精神科看護師は一般科と比べても楽だという意見が多々あります。

もちろんその病院によるところが多いでしょうが、実際のところはいったいどうなのでしょうか。

そこで今回は、精神科看護師が楽な理由についてご紹介していきますので、ぜひあなたの考えと同じかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


精神科看護師は楽1 医療行為や処置が少ない

注射などをすることはありますが、看護師として行う処置が他の科に比べると極端に少ないのが特徴です。看護師のスキルの低下を心配する人がいるほど。ただし、病状によっては扱いの難しい患者さんがいるので注意も必要です。

出典 看護師に人気の科ランキング|20代・30代・40代・50代に人気の科は?

精神科に勤務する看護師は他の看護師に比べて、その業務自体は身体的には比較的、楽な部類に入ります。
外科などのように例えば怪我などの治療がないため、処置や術後のケアなども必要はありませんから、治療に必要な器具やガーゼなどの準備の必要もありません。
精神科に必要なのは、心のケアになりますから、必要になってくるのは患者との対話や向き合う姿勢になります。
会話を繰り返し適切な看護を行うことで、患者が患っている精神疾患を快方に向かうよう働きかけます。

手術や怪我の治療がない分、一般病棟の看護師に比べれば遥かに業務自体が楽と言うのが精神科看護師のいいところと言えるでしょう。

出典 精神科の看護師の良いところ

 

精神科看護師は楽2 残業が少ない

残業が少なく、定時に上がれることが多い。
慢性期の病棟勤務だとけっこう暇。
措置入院を取らない病院は楽な所が多い。
休みもしっかり取れる。
委員会などの雑務がない。
暴れる患者対応など力仕事も多いので男性中心(男性看護師にとっては良い点かと。)

悪い点
給料が安い。
スキルを身につけづらく、看護師としてのキャリアアップは望みにくい。
患者さんに暴力を受けたりと身体的につらい場合もある。

出典 【看護師の職場】楽な科ってどこ?※徹底検証してみました。

私は一般科がしんどくて精神科に転職したクチです。
私は転職してよかったです。
定時になんか帰れたことがなかったのに、今は残業もほとんどありません。
身体的にも精神的にも精神病院のほうが楽です!

出典 精神科って楽ですか?

スポンサーリンク


精神科看護師は楽3 人間関係が穏やか

人間関係は「楽なほう」だと思っています。

もちろん、変わった人・厳しい人もいますが(^^;

患者さんの無理な訴えに時折イライラしたりはありますが、処置的業務等に追われる事が少ない分、職員のストレスも少ないんでしょうね。

結構、私語も多く和気あいあいとしている病棟がほとんどです。

なにがなんでも、お茶タイムを作ったりしてまったりする事も多いですし。

業務に追われて、毎日残業で・・スタッフほとんどがイライラ・・ピリピリ・・そんな診療科に比べればはるかに人間関係は良好かと思います。

ただ、これに限っては病院のカラーにもよりますので、絶対とは言い切れないですが・・

出典 精神科看護師は大変か楽かどちらかといえば

 

精神科看護師は楽4 病院によっては何もすることがない

楽すぎる仕事。看護師です。地方の精神科に勤めて半年たちます。慢性期でやることがありません。ここ1ヶ月でした医療行為は採決5.6回、点滴一回、くらいです。食事介助もないしオムツ交換もありません。そのくせ
やたら無駄に職員が多いのでほんとやることありません。夜勤も尿汚染の人がひとりいただけで、相方は今日ひどかったね、とかいってきます。

出典 楽すぎる仕事。看護師です。地方の精神科に勤め

 

総合的にみても精神科看護師は楽!?

仕事に関しては、他診療科、一般科に比べるとはるかに「楽」です。

なにせ処置的業務が圧倒的に少ないですからね。

ただ、患者さんからの無理な訴えや、自傷や他傷、精神症状のせいで痛みに鈍感なので、心身共に患者さんの変化に対しては敏感になっていないといけないので、気を張る状態が多々あるので精神的な疲れは他科よりあるかもしれません。

肉体的に楽なのを好むのか、精神的に楽なのを好むのかという感じですかね。

出典 精神科看護師は大変か楽かどちらかといえば

いかがでしょうか。

こうして見てみると、様々な意見はありますが、楽だという人はとことん楽だ!ということがわかります。

むしろ楽すぎて「このままでいいのだろうか・・・」と悩む人もいるぐらいです。

この考え方は人によるところですが、一度精神科看護師になってみたいという人は、転職サイトを活用して積極的に行動して見てみましょう。



スポンサーリンク