儲かる仕事ランキング【起業・正社員】

儲かる仕事とはいったいどんな仕事なのでしょうか。

同じように働くなら、やっぱり儲かる仕事の方がいい!と思うのは誰しも同じです。

しかし、多くの人はどんな仕事が稼げるのか、いまいちよくわかっていないのが現実です。

そこで今回は、儲かる仕事についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


儲かる仕事ランキング

 

男性編

1位 航空機操縦士 平均年収:1485万円
2位 大学教授 平均年収:1303万円
3位 航空客室乗務員 平均年収:1153万円
4位 大学助教授 平均年収:1036万円
5位 医師 平均年収:967万円
6位 高等学校教員 平均年収:954万円
7位 記者 平均年収:933万円
8位 各種学校・専修学校教員 平均年収:844万円
9位 一級建築士 平均年収:723万円
10位 自然科学研究者 平均年収:697万円

出典 【必見】儲かる仕事ランキング TOP10(男性編・女性編)

やはりその職業に就くまでに投資しなければいけないものが多い仕事ほど、リターンが大きくなるという結果になります。

その点で考えれば、このようなランキングは至極当然かもしれませんね。

正社員で儲かる仕事はそれなりに時間とお金が必要になるということを覚えておきましょう。
 

女性編

1位 大学教授 平均年収:1026万円
2位 大学助教授 平均年収:874万円
3位 高等学校教員 平均年収:835万円
4位 医師 平均年収:777万円
5位 記者 平均年収:774万円
6位 各種学校・専修学校教員 平均年収:651万円
7位 航空客室乗務員 平均年収:635万円
8位 臨床検査技師 平均年収:573万円
9位 自然科学系研究者 平均年収:571万円
10位 システムエンジニア 平均年収:564万円

出典 【必見】儲かる仕事ランキング TOP10(男性編・女性編)

男性とあまり変わらない結果になりましたが、10位のシステムエンジニアなどはもともと女性の平均年収は高くないので、ランキングに入っているものだと考えられます。

今は、女性が働きやすい社会になってきたとはいえ、収入面で考えればまだまだ差があるのが現状です。

アプリ系、システム系などは男性・女性問わず実力がある人が評価される世界なので、比較的儲かる仕事と言えるかもしれません。

スポンサーリンク


その他の儲かる仕事

 

高齢者向けの仕事

葬儀屋さんだと思います。これから高齢化社会を向かえ、益々繁盛すると思われます。

出典 1番儲かる仕事?

これからますます高齢化社会に拍車がかかっていくことは間違いありません。

そのため、どんどんニーズが高まっていきます。

そういった業界に入ること自体は、儲かる仕事とはいえないかもしれませんが、自分で起業してビジネスを構築すれば仕事が少なくて首が回らないという可能性は低くなるのではないでしょうか。

または、高齢者と人とをマッチさせるサービスなどもいいでしょう。

しかし、高齢者や介護を求めている人はたくさんいますが、そのマッチング相手に対するインセンティブをどうするかが課題です。
 

ピザやホットドッグを屋台で売る

特にピザが人気みたいですね。

頼んだら2000円はするピザをピースで400円とかで売る。

なかなか屋台でしか出来ないようなアイデアを付いていますよね。

ビジネス街の穴場を見つけてやっているお弁当屋さんも短時間で百は売り上げるそうです。

他には遊園地や夏フェス会場など。

競争率は高いですけど人の数が違います。

さらにそういったイベントに来ている人の購買意欲は高いですよね。

出典 移動販売が今ヤバイ!!めっちゃ儲かるアイデアと始め方!!

スポンサーリンク


昼時や小腹が空くおやつタイムになると、学生や会社員たちがホットドッグの屋台にふらりと立ち寄る、というのはよく見るお馴染みの光景です。

ラーメン同様、ホットドッグも屋台によって作り方が異なる、ソーセージの大きさが違う、オニオンがたっぷり入っている入っていない、といった違いがあります。

ニューヨークシティのような大都会の、人が集う需要の大きい場所で美味しい最高のホットドッグを売ればガボガボお金が儲かることがあります。

30,000米ドル(約320万円)以上の年収を稼ぐホットドッグ売りは大勢います。6桁の儲け(1千万円以上)を得るホットドッグ売りも実際に存在します。

屋台を出す場所代がかかることもありますが、多くの人が買いに寄ってくれそうな場所で、誰にも好まれる最高のホットドッグを提供すれば、意外とがっぽり儲けることも可能です。

出典 意外と儲かる!ユニークな変わった仕事ベスト10

屋台で何かを売るというのは、儲かる仕事の1つだと言われています。

特に原価率が低い粉物はリスクが小さく、ヒットすれば大きなリターンを生み出すことが可能でしょう。

まさにスモールビジネスですが、商売の基本が詰まっておりとても勉強になりますし、それが大きくなれば店舗を構えるまでに発展するケースも少なくありません。
 

儲かる仕事をやるなら正社員よりも経営者

自営業者、または中小企業の経営者が最も短期間で儲かる仕事ではないかと考えられる。このポジションなら、起業して数年で税引き後の年収が数千万円ということも珍しくない。上場企業の役員よりもお金を持っていたりする。

もちろん自営業にしろ中小企業の経営者にしろ、簡単に成功できるわけではない。ただ、現代ならビジネスを副業で始めることもできるようになった。このチャンスを物にすれば、ローリスクでスタートを切ることができる。

サラリーマンは経営者から搾取される立場にあるので、いくら頑張っても儲かる仕事とは言えない。最終的には、自分で仕事をするか、もしくは人を使う側に立つかが儲かるポジションと言える。

出典 儲かる仕事は論理的に見つけられる

いかがでしょうか。

儲かる仕事をしたいと思っている人は数限りなくりますが、「それじゃあ起業しよう」と実際に行動する人はほとんどいません。

というよりも、まったくいないといっていいでしょう。

だからこそ、リスクをとって行動する人が儲けられるのは当たり前の話です。

もちろん失敗する可能性もあります。

それが怖い人は、今の会社の役員になるか、転職をして給料が高い仕事に就くかという選択になります。

外資系などの営業や金融系は、常にクビになるリスクを抱えていますが、結果を出せば今の何倍ものお金を手に入れることができます。

おそらく尋常じゃないぐらい働かないと周りから置いてけぼりになりますし、そもそもその仕事に就くまでの道のりが遠いということもあります。

とはいっても、まずは調べてみないことには何も始まらないので、まずはチェックすることから始めてみましょう。

それがスマートな選択となります。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク