20代の転職理由9つ

20代で転職したい・・・と考えている人が増えてきています。

今は、どんどん仕事場を変えて、キャリアアップしていくという流れが強まっているため、無駄な時間を過ごすぐらいなら・・・と比較的早い段階で転職を決める人もたくさんいます。

このほかにもたくさんの転職理由があります。

そこで今回は20代の転職理由をご紹介しますので、ぜひ最後までごらんください。

スポンサーリンク


20代の転職理由

 

社会へ出てみて初めて自分のやりたい仕事がわかったから

 
新卒で就職する場合、ほとんどの人は「就職は義務」と感じ、「とにかくどこかに就職しなければ」と考えているでしょう。

学生時代にアルバイト経験はあっても、社会のことはよくわからないで、義務感から就職するケースが多いはずです。

つまり、「どうしてもやりたい仕事があって、その業界や会社に就職する」という人は、実は少数派なのです。そして、「とりあえず合格した会社」で、「配属されたセクション」の仕事を始める。

そこで社会人としての経験を積んでいくわけですが、視野が広がることによって「社会と自分」という関係性が、初めて把握されるといっていいでしょう。

そして、「ほんとうにやりたい仕事」が見つかるケースが多いのです。学生の時は義務感でした就職でしたが、この段階に至って初めて、自主的に仕事や就職を考えるようになる。これが、20代の人に大変多い転職理由になります。
 

求人の多い若いうちのほうが、転職に有利だから

 
また、現実問題として、転職は年齢が高くなるほどむずかしくなる、という事情もあります。

就職した会社で仕事を続けるうちに「ここは一生勤めるべき会社ではないな」と感じたり、「このままこの仕事を続けていていいのだろうか」という疑問を抱くことがあります。

その際「転職」が選択肢の一つになるわけですが、多くの人は「年齢と求人数は反比例する」ということを知っています。

それで、「いずれ、会社を辞めることになるのなら、求人の多い20代で決断したほうが有利だ」と判断する。これが、若くして転職する人に多く見られる理由です。

スポンサーリンク


人生設計を考えて、より条件のよい仕事につきたいと判断したから

 
学生時代は「人生設計」について、ほとんど人は具体的には考えません。ただぼんやりと「将来は結婚して家庭を持つようになるのだろうな」という想像をしている程度です。

それが、社会人になって、周囲に結婚する人が出てきたり、自分も将来の人生設計をリアルに考えるようになる。

そして「この仕事を続けていたら、自分が思い描くような人生は実現できない。より条件のよい仕事につきたい」と判断し、転職を決断するのです。
 

20代で転職したほうがチャレンジできる気持ちがあるから

 
20代で転職する理由は20代のうちの方がチャレンジできる気持ちがあるからです。
    
転職するにもリスクがあります。入社して実際に働いてみないとわからないという状況はよくあります。

労働環境が今より悪くなる、給料が思っていたより悪かった、残業時間が多かった、実は結構休日出勤があった、業績が急に傾いたなんてことが発生するリスクがあって、ある程度覚悟が必要です。

その覚悟は30代の時よりも20代のうちの方が決心できる力があるので、20代で転職を選択する大きな理由と言えます。
 

30代の自分の姿が今の上司みたいになりたくないから

  
20代で転職する理由は30代の自分の姿が今の上司や先輩みたいになりたくないからです。

5年後、10年後の自分の姿は5つ上の先輩や10つ上の上司と言われるように、ほぼ自分の将来の姿を映しだしている状態です。

20代で転職するということは30代の時にはその先輩方のような姿ではいたくないということです。

今の会社に居ては結局その姿になってしまうので、それを望まずに自分の重い描いている将来に姿を実現するために20代で転職することが必要となってきます。

スポンサーリンク


30代になると働ける先が少なくなってくるから

 

20代で転職する理由は30代になると働ける先が少なくなってくるからです。

30代になると20代の時と違って、体力面や精神面であまり無理ができなくなってきます。

求人を出す企業側もある程度少し無理なことをお願いした時でも、しっかりと業務を務めあげられる体力と精神力がある人の方が欲しいです。

20代にはその力がしっかりとあるので、20代の転職の求人先は30代より多いです。

それに対して30代になってからの転職では、その面においては衰えてきて不利な状態になってきます。その結果、20代で転職を選んだ方が働き先が多い分、転職においては30代より有利なので20代での転職する理由となります。

 

20代の転職理由はキャリアアップを目指しているから

 

「20代で転職する理由」は、自身のキャリアアップを目指して、というものも挙げられます。

今の会社でも十分に活躍することはできるのだけれど、自分のキャリアを考えたときに、もっと給与面でよい環境に身を置きたい。もしくはスキルの身に付く、大規模案件のある企業へ進みたいというもの。

こうした理由は一見するとものすごくポジティブで、応援したくなります。しかし、少し待ってください。

ご自身のスキルや給与を考えた際、もう今の会社でできること、やるべきことは何もないのでしょうか。

案外、自分のスキルアップのためにもっとできることは多いもの。キャリアアップのために転職をお考えの方は、もう一度「もうこの会社でやるべきこと、できることはないか」を考えてみてください。

スポンサーリンク


20代の転職理由としてワークライフバランスがある

 
会社が忙しすぎて、自分の時間を十分に取ることができない。

いくら給与や待遇面が良くても、自分の時間や大切な人と過ごす時間が取れないのであれば、人によっては不幸だと考えてもおかしくはないですよね。

そうした理由で転職される方は、今、一番多いのではないでしょうか。

今の会社はしんどいから、もう少し給与が下がっても余裕のある暮らしをしたい。と考える方は多いはず。しかし、この時にも注意が必要です。

転職を焦ると、より悪条件の企業しか見つからず、忙しさは変わらずに待遇面だけが悪化している・・・なんてことも、よく起こっています。

ご自身のワークライフバランスを考えて転職を希望されるかたは、焦ることなく、じっくり自分の希望の暮らし方、働き方を見つめ直すことが必要になるでしょう。
 

人間関係や仕事内容が辛すぎるから

 
職場の人間関係が上手くいかない。仕事内容が自分に合っていない。そんな理由で転職を考えられる方も、多いのではないでしょうか。

確かに「自分に合っている」と考え、イキイキ働くことができない環境は、非常にしんどいです。しかし、逃げ出したい一心で転職を考えれている方は、最も注意が必要です。

こんなことを言うことは酷かもしれませんが、どんな仕事でも、ツラい部分はあるものです。

自分が耐えられる部分はなにか、どうしても耐えられないことはなにか、じっくり考えてから、転職をもう一度かんがえてみましょう。
 

20代の転職理由は比較的前向きな傾向がある

 
いかがでしょうか。

20代だろうが、30代だろうが転職したいという人は数えきれないほどいます。年代によって大きく変わるということはほとんどありません。

しかしその転職理由は年代別で大きく変わるものです。

年齢を重ねれば重ねるほど後ろ向きな転職をする人が増えていくのに対して、20代の若い世代の人たちは「これがやりたい!」「チャレンジしたい!」という気持ちを持っている人が多いものです。

もちろん全員が全員、そういうわけではありませんが、このような前向きな理由は会社に受け入れられやすいですし、若さもあり、すんなり転職先が決まるなんてことも少なくありません。

転職を考えている人は、前向きな理由で転職するように心がけるのが、成功させる秘訣かもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク