精神科看護師に向いてる人はどのような特徴や性格を持っているのでしょうか。

精神科は一般看護師とは違い、求められる特性が大きく異なるものです。

つまり、向いてる人もおのずと変わってくるということ。

そこで今回は、精神科看護師に向いてる人についてご紹介していきますので、ぜひあなたに当てはまるかどうか確認しながら、最後までご覧ください。

スポンサーリンク


精神科看護師に向いてる人1.優しい性格と冷静な面を持っている

精神科の看護師に性格面で向いている人・・・それは、相手の立場に立って物事を考えられる優しい性格、そして冷静さを持っていることだと思います。

ただ単純に優しいだけではだめです。患者さんと看護師としての距離を保ち、感情的にならないという冷静さも重要です。

出典 精神科 看護師はどんな性格の人に適している?

感情的になっている精神科患者さんに対して、同じように感情的に対応してもその状況は悪化するばかりで、全く意味がありません。

中には、看護師が感情的になることを計算してそのような行動に出ている患者さんも実際にいます。ですから、精神科看護師は常に冷静さを保てることが望ましいのです。

出典 精神科 看護師はどんな性格の人に適している?

 

精神科看護師に向いてる人2.完璧主義ではなく結果を求めない

何事にも結果を求めない看護師が向いているように思われます

出典 精神科看護に向いている看護師とは

適当(ほどほどの意味で)かつテキトー(いいかげん)なこと!
基本、一般病院と比較するとヒマなので、より人間関係には気をつかう。

技術的には針さえ刺せれば余裕だと思います。

あとは割り切れること!!
真摯に患者に向き合える人は心が壊れやすいと感じる。

楽して金稼ぎだい人には最適。

出典 精神科看護に向いている看護師とは

自分を見失わずに、全てにおいて割り切れる人は大丈夫だと思います。

出典 精神科看護に向いている看護師とは

スポンサーリンク


精神科看護師に向いてる人3.コミュニケーション能力が高い

精神科や心療内科では、患者さんとのコミュニケーションが大事になります。患者さんのペースに合わせて、意見に耳を傾け、受け止めるといったことです。誰とでも話ができたり、人の話に耳を傾けられたりできる人が向いているでしょう。治療が長期的であり、すぐに効果がでるとも限らないため、粘り強く物事に取り組める人も向いています。

出典 精神科看護師に向いている性格

精神科看護は話を聞くに始まり、終わると言っても過言ではありません。
話し上手、聞き上手であることは必須条件と言って良いくらい重要です。
精神科の患者様は人との関わりを苦手とした方がとても多いです。
それは円滑で、穏やかな人間関係が築けることを課題とした方が多いということです。
普段からの看護師とのコミュニケーションがトレーニングになるのです。
そして何より信頼関係を築く上で相手にとって心地良い話し方ができることが大切。
身体科では忙しすぎて患者様と話す時間がなくてジレンマだった人も少なくないでしょう。
精神科では患者様と話をした内容が看護方針やプランに反映されることが多いので、
精神科ナースはみんなゆっくりコミュニケーションをとっています。

出典 転職希望者必見!精神科に向いている人の特徴とは

 

精神科看護師に向いてる人4.感受性が強い

向いてる向いてないは今の時期は考えると思う。
感受性が強いのは強みですよ。
精神科看護とかターミナルの看護に適性はあると思う。
勿論、一般の診療科でも患者さんに寄り添う事や共感する事も出来ると思うのでプラスにとらえてみてはいかがでしょう。

出典 看護師向いてない?

感受性が強いということは、それだけ患者のことを考えられるということです。

精神科ではそれが原因で振り回されてしまうこともありますが、感受性が強いからこそ、しっかりとコミュニケーションをはかることができるので、結果的に良い関係を築きやすくなります。

スポンサーリンク


精神科看護師に向いてる人5.患者のペースに合わせることができる

患者さんのペースに合わせて、意見に耳を傾け、受け止めるといったことです。誰とでも話ができたり、人の話に耳を傾けられたりできる人が向いているでしょう。治療が長期的であり、すぐに効果がでるとも限らないため、粘り強く物事に取り組める人も向いています。反面、患者さんが暴れてしまったり、暴言を吐いてしまったりすることに、冷静に対処できるよう、精神的・身体的な強さが求められるでしょう。また、すぐ目に見えた効果を実感したいと考えている人には、向いていないかもしれません。

出典 先輩看護師が答える!精神科・心療内科のQ&A

神科では看護師が看護の独自性を発揮しながら、患者さん一人ひとりとじっくり向き合い、どのような看護が必要なのか、患者さんの個別性に合わせたものを考えて実行していくことができます。このような看護が自分の理想とするものに近いという人は、精神科に向いていると言えるでしょう。

また、精神科に必要なスキルは、「待てること」、「相手のペースに合わせられること」です。

出典 精神科勤務に向く看護師、必要なスキル、職場の選び方と給料アップ

「待てること」、「相手のペースに合わせられること」が精神科の看護師に必要なスキルと言えるでしょう。

出典 精神科勤務に向く看護師、必要なスキル、職場の選び方と給料アップ

 

精神科看護師に向いてる人6.物腰が柔らかく笑顔

精神科の男性看護師がいましたが、話し方が優しくて、いつも笑顔でした。
物腰の柔らかい人が向いてるのかなと思います。

出典 男性で精神科の看護師に向いてる人はどんな人で

男性、女性に関わらず穏やかな雰囲気を持っている人というのは精神科看護師に向いているといえるでしょう。

ギスギスした関係は結局長続きしないものです。

 

精神科看護師に向いている人は挑戦しよう

 

いかがでしょうか。

あなたにも当てはまる特徴や性格があったでしょうか。

もし、あったのならもしかしたら精神科こそあなたの特性が発揮できる天職かもしれません。

このまま何もせずにいては、大きく損をしてしまいますので、まずは一度チャレンジしてみて判断してみましょう。



スポンサーリンク