礼儀正しい人の6つの特徴や心理とは?

礼儀正しいとは、人と接するときの態度がちゃんとしている様子のことです。

ちゃんとしているといってもその意味は様々です。

相手を敬う態度を見せる、礼節をわきまえるなど意外とできそうでできないことばかりです。

では、なぜ礼儀正しい人は自然とそういうことができるのか。

そこで今回は礼儀正しい人の特徴や心理についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク

礼儀正しい人の特徴や心理

 

 

人生を達観している

 

礼儀正しい人を観察すると、人生を達観しているように感じる時があります。

主に他者との人生経験が違い、人生で苦しみも悲しみも味わってきた方が、優しさから礼儀正しさが表れているのです。

また、礼儀を表すことで世の中や人間関係が円滑に進むことを分かっています。

だから、物事が円滑に進んで皆がより良くできるように配慮できる人間です。

礼儀作法は世界中で考えられており、グローバル化が進みにつれて各地で浸透しています。

特に日本のビジネス・社会人たちは厳しい教育によって礼儀作用を身に付けている現状なのです。

その中でも、礼儀作法を重要だと考える方は、自ずと礼儀を勉強して世の中を知る機会を得ます。

心理として、社会人として恥ずかしくない、またはビジネスにおけるクレームが出ないように注意を払える方。

マナーをしっかり勉強した方など、社会経験の充実した方が礼儀作法を上手く使いこなしています。

ですから、世の中を上手い・下手関係なく酸いも甘いも渡り歩いてた方が礼儀を重んじて生活しているのです。

人生を達観した方は、礼儀作法がしっかり出来ていますね。

スポンサーリンク

空気を読む能力に長ける

 

礼儀正しく過ごすには空気を読む能力も必要になります。

マナーに関しては、ルールブックに載らない細かいマナーも存在し、その場で臨機応変の対応力を求められることが多い。

自らが考えながら行動・思考するので、次第に周りの空気を読む能力も身に付くようになります。

どんなに親しい人や恋人と過ごしていても、空気を読むことで状況に合う行動が可能ですし、常に相手の立場に立って物事を考えられる人間が多いことも特徴。

礼儀正しい方は相手のプライドを尊重して失礼ないように行動し、コミュニケーションをスムーズに進めることを願っているのです。

ですから常に周りに目を配っているために、精神的に疲れてしまうデメリットが存在します。

そういったデメリットは、精神的な病気に掛かってしまう方に礼儀正しい方や真面目な方が多い理由とも合致します。

礼儀を重んじる方の心理面は、他者とのコミュニケーションをスムーズにする以外にも、自分のことよりも他者を優先する自己犠牲の精神も持っているのです。

だから自分のことではなくて、周囲の空気を読む能力に長けています。

スポンサーリンク

他者を傷つけたくない心理

 

人間同士のコミュニケーションは複雑で、一定のマナーが決められていても少しのことで簡単に関係性が崩壊してしまいます。

社会人はもちろん、恋人同士・家族・友人など、生きていくうえでコミュニケーションは最も大切と言えるでしょう。

他者を簡単に傷つけることは簡単で、多くの方が他者から嫌われたくないと考えながら生活をしているのです。

そのような事柄を緩和できる礼儀正しさは、他者を傷つけたくない心理によって生まれると考えられます。

丁寧に説明して誠意を示せば、争いが起こらずに済む場合もあります。

此方が誠意を示して対応すれば分かってくれる方がたくさん存在する事実からも、自己犠牲と同様に、他者を傷つけたくないという思いが礼儀正しい方の心理ではないでしょうか。

時に礼儀正しさは自分を守る盾にもなり、自身と他者を同時に守ってくれる場合も少なくありません。

礼儀があれば人間関係が良好になったり、様々な方々と友人になることも夢ではないのです。

礼儀正しい方を含め、腰が低い・相手の立場を考えて行動する方には優しい方が多い理由も頷けますね。

スポンサーリンク

人と程よい距離感を保つことができる

 

