電気代を節約する方法5選

あなたは、もっと電気代を節約できたらなぁと感じていないでしょうか。

毎月の光熱費に頭を悩ませている方は意外と多いものです。

光熱費の中でも電気代は高い割合を占めますから、電気代を抑えることによって節約することが出来ます。

では、どうやって節約したら良いのか。

そこで今回は、電気代を節約する方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


電気代を節約する方法

 

  • アンペアを下げる
  • 待機電力を抑える
  • エアコンの電気代節約
  • 冷蔵庫の節電方法
  • 夜間割引サービスを活用する

 

アンペアを下げる

 

現在自宅が何ペア契約しているのかご存知ですか?

大体は部屋の広さによってきまってくるのですが、

一人世帯ですと実は20Aで十分なのです。

目安としてはエアコンとドライヤーと電子レンジを一度に付けたら落ちてしまうくらいが丁度よいかもしれません。

アンペア数を下げることによって、基本料金が下がりますから電気代を節約することが出来ますので

もし高いアンペア数で契約されているならばアンペア数を変更しましょう。

ワンランク変えるだけで年間5000円程度の節約になりますので、

変更したいときは電力会社へ問い合わせてブレーカーを変えてもらいましょう。

一度変更したアンペアは一定期間使い続けなければならないので注意してください。

スポンサーリンク


待機電力を抑える

待機電力を言う言葉を知っている人も多いかと思いますが、コンセントを差し込んでいるだけで、たとえ使っていなくてもかかる電力のことです。

その待機電力が電気代の1割を占めるとも言われています。電気代を5000円の場合、500円は待機電力、結構な金額ですね。

そこで、節電タップが便利です。最大6個のコンセント(もちろん個別にも)を一度に切り替えができ、手間を取らせません。また、ほとんどの商品は過電流が流れると自動的にストップする機能も持ち合わせており、今流れている電力量を測定できるものもあります。

出典 電気代の節約について

電気代を抑えるためのコツは使用していない間の待機消費電力を抑えることです。

コンセントをさしているだけで、実際に家電を使用していなくても電気代はかかりますからこまめにコンセントを抜くことが電気代節約にもつながるのですが、いちいちコンセントを抜くというのも手間がかかりますので、スイッチがついているコンセントを使用してみてはいかがでしょうか。

わざわざコンセントを抜かなくてもスイッチを押すだけでコンセントを抜いた状態と同じになりますので、待機消費電力を抑えることが出来るのです。

そもそも待機消費電力が毎月どれくらいかかっているかご存知でしょうか。

大体月の電気代の10%はかかっているのでそれを考えるとかなりの負担でもあることが言えますから、電気代節約のためには無駄な待機電力を抑えることも必要でしょう。

 

エアコンの電気代節約

 

家電の中でも最も消費すると言われているものがエアコンなのです。

究極を言ってしまえば、どんなに暑くても寒くてもエアコンは絶対つけない、という信念を持っていれば電気代はかからないでしょう。

しかしあまり無理をしすぎてしまうと体調を崩してしまったり、部屋にいても苦痛ですから上手にエアコンを利用することで電気代を節約する方が良いかもしれません。

まずは室外機に専用のカバーをかけてください。

何故かと言いますと、温度差が激しすぎてしまうと電気代が必要以上にかかってしまいますから、室外機に専用のカバーをかけることによって直射日光などを避けることが出来ますから余計なエネルギーを使わなくて済みます。

そしてエアコンの温度は低めに設定することでエネルギーを抑えることが出来ますから夏は高めの設定で、冬は低めの設定にすることが電気代節約にも繋がります。

意外と知られていないのが、エネルギーを抑えるために設定を『弱』にしがちですがこれは間違いなのです。

一番電気代節約になる設定は実は『自動』です。

何故、弱よりも自動の方が電気代節約になるかといいますと、自動で風量を調節する場合は設定温度に達すると弱よりもエネルギー消費が少ない微弱になります。

ですからずっと弱で運転するよりも設定温度に達することにより微弱になりますから電気代がかからなくなるということです。

目安としては夏は27度~28度、冬は21度から22度程度に温度設定をすると節電にもなりますし、電気代カットにも繋がります。

エアコンの使い方によってだいぶ電気代が変わってきますから、上手に利用しましょう。

スポンサーリンク


冷蔵庫の節電方法

 
冷蔵庫は常に電気を使用している状態ですから節電使用がないのでは?と感じてしまいますが、実はやり方によっては電気代を抑えることが出来るのです。

冷蔵庫は初期設定のままで買ってから一度も温度設定をしていないという方は是非見直してみてください。

奥に温度調節がありますからこれを強から弱にすることにより電気代を20%程度抑えることが出来ますからやらない手はありません。

冬に至っては弱でも十分冷えますから問題ありません。

更に電気代を抑えるポイントとしては冷蔵庫と壁の間に隙間を作るということです。

隙間がなければ熱を逃がすことが出来なくなりますから、通常よりも余計に電気代がかかってしまいますから冷蔵庫と壁の間は適度に話して冷蔵庫の上にはものを乗せないようにしてください。

さらにこれで電気代節約になりますよ。
 

夜間割引サービスを活用する

昼間留守が多くどちらかというと夜型の家庭などにおすすめなのが、夜間割引サービス(深夜電力)です。
このサービスのことを時間帯別電灯といい深夜電力を使えば使うほど割安になります。
時間帯は夜11時~朝7時までなど様々なプランがあり電力会社により異なります、割引率も約70%割引前後が多くうまく活用すれば節約効果がかなりあります。
しかし、その時間帯以外の電気代は若干割り増しとなりますので各電力会社に問い合わせてみてください。
夜に電力を多く使用する方や昼間家にはいない方にはおすすめです。
またエコキュート(夜間蓄熱式機器)や食器洗機等を夜間使用するように設定することで安い電気代での使用が可能となり節約になります

出典 電気代節約基本

あなたが電力会社と契約している方法は、おそらく「従量電灯」という契約方法だ。どの時間に使っても、電気代は同じというプランである。

あなたや家族が昼にあまり家にいないのであれば、「時間帯割引契約」を強くオススメする。

夜10時(11時)~朝8時(7時)までの電気代を70%~80%OFFにする代わりに、その他の時間帯は約30%ほど高くなるという割引である。

人によっては、劇的に電気代の節約が可能となる。

出典 電気代の工夫すれば節約できる

電気代を節約していこう

 
いかがでしょうか。

家にある家電を上手に利用することによって電気代を抑えることが出来ますから、普通にしているのに電気代がかかって仕方ないという方は一度家電状況を見直してみたほうがよいかもしれません。

ちょっと工夫をするだけで毎月の電気代を抑えることが出来ますから、節約を習慣化させるためにも出来ることから構いませんので初めてみてください。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク