会社を辞めたい時の対処法5つ

あなたは今、会社を辞めたいと思っていないでしょうか。

仕事をしていく上では、いろいろ大変な事もあるでしょう。

時には、頑張ったのに全く認めてもらえなかったり、成果を上げる事ができなかったりして、ガックリしてしまう事もあるかもしれません。

そんな時、会社を辞めたいと思ってしまうものです。

そこで今回は、会社を会社を辞めたい時の対処法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


会社を辞めたい時の対処法

  • どうして会社を辞めたいのか理由を探る
  • 会社に勤め続けているメリットを考える
  • 仕事以外にも楽しみを見つけてみる
  • 転職できるかという事を考える

 

どうして会社を辞めたいのか理由を探る

 
会社を辞めたいと思ったら、どうしてそう思うのか、その理由を探ってみましょう。

仕事をいくら頑張っても、なかなか結果を出せないからでしょうか。

仕事の内容に興味が持てず、どうしてもやる気が出ないという事もあるでしょう。

職場の人とうまくいかずに、それが原因で退職したいと思っているのかもしれないですね。

そんな、どうして会社を辞めたいと思っているのかという事を探る事は、その気持ちに対処していく上で欠かせない事でもあるのです。

原因が何かを知る事ができれば、その事に対して向き合い、対応したり改善していく事ができます。

例えば、仕事で成果を出す事が出来ないなら、一人で悩まず上司や先輩に積極的に相談してアドバイスをもらう事で、新たなやり方を見つける事ができ、結果を出す事が出来るかもしれません。

職場でのトラブルがあるなら、いっその事人事に話して、部署を変えてもらうようにしてもらう事もできるかもしれません。

そこまででなくても、同じ職場の同僚と悩みを共有するだけで、気分が晴れて会社を辞めたいという気持ちがなくなるかもしれないのです。

そういう風に、自分で気が付いた原因について一つ一つ対処していく事で、会社を辞めたいと思っていた気持ちを乗り越えていく事ができるのです。

会社を辞めたいと思ったら、まずはどうしてそう思うのか、その原因を探るようにしてみる事が一番の対処法といえるでしょう。

あなたが仕事を辞めたいと思う理由は何か、はっきりと言葉にすることはできるだろうか?仕事を辞めるという重要な局面において、衝動的に一時的な感情で動いては後悔することになる。

考えられる項目としては、

・人間関係:「あの人が苦手」等
・仕事内容:「この作業が辛い」等
・待遇:「仕事の割に合わない給料」等
・会社の方針:「私はその方針に合わない」等

など。大体、これらの理由にカテゴライズされるだろう。

出典 仕事を辞めたいと思ったら確認すべき7つのこと

スポンサーリンク


会社に勤め続けているメリットを考える

 

会社を辞めたいと思った時は、もしかしたら冷静な気持ちで判断できていないのかもしれません。

何か仕事でトラブルがあって、気持ちが先走っているという事があるかもしれないのです。

そんな時の効果的な対処方は、会社に勤め続けているメリットを考えるという事です。

会社を辞めたいと思っても、実は会社に所属するという事は、色々なメリットがあるともいえます。

それを自覚する事で、会社を辞めたい!と思っている気持ちをトーンダウンさせる事ができるのです。

会社に勤めている事のメリットと言えば、一番にはまずお給料をもらえるという事だといえるでしょう。

金額については不満もあるかもしれませんが、それでも毎月決まった金額が振り込まれるのは、生活を安定させる上で欠かせない事です。

また、他にも厚生年金や社会保険といったものの恩恵を受けています。

更に、会社を辞めてしまうと、いわゆる社会的な信用を得にくくなるという事もあります。

例えば、新しく家を借りようと思っても、無職ではなかなか借りる事も難しいでしょう。

クレジットカードを作りたくても、信用が得られずに作れないという事もあるのです。

会社に勤めているというそれだけで、色々なメリットがあるのです。

それを一つ一つ確認する事は、会社に勤めていられるという事がいかに自分にとってプラスになるのか、それを理解するためにも必要です。

それを実感すれば、会社を辞めたいと思ている気持ちにストップをかける事ができるでしょう。

スポンサーリンク


会社を辞めたいと思ったときほど仕事以外にも楽しみを見つけてみる

 

