精神科看護師として働いてみたいと考えている人は、その仕事の流れを知りたいと思うものですよね。

一般化と精神科とでは、その一日の流れはどう変わってくるのでしょうか。

そこで今回は精神科看護師の一日をいくつかのパターンに分けてご紹介してきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


精神科看護師の一日1

日勤の流れ-1(独身・女性)

6:30 起床
毎日体力勝負なので朝食はしっかりとります。
8:00 出勤
申し送りまでの間、点滴と内服の準備をしその日の受け持ち患者さん・入院された新患者さんの情報収集を行います。
8:30 朝の申し送り
前日と夜勤帯での患者さんの様子などを夜勤から申し送られます。
カルテには載ってない新しい情報や夜勤の人が患者さんと接して感じ取ったことなどを注目して聞きます。
9:00 オムツ交換・バイタルサイン測定
申し送りが終わるとまずはオムツ交換に行き、保護室の患者さんは全員トイレ確認をします
オムツ交換後、受け持ち患者さんのバイタル測定を行います。
週1回シーツ交換があります。
保護室担当の時は医師の回診につきます。
9:30 毎週月木は男性、水土は女性の入浴があるので入浴介助を介護士さんと一緒に行い、入浴中の患者さんの様子も見ます
入浴がない日などは業務に余裕があるので積極的に患者さんと関わってお話をします。
保護室担当の時は保護室の掃除をします。
11:30 患者さんの昼食
食事摂取状況の確認や必要に応じて介助します
内服の援助
12:00 昼食休憩
看護師は交代で1時間ずつ昼食休憩にはいります
13:00 オムツ交換
オムツ交換後には午前中に変わりあった患者さんの記録をします。
14:00 月曜~土曜日にはOTの方が病棟に来て作業療法を行うので患者さんをデイルームに誘導し一緒に参加します
毎週火曜と金曜日にはカンファレンスがあり、医師・看護師はもちろん他職種も参加し患者さん全員のカンファレンスを行います。
15:00 おやつ
毎日15時からは患者さんをデイルームに誘導しておやつの時間があります。
15:30 記録
16:00 オムツ交換
16:30 夕方の申し送り
夜勤にその日の受け持ち患者さんの申し送りをします。
17:00 業務終了

出典 看護師の1日の流れ

スポンサーリンク



精神科看護師の一日2

朝、出勤したらまずは、拘束帯の開け閉めをする磁石式のカギを身につける。

出典 <病棟の1日・日勤バージョン>

深夜勤の人から申し送りを受ける。
患者さんは昼と夜で別人のように精神症状が豹変する人もいる。

出典 <病棟の1日・日勤バージョン>

隔離拘束の査定をする。
行動制限は必要最小限に、とスタッフの多い日勤に一時解除してみて様子を見てみたり、隔離拘束を終了したりする。

午前中はバイタル測定や処置とか、入浴介助、全身清拭、陰部洗浄、シーツ交換などケアが中心。

出典 <病棟の1日・日勤バージョン>

午後からは看護師付き添い散歩が出ている患者さんと、お散歩に行ったり、病棟から出る許可がない患者さんの買い物代行に行ったりする。

出典 <病棟の1日・日勤バージョン>

リハビリや作業療法を受けている人をリハ室や作業療法室に送り迎えしたりする。
時には病棟内作業療法(焼き物作ったり、卓球したり)があったり、勉強会(病気や薬に関する勉強会)を開催したりする。

出典 <病棟の1日・日勤バージョン>

スポンサーリンク


精神科看護師の一日3

・申し送り
・朝食(病院によって夜勤帯か日勤帯か様々です)
・服薬介助・湿布・軟膏処置
・ラジオ体操
・セルフケア声掛け・介助
・ベッドメーキング・消灯台周辺の清掃介助や声掛け
・OT活動(作業療法)
・昼食
・OT活動(作業療法)
・記事記載
・夜勤への申し送り

出典 精神科看護師の仕事内容と流れ(日勤)

 

精神科看護師の一日・夜

精神科病棟の夜は静かな時もあれば、賑やかな時もあります。認知症病棟や精神科急性期病棟では、夜間に不穏状態になる患者様も珍しくなく、大きな声が病棟中に響くこともあります。状況によっては、当直医師と相談した後に、拘束や隔離をすることもあります。

出典 精神科で働く1日 看護師の仕事内容や役割について

 

精神科看護師の一日は患者や病棟でまったく違う

同じ精神科でも急性期病棟、慢性期病棟、認知症病棟などで雰囲気も業務内容も全く違います。少なくとも自分が働いていた精神科(特に急性期)では心のケアをする病院でありながら患者さんとゆっくりとした話をすることも出来ず、毎日の入院患者の対応に追われデスクワークで一日が終わってしまうこともしばしばでした。また、患者さんだけでなくスタッフ同士の人間関係も大変で自分が心のケアをしてもらいたいような気持ちになることもありました。
 とにかく、精神科で働いてみたいと思われているのであれば、業務に追われることなく患者さんとしっかり向き合える病院をじっくり探してみたほうがよいと思います。

出典 急性期看護から精神科看護へ転職考え中

いかがでしょうか。

今回ご紹介した一日の内容は、比較的平穏無事に業務が終了したケースです。

もちろん患者の容体によってはガラリと変化することを忘れてはいけません。

とはいっても、慢性期病棟ではゆっくりとした時間が流れているので、余裕を持って働くことも可能でしょう。

精神科看護師への転職を検討している人はこの一日の流れを覚えておきましょう。



スポンサーリンク