育児をしている人にとっては、仕事との両立が1つの大きなポイントになります。

子供を産む前はバリバリ働いていたかもしれませんが、そういうわけにはいきませんよね。

そこで頭に浮かぶのが精神科看護師の仕事。

今回は精神科看護師の育児と仕事についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


精神科看護師の育児1.残業がなく両立しやすい

精神看護に興味があり、精神科の看護師としての復職を検討しています。
(経歴:内科病棟4年、寿退職後、ブランク8年)
一般病棟経験が浅くブランクが長いので不安があります。精神科では導尿・デクビ処置、採血・DIVなどはあるのでしょうか。また育児と両立できる科なのか知りたいです。

出典 ブランク後、精神科の看護師としての復職は難しい?

ブランク後もOK。育児との両立も可能な職場だと思います。

主婦向きというのは、残業が少ない点からも言えます。
色々な病棟がありますが、たとえ急性期病棟でも精神科では残業がほとんどありません。
育児との両立はしやすいですね。

残業が少ないことが挙げられます。病院や施設によっても異なってくると思いますが、定時に仕事を終えられる職場がほとんどです。そのため、既婚者や育児に追われている看護師にはありがたいですよね。

出典 精神科病院の仕事のメリットとデメリット

 

精神科看護師の育児2.育児する人に向けた制度もある

復帰後も育児短時間勤務制度が利用できるので、育児と仕事の両立での負担も軽減されます。

出典 今年度資格取得し、看護師デビューした新人たち

Q職場に仕事と家庭を両立するための便利な制度はある?

*短時間制度。こどもが1歳になるまで育児時間が1時間もらえる。3年まで OK の育児休暇(まだとった人はいませんが・・・)。年5日認められているこどもの看護休暇

*パートであれば勤務日数や希望がかなり融通が利きます

*週1回自宅で仕事をしてよい研修日がある。

*育児休暇が3年取れる

*全くなし
(複数回答があり)

出典 育児と看護師の仕事を両立させたい看護師さんのアンケート調査 Q&A

スポンサーリンク


精神科看護師の育児3.精神科患者とのコミュニケーションは育児に活かせる

精神科は他科と比較して、複雑な事情を抱えている患者さんや家族が多いです。

疾患の寛解・治癒だけでなく、社会復帰したいが家族の受け入れが難しい、社会に受け皿がなく長期入院を余儀なくされる、などの様々な背景があります。

精神症状や行動も複雑であり、看護師には、疾患だけでなく患者さんの気持ちや置かれている状況の理解が必要とされる現場です。

ですから、看護師としてだけでなく、人としての人生経験(子育て・育児・人間関係)も生かせる現場であるということも、

精神科の特徴的な志望動機であると思います。

出典 精神科 看護師の志望動機

 

精神科看護師の育児4.育児休暇は条件を把握しておく

育児休暇は基本、同じ職場(病院)に一年以上正規雇用で居ないと・・・という事もありますので、

3ヶ月くらい雇用期間があるとしても、一年半程度は経たないと、次のお子さんのための育児休暇は取れない・・・と思います。

他病院で働く看護師仲間は居ませんか?「子持ちナースが多い職場」「ある程度人数に恵まれている職場」「育児休暇がちゃんと取れる職場」など、周囲に聞いたりして条件を見てみる事が大切だと思います。

せっかく入職しても、実は「育児休暇は半年にしてください」などと言われる場合もあります。

出典 ブランク看護師です…。一歳のこどもをもつ、精

スポンサーリンク


精神科看護師の育児5.精神科看護師と育児を両立させている人の声

現在、3歳と1歳の子供を育てながら勤務しています。

八千代病院に勤めて13年目になりますが、その間に妊娠・出産・育児と経験してきました。

妊娠中は病棟のスタッフや他部署の方から温かい励ましをいただき、勤務することができました。

産休・育休を経て復職してからは、先輩看護師や同じ立場になる同僚等から、育児の知恵や家庭と仕事を両立するコツを教えてもらったりしています。

子供が小さいことで色々とご迷惑をかけてしまうこともあるのですが、どんな時も看護師長に相談ができ、スタッフも支えてくれることで安心して子育てを行っていけます。

仕事と育児・家庭の両立は正直大変なこともありますが、実務的なことはもちろん、精神的支えのある職場のおかげで頑張れているのだと思います。

出典 精神療養病棟 准看護師 Bさん(39歳・女性)

 

精神科看護師は育児と仕事を両立させやすい

 

いかがでしょうか。

精神科看護師の素晴らしいメリットとして、やはり残業がほとんどないということが挙げられます。

つまり、それだけ育児にも時間を使えるということ。

このメリットは他の科ではあまりみられない傾向です。

もし、育児と仕事を両立させたいのであれば、精神科看護師としての道を選ぶのも1つの手段ですよ。



スポンサーリンク