「親しき仲にも礼儀あり」という言葉を実践しているのが、礼儀正しい人の大きな特徴と言っていいでしょう。

どんなに親しくなった相手に対しても、常に適切で程のよい距離感を保つことができるのです。

たとえば、新しい友達ができたとしましょう。

最初のうちは、まだ完全に打ち解けていませんから、どうしても遠慮があります。

それが、付き合ううちにだんだん相手との距離が縮まっていって、完全に打ち解けることができるようになるわけです。

そうなると、相手に対して遠慮なく、ずけずけものを言ったり、ずうずうしい態度や行動をとってしまう人が少なくありません。

そのことがきっかけで、せっかくできた友達との関係が悪化してしまうということもあるでしょう。

礼儀正しい人は違います。

どんなに親密な関係になったとしても、相手の領域にずかずか足を踏み入れるということはありません。

無神経な言動をして、相手を不快にするということはないのです。

多くの人は、遠慮のある相手に対しては、ある程度、礼儀正しい言動を心がけるものでしょう。

礼儀正しい人というのは、まったく遠慮のなくなった関係にある人に対しても、程のよい距離感を保ちつつ、相手を不快にさせない接し方をするものなのです。

スポンサーリンク

自尊心が高い

 

礼儀正しい人の心理的な特徴の一つに、「自尊心が高い」ということがあります。

これは、礼儀正しくない人、無礼な人のことを考えてみると理解しやすいでしょう。

礼儀に欠ける人は、周囲の人から高い評価を得ることができません。

「無礼な人だ」とさげすまれるのが、礼儀に欠ける人なのです。

それに対し、礼儀正しい人は、まったく逆の評価を得ることができます。

周囲の人から好ましく思われ、尊敬されたり、「自分もああなりたい」と憧れられるのが、礼儀正しい人と言っていいでしょう。

自分が周囲からそのような評価を得ているということを、礼儀正しい人は自覚しています。

そのことによって、礼儀正しい人は強い自尊心を満足させているのです。

ですから、礼儀正しい人は、相手がだれであっても、人との接し方を変えるということはありません。

相手が自分よりもはるかに年下であっても、自分のほうがずっと上の立場であったとしても、礼儀を欠くということはしないのです。

それはつまり、「誰に対しても礼儀正しいということは人間にとって大きな美点だ」という認識にもとづくものと考えていいでしょう。

そのような美点を備えている自分を常に認識することで、自尊心を満足させているわけです。

スポンサーリンク

言葉づかいがていねいで正確な敬語を使える

 

礼儀正しい人の、心理面以外の特徴を紹介しておきましょう。

数ある特徴の中でも、特に際立っているのが、「言葉づかいのていねいさ」です。

言葉の使い方ひとつで、人は相手にまったくちがった印象を与えるものです。

たとえば、相手のことを思いやる内容の話をしても、言葉づかいが乱暴で、無礼なものの言い方をしてしまえば、相手に良い印象を与えることはできません。

雑な言葉の印象が強く、相手を思いやる気持ちが伝わらないということがよくあるのです。

その点、礼儀正しい人は、ていねいな言葉づかいをしますから、言葉によって人に不快感を与えるということはありません。

もちろん、親しい友達や気の置けない仲間と会話をするときには、それなりに砕けた言葉づかいはします。

しかし、そんな場合でも、あまりに乱暴な言葉や、下品なものの言い方をしないのが、礼儀正しい人ということができるでしょう。

また、敬語が正しく使えるのも、礼儀正しい人の言葉に関する特徴です。

目上の人と話をするとき、どんなにていねいな言葉づかいを心がけたとしても、敬語が使えないのでは相手に「礼儀正しい人だ」と思ってもらうことはできません。

必要に応じて、正確な敬語を使いこなすことができてこそ、人から「礼儀正しい」という評価を得ることができるのです。

スポンサーリンク

礼儀正しい人を怖いと思う人もいる

 

いかがでしょうか。

礼儀正しい人は基本的にその物腰から好かれやすい傾向があります。

しかし、あまりにも礼儀正しすぎると逆に何か裏があると思って怖いと感じる人もいます。

人と接するときは礼儀正しくするべきですが、ある程度の仲になっても本心を打ち明けずに同じ態度のままだと、それはそれで信用されにくくなってしまうのです。

なかなか人間というのは勝手な生き物ですが、それが事実なので、もしコミュニケーションを深めたいのであれば、礼儀正しいのが前提で、少し崩した感じで接するといいでしょう。

ついつい怖いと思われがちな人はぜひ気をつけてみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク