精神科看護師には向いてる人と向いてない人がいます。

自分はいったいどっちなんだろうと迷っている人も少なくありません。

向いていないんだったら、精神科看護はやめておこうかなと思うこともあるでしょう。

そこで今回は精神科看護師に向いてない人の特徴や性格についてご紹介していきますので、ぜひあなたに当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


精神科看護師に向いてない1.緊張感がない

それぞれの病棟によっても患者さんの症状は様々で、開放病棟の患者さんは
比較的落ち着いていますが、閉鎖病棟の患者さんには自殺の危険性もあるため、
看護師としても常に緊張感を持っていなければなりません。

また大きな規模になると急性期・療養期など、患者さんの状態によって病棟を分けたり、
ここ数年で増加している認知症患者のための病棟がある病院も存在します。

出典 精神科の仕事内容ってどんなの?

 

精神科看護師に向いてない2.色々と経験してみたい人

精神科では医療行為がほぼなく、対話(コミュニケーション)と投薬がメインです。
新人看護師の年齢であれば急性期看護を学ぶことが本当はベストです。
とはいえ最近では精神科患者も、年々増えていくことから精神科の需要も増えています。
もし今後ずっと精神科で働いていきたいという人であれば、
新人看護師であっても精神化を選択してもいいかもしれません。

出典 精神科の仕事内容ってどんなの?

 

精神科看護師に向いてない3.打たれ弱い

患者さんが暴れてしまったり、暴言を吐いてしまったりすることに、冷静に対処できるよう、精神的・身体的な強さが求められるでしょう。また、すぐ目に見えた効果を実感したいと考えている人には、向いていないかもしれません。

出典 先輩看護師が答える!精神科・心療内科のQ&A

精神的にタフでないとなかなか継続して患者と関わることは難しいものです。

経験を積み重ねていけば、自然とタフネスになっていきますが、そうなる前に嫌になってしまうことが多いのもこの仕事の現実です。

スポンサーリンク


精神科看護師に向いてない4.人と話すのが嫌い

人と話すのが好き
精神科の看護の基本は、患者さんとの対話・コミュニケーションです。人と話すのが好き、おしゃべりが好きという看護師さんは、精神科に向いていると思います。

相手のペースに合わせられる
精神科の患者さんは、精神疾患を抱えていますので、私たちには当たり前のことでも、患者さんにとってはすごく難しいこともあるんです。

そういう時でも、焦らずに自分のペースを押しつけず、患者さんのペースを尊重してあげられる人は、精神科にピッタリです。

出典 看護師が精神科へ転職するメリット、デメリットって何?

 

精神科看護師に向いてない5.ルールや決まりごとを守れない

平気で差別用語を使ったり、面倒くさいから「後で後で」と患者に説明しほったらかしたり、そんな事をやる人は普通にやります。

こういう人達のやったことは、結局他の職員が尻拭いをします。結果、その職員は職員・患者さん双方から陰口を言われるようになったりします。

精神科看護師に「向いてない人」というのは、この程度です。

当たり前に真面目にやっていれば大丈夫ですよ。

出典 向いてる?向いてない?精神科看護師の向き不向き

 

精神科看護師に向いてない6.感受性が高い

感受性が強いのはいいことです。
確かにそのことにより、向かない診療科もあります。例えば精神科・心療内科やターミナルとか。

向いてないとかこの時期で決めるのもよくないし、早すぎます。時期的に。
知識・技術が伴わないのは当たり前です。
それは1年目だけでなく、3年経ってもそれなりに技術はついてきても、
日々進む医療・看護知識にはついていけてない場合だってあります。
生涯学習が看護師には求められます。

出典 看護師向いてない?

スポンサーリンク


精神科看護師に向いてない7.完璧を求める

グレー、それは白でも黒でもない色。
つまり、物事がハッキリしなくても苦痛にならない人が向いています。
精神科の看護はなにもかもが白黒つかないものなのです。
例えば病名。同じ患者様でも主治医によってその判断は異なります。
精神状態をデータ化するのは極めて難しいですからそのようなことが起こります。
それだけじゃない。患者様にとっての目標やゴールもそこにたどり着くためのアプローチの仕方。
そのどれもに正解や不正解がないのが精神科看護の特徴です。
身体科は検査結果を基に治療方針をドクターが立て、それに基づいた看護をするのが一般的でしょう。
自分のするべき看護がハッキリしていると思います。精神科の看護にはそれがありません。

出典 転職希望者必見!精神科に向いている人の特徴とは

 

精神科看護師に向いてない8.キレやすい

精神科に向いている性格、一概にこれ!と言うのは難しいですが、
明るく前向きな性格な方が向いているのかなあ、と思います。
少なくとも、今いる病院で長く働いている方々は明るい雰囲気を持った方が
多い気がします。

ちなみに私は自分が向いてるとは思いません。
躁状態の患者さんにマジキレしてしまったりして、後で死ぬほど落ち込んだり
していますので。

出典 精神科看護に向いている看護師とは

 

精神科看護師に向いてない9.キャリア志向

精神科 看護師の向き不向きを考える上で向いてないかもしれないのは、更なる医療技術の向上を目指している看護師さんや、救急のような人命救助の第一線で活躍したいと考えている看護師さんです。

やはり精神科は、精神科救急においても他科と比べて医療行為が少ないので、医療技術面にやりがいを感じている看護師さんには少し物足りないと感じる現場ではないかと思います。

医療行為が少ないこともあり病棟の業務の流れもゆっくりなので、時間の流れ方やペースについても違和感があるかもしれません。

また、これまでの経験が一般的な急性期病棟のみであったり、高齢ではなく比較的若い患者さんが多い現場で働いていた看護師さんにおいても精神科は少し気が引けてしまうことがあるかもしれません。

出典 精神科 看護師の向き不向きとは?

スポンサーリンク


精神科看護師に向いてない10.真面目すぎる性格

真面目すぎる性格も精神科にはあまり適していません。精神科は患者さんの自由を奪う閉鎖的な空間、拘束・抑制を行う現場というイメージがあるかもしれません。

しかしそればかりではありません。

実は閉鎖された空間の中でも、患者さんなりに自由な入院生活を送っているのです。

患者さんによっては、病院という空間において社会から保護されていると考えられ、むしろ院外よりも安心して生活が出来ている方も多いのです。

ですからそのような精神科において、看護師があまりにも真面目に患者さんの生活を指導・管理しすぎてしまうと、患者さんのストレスを増大させてしまい返って精神症状を悪化させてしまうことがあります。

出典 精神科 看護師はどんな性格の人に適している?

 

精神科看護師に向いてない人の特徴や性格のまとめ

 

いかがでしょうか。

一概にはいえませんが、今回ご紹介した性格や特徴に当てはまる人はあまり精神科看護師に向いてないかもしれません。

しかし、それでもやってみたい!経験してみたい!という人はぜひチャレンジしてみましょう。

人は新しいことに挑戦することで初めて新しい自分を知ることができます。

今まで向いていない性格だと思い込んでいたが、実際にやってみたら天職かもしれませんよ。



スポンサーリンク