楽観的な人になる方法7つ

楽観的な人がいる一方で、悲観的な人がたくさんいます。

そのほとんどがやはり楽観的な人になりたいと思っているものです。

すぐに考え方や行動を変化させることができれば、あっという間に人生は好転しますが、そんな簡単に変えられるものでもありません。

しかし、そのまま何もしないでいたらあなたはいつまでも悲観的な人間のままで損をし続けてしまうでしょう。

そこで今回は楽観的な人になる方法についてご紹介していきますので、ぜひ身近にいる楽観的な人の特徴に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

これを読むだけでも楽観的な人間に近づくはずですよ。

スポンサーリンク


楽観的になる方法

 

楽観的1.考え方を未来志向にする

「未来志向」な考え方

楽観主義者は、過去に囚われたり、後悔をせずに未来について考えています。
なぜなら未来は過去と違い、どうにでも変えることができるからです。

未来志向になると、必然的に将来のビジョンが見えてきます。そして、その将来のビジョンに到達するために今すべきことが見えてくるのです。

出典 成功者は必ず身に着けている「楽観的思考」を手に入れるための7つの考え方

楽観主義者は、常に成長しようと心がけています。生涯学び続け、常に新しい情報・アイディアを手に入れようとしています。
「成長志向」の人は、自らの未来について考え、自らへの投資を惜しみません。

出典 成功者は必ず身に着けている「楽観的思考」を手に入れるための7つの考え方

 

楽観的2.競争はできるだけ避ける

楽観主義な人は、競争の舞台に立つことはありません。他人と争っても無意味だということを、理解しているからですね。だから、周りよりも成果が出せなくても、落ち込むことは無いわけです。

だから、常に一定のメンタルを維持することができ、淡々と仕事をこなすことができます。周りに左右されないので、自分のペースで目標を達成できるわけです。

競争社会に身を置いていると、自分のペースを崩されることがあります。でも、周りと比較するのを止めることで、劣等感を感じることも無く仕事ができます。安定して成長することができますから、自然と効率も上がっていくでしょう。

出典 楽観的な性格になるための5つの方法とは?

スポンサーリンク


楽観的3.今にだけ集中する

まだ起きていないことに対して,起きないようにあるいは起きた時の
最善の対応策を考えようとするのが心配性とするなら,まだ起きてない
ことに対して起きてもかまわないと思えることが楽観的といえるかも
しれません。

起きる前からあれこれと考えてエネルギーを使っていれば起きた時に
使えるエネルギーは少なくなってしまうでしょう。
起きてからその時に出来ることをするようにするなら,起きるまでの間に
他のことにエネルギーを使えると思います。

嫌なことやストレスはあって当たり前,それを完全に取り除くことは
誰にも出来ないと思います。
それが出来ると信じていれば自分を追い込んでいくだけだと思います。

出典 楽観的になるにはどうすれば?

 

楽観的4.期待しすぎないで諦めることも重要

【諦め】という考え方を、意識し始めることになっていくのでした。

理論的には、高い{理想/期待}を諦めさえすれば、イライラやストレスが減ることになるよう思われました。
ストレスやイライラ、落胆の原因 は、{理想/期待}と現実とのギャップにあるから・・。

もし私が、人生に対して過度/過剰なほどの期待・・・「人生が、こうなって欲しい!」をもたなくなれば、現実がどうなろうと、【期待と現実のギャップ】も生じなくなるため、理論的には、イライラやストレスが減ることになりそうだと思われ、私は、人生に対する過度/過剰なほどの期待を、諦めることになっていくのでした。

しかし、期待をまったく持たないだけでは悲観的/マイナス思考にもなりがちであるため、人生に対する過度/過剰なほどの期待を諦めつつも、楽観的であることが大切なのかもしれない、とも感じていて、

出典 悲観的から楽観的な人になる方法

その‘期待’には「まぁ、最悪、別に期待通りにならなくてもいいけど」という楽観や軽い気持ちもあって。

その心境に至るには、{現実がどうなろうと心のコントロール次第で幸せを感じることは可能なのだ}という確固たる想いをもつと同時に、真実を知ることも必要となるようにも思われたのでした。

出典 悲観的から楽観的な人になる方法

スポンサーリンク


楽観的5.いい加減な状態を作る

心配性で悩む方の中には、常に「きちんとしなければ」「しっかりしなければ」と考えている人もいるのではないでしょうか。

もちろん、何事にも真摯に取り組むことは素晴らしいことです。これまでも真面目に、また正直に生きてこられたのでしょう。

けれど、「ちゃんとしなければならない」という気持ちが強すぎると、心を緊張状態にしてしまいます。自分自身に過度のプレッシャーを与え続けていることになってしまうのです。

常に心が強い緊張状態にあることは自分にとってはもちろん、周囲に対しても決していい影響は与えません。

ある程度の緊張感を持つことは、決して悪いことではありませんが、それでも度が過ぎればマイナスになってしまうのです。それでは、意味がありません。

そんな時は、自分の心に対して「いい加減」にすることを許してあげましょう。

普段から「ちゃんとしなければ」と考えている方には、なかなか受け入れられないかもしれません。けれど、「いい加減」というのは悪い意味での適当でいいという事ではなく、「良い加減」という事です。

出典 心配性を克服して、楽観的な毎日を歩むために必要な4つのルール

 

楽観的6.自分に自信を持つ

楽観主義は、いま目の前の現実のことと、未来に向かって行動する目的志向とワンセットになっています。
自分が望む未来の状態を想定して、いま現在の自分の行動を規程したり、制限することで、未来に対して自信を持っているからです。
つまり最悪に備えた必要な準備をしている態度によって、困難に遭遇してもきっと乗り越えることができるという自信につながっているのです。

自信とは自分を信頼できるということです。
必要な準備をしていることで、自分を一番信頼できる支援者に仕上げています。
未来に備えて準備をしているので、目の前のいまのことに不安を感じない態度が恒常的になっていて、精神状態も安定しているのです。

出典 楽観的な人と悲観的な人はどう違うの?

スポンサーリンク


楽観的7.楽観的な人の特徴として長生き

長生きをしている人には「楽観主義者」が多く、短命の人には「悲観主義者」が多いとのことです。
楽観主義者は、事件が起こっても「なんとかなるだろう」と楽観的に考えます。
一見すると、将来に対して、真剣さが足りないように思えます。
楽観主義者を横で見ている悲観主義者は、慌てます。
「何を言っているんだ。将来が大変だぞ。なんとかしなければ!」
悪い方向に傾いていることに気づいて、慌てて対策を立てます。
なんとかしようとする姿は、将来に対して真剣さがうかがえます。
一見すると、悲観主義者のほうが将来を真剣に考えているので、長生きできるように思えますよね。
しかし、現実はなんと、適当に考えている楽観主義者のほうが、長生きできています。
気楽に考えていたほうが、気長に生きることができます。
大変な事態が起こって、もうだめだと思っても、楽観的に考えていればなんとかなるものです。
事実、長生きしているのです。

出典 人生、なんとかなるもの。

 

楽観的な人と悲観的な人の違いは物事の捉え方

 

いかがでしょうか。

あなたやあなたの周りの人に当てはまるような点はありましたか?

基本的に楽観的な人は常に前向きで、あまり心配をしません。

それは自分に自信を持っていることもあるでしょうし、もしくは元々深く考えない性格かもしれません。

しかし、どんなことであれ楽観的な性格の人の方がメリットを享受しやすいのは周知の事実です。

少しずつでもいいので、今回ご紹介したことを参考に楽観的になれるように努めておくと、自然と変化している自分にいつか気づく瞬間が訪れるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク