精神科で働いてる男性看護師は増加の傾向があります。

それはやはり活躍する機会があったり、役割が与えられているなど、重宝されているからに他なりません。

では、具体的にどういったことで求められているのでしょうか。

そこで今回は精神科で働く男性看護師についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


精神科の男性看護師1.男性看護師が活躍できる場が増えている

男性看護師も多くの病棟、外来で見かけますし何人も一緒に働いています。

・救急
・整形外科
・ICU
・手術室
・脳神経外科
・精神科
・透析室

では全く珍しくないです。一つの病棟に数人いることも多いです。多いのが手術室や救急外来勤務。精神科も昔からそうですね。その理由は体力を必要としますし、病棟でも患者を移動したりしますので、何かと助かります。最近は家族で寝たきりの方の体位交換や入浴介助など面倒を見る体制が少なくなってきていますが、力仕事なので男性の筋力が求められています。男性看護師はまだ数が少ないから男性ヘルパーさんの力を借りているように見受けられます。個人的には、精神科を除けば外来は女性看護師の需要が多く病棟には男性の力が求められることが多いと思います。

出典 男性看護師になる

 

精神科の男性看護師2.とにかく体力・力が求められる

男性看護師が配属されやすい場所である精神科。

それは、精神疾患上、意図的ではない暴力を振るわれたり、
力ずくで抑えなければいけない場面も多々あることから、

女の人は働きにくいため、男性が重宝される場所です。

そのため、男性が少ない看護師業界でありながら、
精神科は男性看護師が多いことから働きやすさを感じる方も多いです。

働きやすさという点では、
時間外勤務がほとんどないのも精神科ならではですね。

慢性的な精神疾患の患者さんが中心なので、
急変が少ないですし、緊急入院が多いわけでもない。

精神的にも肉体的にもハードな科ではありますが、
それは看護師という仕事上どの場所でも同じこと。

出典 現役看護師が語る精神科の良い点・悪い点

精神科での診察、あるいは受付時のリスク管理の一環です。こういう言い方はよくないのかもしれませんが、精神科の患者さんの中には突発的に激情してしまったり、暴れてしまう人もいます(これは病気なので仕方がないのですが)。

この時には、患者さんを制止したりするためには、女性ではなく男性の看護師のほうが頼もしいというわけです。

街のメンタルクリニックなどはそうでもないかもしれませんが、措置入院施設のあるような病院だと、ある意味力で抑えつける必要がある場面も出てきます。そうした場所では、男性准看護師が活躍できるというわけです。

出典 男性の准看護師、仕事が続かないと思ったら…

スポンサーリンク


精神科の男性看護師3.柔道教室に通わせるケースもある

精神科の男性看護師は強制的に入社時、柔道技を習得させられる。
場合によっては、病院が柔道教室に通わせるといったケースが多い。
患者さんに柔道技をかけ、抑えこんで鎮静剤投与しなければならない場合もあるからだ。
医療の現場で暴力なんてと思う患者家族も多いかもしれないが、
精神科に勤めるのは食うか食われるかというくらい大変なことなのである。
仕事もハード、勤務時間も過酷、体力や精神力まで奪われる、
精神科の男性看護師ならではの悩みも多くあるのだ。

出典 男性看護師が精神科に多い理由

 

精神科の男性看護師4.男性だからこそキャリアを積みたい意識もある

新卒で精神科病棟に務めている36歳男性看護師です。精神科としは7年目に入りますが、やはりいかんせん身体面での看護の経験が乏しく、身体管理という部分でもう一度一から勉強をしたいと考えるようになりました。しかし精神科からのスタートだと一般科に行くことはかなり難しいともいわれているのも事実です。働かせていただけるのであれば、まっさらな新人として一から勉強し直す覚悟で望みたいと思っており、年齢的にも転職をするなら最後の機会かと思っています。

出典 精神科からICUへ転職は難しいですか?

 

精神科の男性看護師5.男性がいることで職場の雰囲気が和らぐ

精神科は他科よりも男性看護師の比率は少し多く、病棟の看護師長も男性であることが多いです。ですから、他科のようなほぼ女性看護師が占めるような職場とは少し雰囲気が異なると思います。

やはり女性ばかりの職場ではグループや派閥を作りたがったり、影で悪口を言い合ったりすることもあるでしょう。

しかし、そこに男性が数名入ると中立的な存在になるので、例えば特定の看護師が孤立してしまうといったことが少なくなるように思います。

たまに、男性陣が攻撃の的になって女性の団結力が増すということもありますが…。女性看護師も男性看護師も両方いる方が、私は現場の雰囲気が和むように感じます。

出典 精神科 看護師の人間関係について教えて!

男性看護師が役職であることが多い
まず看護部長の多くは男性です。よって男性看護師がトップであるところで仕事をすることになります。

人間関係という面では女性が多い一般科と比べると、比較的仕事がしやすい環境であることが多いです。

出典 看護師が精神科に転職するメリットとデメリット

スポンサーリンク


精神科の男性看護師6.実際に働いている人の声

精神科に来てからは周りから頼りにされて、非常にやりがいを持って仕事をできるようになりました。やっぱり仕事をする上では大変なことも多いですから、周囲から頼られたり、仕事ぶりを認められたりしてモチベーションを上げていかないと長くはもちません。男性看護師はまだまだ人数が少なく、偏見というか仕事のしづらさのようなものを感じる機会も多いです。これから男性看護師を増やしていくためにも、まずは男性が特に求められる場所で力を発揮していくことが大切かな、と。

不穏状態で暴れている患者さんだけでなく、患者さん同士のトラブル仲裁、初回入院の方と冷静にふれ合っていく、そういう仕事は男性向きです。精神科という響きに不安を感じる人もいるとは思いますが、今の仕事にやりにくさを感じているなら、試しに飛び込んでみてはいかがでしょうか。

出典 精神科では男性が必須

 

精神科の男性看護師は役割がはっきりしている

 

いかがでしょうか。

精神科で働く男性看護師はやはり力が求められるものです。

患者を押さえつけるためには必須の条件でしょう。

その他にも、女性ばかりの職場ではギスギスしてしまいがちな雰囲気でも、男性が役職についていたり、男性の割合が多くなるとその雰囲気が中和されたりするものです。

キャリアを積み重ねたい!という人ではなく、自分の時間をしっかりと確保しながらマイペースで働きたいという男性には精神科看護師はうってつけの仕事ではないでしょうか。



スポンサーリンク