プロゲーマーでギネス認定された男の勝ち続ける方法5つ

プロゲーマー
PHOTO BY peter pearson

日本人初のプロゲーマーとなった梅原大吾という男をご存知だろうか。

彼は、日本人初のプロゲーマーの他に、

世界で最も長く賞金を稼いでいるプロゲーマー

としてギネスにも認定されており、大変有名な人物である。

 

彼を一躍有名したのが「背水の逆転劇」と云われる場面だ。

(観たこと無い方はコチラから『背水の逆転劇-YouTube』)

おそらく多くの人が「??」と感じたはずなので、コチラもあわせて。

Super Street Fighter Umehara Daigo History 2010 + Ryu Tutorial Part 1-YouTube

そんなウメハラ氏は勝つこと勝ち続けることは違うと著書で述べている。

では勝ち続けるためには、

という部分にフォーカスを当てて彼の著書から一部ご紹介。

スポンサーリンク


プロゲーマーで勝ち続ける方法

出典

プロゲーマーは安易な道を選ばない

誰にでも出来る戦法は選ばないし、

それによる不利を苦とも思わない。

遠回りすることでしか手に入れることのできない強さがあると信じているからだ。

 

誰でもできる方法は確かに近道で

すぐに上達するかもしれないけれど、

それ以上は成長しないとウメハラ氏は述べている。

 

プロゲーマーはすべての可能性を試す

僕の場合は、行動を惜しまないということしか信じていない。

仮に才能がなくても、行動し続けていればいつか正解に辿り着くと信じている。

 

人からこの方法はダメだと聞いたり、

自分でもダメだと思う方法だけど、

実際に試してみないとわからないという彼。

 

そうやって一つ一つ、

これは使える、これは使えないと徹底的に確認していけば

どこかで求めている答えが見つかるはずだとも語る。

スポンサーリンク


プロゲーマーは変化なくして成長なし

僕にとっての正しい努力。それはズバリ、変化することだ。

変化を続けていけば、きっと正しいことが見つかる。

また、正しくないことが見つかれば、その反対が正しいことだとわかる。

だから、前へ進める。

 

人は誰でも変化を恐れてしまう。

自分が変わっても状況は変わらないかもしれない。

もしかしたら悪い方へ変わってしまうかもしれない、

と考えがち。

 

もしその変化が悪い方向へ向かったとしても、

知らなかった景色が見えるかもしれない。

そしてまたそこから変化することによって

どんどん自分が大きく成長していけるとウメハラ氏は説いている。

 

プロゲーマーは人の目を気にしない

勝負の世界において、人の目を気にすることはマイナスでしかない。

なぜなら、人の目を気にしていると本来やるべき行動を継続できないからだ。

 

努力を継続していけば必ず結果が出るとは限らない。

しかし努力を継続しなかったら必ず結果はでない。

そして筆者は努力を続けていけば必ず人の目は気にならなくなると話す。

つまりそれは結果を出すための第一歩と言えるのかもしれない。

スポンサーリンク


プロゲーマーになるために努力を10年続けられるか

受験戦争を乗り越えてきた人から、

よく「15時間以上勉強していました」という話を聞く。

 

なるほどすごいとは思うが、

その努力を何年続けられるのだろう。

おそらく1年ぐらいが限界ではないだろうか。

 

合格という結果を得られれば救われるだろうが、

1日15時間以上勉強して不合格に終わったら、

その精神的ショックは計り知れない。

 

結果がでなくてもそれを続けられるか。

それと真剣に向き合えるか。

 

筆者と同じようにプロゲーマーになりたい

と聞かれた場合はそう覚悟を確認するのだとか。

ただ単純に有名になりたいなどの理由では

やめておいたほうがいいと指摘している。

 

それは彼がそのような経験をしてきたからこそ

生み出された言葉なのかもしれない。

 

スポンサーリンク


筆者のゲームをやることでの苦悩や挫折、迷い、悩みなどにも

多く触れられているが、

 

そのどれもが特殊なものではなく、

ごく一般的で私たちと同じようなものであることがわかる。

世間の目から逃れるように生きてきたと語るウメハラ氏。

 

しかしスポンサー契約をしたときをこう振り返る。

苦しい思いをして、

悩みに悩んで、

そこを乗り越えてみんなに認められた。

 

だから、すごく嬉しかった。

心の底から嬉しかった。
 

「ゲームをやっていてもいいんだ。ずっとやっていたいな。」
 

ようやくそう思えたのが、

スポンサー契約を交わした2010年4月。

初めてゲームを触ったあの日から、

18年以上が経過していた。

 

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

アマゾンでの評価
日本人初のプロゲーマーになった男の勝ち続ける5つの意志

▼オススメ記事

イチローから学ぶ!結果を出す4つの自己管理方法

聴力を失ってもピアノに向かい続けた女性-フジコ・ヘミング

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク