よく看護師が転職を考える際に、忙しくないところで働くことをベースにする人がたくさんいます。

本音を言ってしまえば、忙しい職場よりも、楽な職場の方で働きたいという気持ちがあるものです。

その考えの延長線の先に、精神科看護師があります。

では、本当に精神科看護師は忙しくないのか。

そこで今回は精神科看護師の仕事の忙しさについてご紹介していきます。

スポンサーリンク


精神科看護師は忙しい?1.ゆっくり学べる余裕がある

比較的ゆっくりしていて楽な病棟、忙しく辛い病棟を教えてほしいです。
その病院の環境や人間関係などもあると思いますが、皆様の経験や噂などで構いませんので教えてください。

私は勉強もできないほうだし、てきぱき動くのも苦手です。
看護師に向いてないのではないかとずっと考えています。
忙しくバリバリ働く病棟よりは、ゆっくりと学べる病棟のほうが向いていると考えています。

出典 比較的ゆったりしている・楽な病棟、忙しく厳しい病棟

精神科、療養型、整形外科、回復期リハ病棟ですかね。患者さんの入退院激しいとパニック状態になります。看護学校時代の実習で、受け持ち患者さんが退院して新しい患者さんを受け持たせて頂くこと数回ありましたが「この領域終わるまで退院しないでー」と内心焦りました。外科は凄い展開早くて、早口で大きい声でサバサバと自信満々に言わないと不安にさせちゃうので、科で向き不向きあると実感しましたね。

出典 比較的ゆったりしている・楽な病棟、忙しく厳しい病棟

 

精神科看護師は忙しい?2.医療行為は簡単なものなので流れがゆっくりしている

精神科療養病棟や認知症病棟の看護業務は、バイタル確認からADL介助(食事・排泄・入浴)、医療行為、カンファレンス、レクリエーション、作業療法への送迎や監視等を行います。

医療行為は配薬、点滴管理、気管吸引、採血など簡単なものが多く、特別な医療知識や技術は必要としません。

患者さんも慢性期のため、急性症状もなく女性看護師でも安心して働ける現場です。

また、業務の流れもゆっくりで忙しくなく残業もありません。

ですからブランクがある看護師さんにとって、精神科療養病棟や認知症病棟はゆっくりと仕事に慣れていける現場だと思います。

これまでに精神科の経験がない看護師さんでも問題なく働けるでしょう。

出典 精神科の看護師にはブランクがあっても、なれる?

スポンサーリンク


精神科看護師は忙しい?3.忙しくないから転職希望者が多い

精神科の看護師が使えない、というのは誤りだと解ってもらえたところで、

精神科に転職を希望される看護師さんにはどのような方がいるのでしょうか?

まず医療行為が苦手だという看護師さん、また急性期のような忙しい職場はあまり向いていないと感じている看護師さんです。

精神科では他科よりも医療行為は少ないですし、

業務に追われるような忙しさもありません。

比較的ゆっくりと仕事ができる現場です。

自分の看護師としての適性を捉えて転職してきている方も多いと思います。

確かに仕事内容に対する向き不向きはあるでしょう。

出典 精神科は看護師として使えない人が集まる現場?

 

精神科看護師は忙しい?4.残業がないから楽

療養病棟や、回復期・慢性期病棟の場合は、急性期病棟などに比べて業務負担が少なく、ゆったりとした時間が流れる働きやすい環境だと言えます。

入院患者の多くは基本的には健康体であるため、急変に対処したり生死に直面する機会はほとんどありません。

そのため、定時で勤務を終えることも多く、看護師側の精神的な負担も少なくなります。

出典 看護師転職、精神科での仕事・注意点は?

スポンサーリンク


精神科看護師は忙しい?5.急性期病棟は忙しい!

精神科・心療内科は大雑把に急性期と慢性期の病院に分けられ、慢性期であれば夜勤もなく日勤のみ、外来の仕事のみになります。こういった病院や、入院施設のないクリニックは、生活サイクルが乱れないという理由もあり、転職だけでなく、再就職を考える看護師にも人気です。

逆に急性期の病院の場合、かなり忙しく残業もしっかりあります。また急性期の病院では、患者さんが回復していく様子を分かりやすく見ることができ、看護職に就く者として仕事にやりがいを感じやすいというメリットがあります。

出典 精神科(心療内科)看護師のメリット・デメリット

急性期病棟の特徴は忙しすぎること、と思っている看護師が多い
確かに忙しすぎるという特徴はありますが、それよりも忙しすぎることで看護業務がおろそかになることに対するジレンマを感じやすい、これが急性期病棟の特徴です。

この点を解消すると、やりがいを感じることができる職場です。

出典 看護師が急性期病棟に転職するメリットとデメリット

 

精神科看護師の忙しさは病棟で違う

 

いかがでしょうか。

ご紹介したように、精神科看護師の忙しさはやはり病棟によって大きく異なるようです。

なので、楽さを求めて精神科看護師になりたいのであれば、その病棟がどちらのタイプかをきちんと確認する必要があるでしょう。

しかし、楽だからといって、それが幸せであるとは限りません。

忙しいからこそ、その仕事にやりがいを見出し、生き生きと働く人もいます。

重要なのはあなたは楽さと忙しさ、どちらに充実を感じる人間なのかをあらかじめチェックしておくことです。

それが分かれば、転職の際に迷うことは一切ないでしょう。



スポンサーリンク