仕事ばかりの生活だと、どうしても会社がすべてになってしまいがちです。

そこで嫌な事があると、他に気持ちを逃がす場所がなく、会社を辞めたくなってしまうのです。

会社を辞めたいと感じる時、会社を辞める前に他に楽しみを見つけてみるようにしてみましょう。

時間が許すなら、何か趣味のサークルに入ってみたり、お稽古事を始めてもいいかもしれません。

仕事帰りにお稽古があると思えば、取り合えず今日一日も頑張ろう!と思えるかもしれないでしょう。

そこまで時間がなくても、例えば週末に楽しみな予定を入れておくだけで、一週間を乗り切る事が出来るかもしれないのです。

人気のパンケーキ店に行く予定を組んでみたり、今話題の居酒屋に行ってみるのもいいですね。

そういう楽しみを入れておけば、会社を辞めたいと思う気持ちをだましだまし乗り切る事ができるのです。

一時的な対処法ともいえますが、そうやって時間がたつのを待つというのも、時と場合によっては必要なのです。

どの様な仕事でも、いつも常にやりがいがあって頑張れるという事はないといえます。

誰だって、時々は仕事で落ち込んだり、嫌気がさして「会社を辞めたい」と思う事があるのです。

そんな気持ちを受け止めてくれるのが、仕事以外の楽しみだといえるでしょう。

スポンサーリンク


転職できるかという事を考える

 
会社を辞めたいと思った時、対処法として新しい仕事先が見つかりそうかという事を考えてみましょう。

会社を辞める事はいつでもできますが、再就職するとなると、そう簡単にいくとは限りません。

そうなると、会社を辞めた後の生活はいったいどうなってしまうのでしょうか。

一時の勢いで辞めても、その後は結局働き口が見つからず、生活に困窮するという事になってしまうかもしれないのです。

そうなってしまったら、今までと同じ生活レベルは保てないばかりか、将来の人生設計までも大きく変わってしまう事になりかねません。

それを防ぐためにも、会社を辞めた後に転職できるか、よく考えてみる事は大切なのです。

もう一度よく考えて、本当に会社を辞めていいのかという事を見つめなおしてみましょう。
 

会社を辞めたいなら早めに決断しよう

いかがでしょうか。

会社を辞めたいと考えている人は、数えきれないほどいます。

その理由の以下のように様々です。

・今より収入を上げたいから 43.77%
・もっとやりがいのある仕事がしたいから 34.63%
・会社の人間関係に不満があるから 30.47%
・頑張っても評価されないから 24.65%
・忙しすぎる、仕事内容に不満がある 22.99%
・会社の業績が悪い、将来が不安だから 18.28%
・もっと私生活を充実させたいから 13.3%
・仕事に飽きたから 10.8%
・体調が悪いから 6.09%
・独立を考えているから 7.48%
・リストラされそうだから 3.6%

出典 35歳以上の3人に1人は「会社を辞めたい」

会社を辞めるという事は、一時の感情で判断していい事ではありません。

辞める前にできる事も沢山あるのです。

会社を辞めたい時には、冷静になって考えてみるという事が、大切ということもできるでしょう。

しかし、人はこうした論理だけでは生きていくことはできません。

感情にしたがって、どんどん行動することもかなり重要です。

実際に、著名な方々で、結果を残してきている人たちは、グダグダ考えずに、決めたらスパッと行動する人がほとんどです。

結果的には、何とかなるものなので、仕事を続けていく上で、体調を崩してしまったりするのであれば、さっさと会社を辞めることを強くおススメします。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク