心に徹することができます。

このような形の無関心こそが、「ポジティブな無関心」であると言えます。

脇目もふらず、人から何を思われたり言われたりしても、堂々と我が道を行く覚悟を決めた人には、自信と強さが宿ります。

他人のことになど、構っている暇もなくなります。

又、「そのようなことをしたら、嫌われるリスクがどんどん大きくなるのでは?」と不安に思う人もいるかもしれません。

しかし安心してください。

覚悟を決めて我が道を進む人に対しては、尊敬のまなざしが集まってきます。

なので、「ポジティブな無関心」を貫く人は、むしろ人から好感を持たれることの方が多いのです。
 

完璧主義にならないようにする

完璧=ゴール、ですからそうなると
人の考えや意見を吸収する余地がない人。人の意見を聞く態勢ができない人ですから。

完璧だと思っているとやはり人の意見が自分と違う事にイライラするし相手に言って、正させたいと思ってしまうから攻めてしまって自分が正しいと思っているからなおさら強い言動に出てまう、、、。

もしそんな心当たりがあるようでしたら、自分は完璧ではないし、と一歩引いた目線で見てみるとちょっとかわるかも。

出典 割り切れる人間になりたいです いい意味で他人

他人無関心になる方法のまとめ

 
いかがでしょうか。

今まで「無関心」とは、「人に対する愛情が薄い」として、ネガティブなものであると捉えられてきました。

それゆえ、「いつでも周りに関心を持っていなければいけない」ということが、暗黙のプレッシャーになっていたこともまた事実です。

しかし、自分の納得する人生を歩むためには、時には「無関心」という選択も必要なのです。

罪悪感を持たず、恐がらずに、「ポジティブな無関心」を貫いてみると、確実に自分の世界が変わります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク