今、一般病棟で激務に追われている人は特に「精神科は楽なのかな?」と思いがよぎることがあります。

もちろん、そうでない人でも「精神科は大変だろうか?」と気になる人は少なくありません。

では、実際にはいったいどうなのでしょうか。

そこで今回は実際に精神科で看護師をやっている人たちの声や、精神科の看護師のどのようなところが大変なのかをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


精神科の看護師は大変!?

 

精神科の看護師は大変1.肉体的に楽か、精神的に楽か

仕事に関しては、他診療科、一般科に比べるとはるかに「楽」です。

なにせ処置的業務が圧倒的に少ないですからね。

ただ、患者さんからの無理な訴えや、自傷や他傷、精神症状のせいで痛みに鈍感なので、心身共に患者さんの変化に対しては敏感になっていないといけないので、気を張る状態が多々あるので精神的な疲れは他科よりあるかもしれません。

肉体的に楽なのを好むのか、精神的に楽なのを好むのかという感じですかね。

出典 精神科看護師は大変か楽かどちらかといえば

精神科の大変さと、一般科の大変さには大きな違いがあります。

同じと考えてしまうのはあまりにも思慮が浅いといえるでしょう。

しかし、今まで一般病棟で過ごしてきた人が精神科で働くと、楽だと感じるケースは少なくないのが現実です。

 

精神科の看護師は大変2.暴力を振るわれることもある

時には、患者さんも不安でしょうがないから、ものすごい攻撃性を向けてくることがあるけど
それは嫌ですね。腹立つから。
でもその時は嫌なんだけど、あとあと「自分って何であんなに怒ったのかな。そこにどういう意味があったのか」と考えて
そこから自己洞察と、相手の感情を考えてケアに繋げていく。
そうやって考えると、やっぱり自分の成長のためにやっているんですね。

出典 精神科勤務経験のある看護師さん、宜しくお願い

スポンサーリンク


精神科の看護師は大変3.やっぱり夜勤は楽じゃない

夜勤がハードかどうかは、排泄介助やオムツ交換、体位交換が必要な患者さんがどのくらいいるかも大きく関わってきます。自立歩行できる患者さんが多い病棟だったら、排泄介助や体位交換の必要はありませんよね。また、寝たきりの患者さんが多くても、介護士さんが一緒に夜勤に入る病院の場合は、これらの仕事は介護士さんが行うので、看護師の負担は少なくなります。

そのため、自立患者さんの多い精神科病棟や介護士さんがいる慢性期病棟や介護施設などの夜勤は、体力的に楽な傾向があります。

出典 看護師にとって夜勤の楽な職場、大変な職場

 

精神科の看護師は大変4.楽だと感じる人もたくさんいる

私は現在精神科救急病棟で働いています。
うちの病棟には、忙しいのが辛くて異動してきた人はいないようですが、確かに仕事自体は楽だと思います。そしてなにより働いていて楽しいです。

出典 精神科って楽ですか?

精神科のスーパー救急病棟で勤務しています。
ここはスーパー救急というだけあって、楽ではないです(^^;)

24時間入院を受け入れていますし、症状が激しい患者さんがほとんどです。
慢性期に特化した精神病院なら楽な所もあるかもしれませんが、
救急や急性期に特化した病院は一般病棟と変わりないと思います。

出典 精神科って楽ですか?

患者さんが病識がなくて、意志疎通が困難。完治が、難しい病気のかただとわかってると無気力に襲われてました。丁寧に看護提供しても、暴言・暴力で返ってきたりしますから。「今、声聞こえたでしょ?」との幻聴。「あれ取ってよ」と、実在しないものの幻覚。とてつもない被害妄想。 精神科医は脳とか薬剤にポイント置いてるから距離あるかもしれませんが…たまに先生が罵倒されたり、殴られちゃったりはありましたが。閉鎖病棟勤務1日8時間程度の隔離された世界に看護師は直接関わってるので、しんどい。

出典 精神科の患者がこわいのです。

スポンサーリンク


精神科の看護師は大変5.周りからの目に耐える必要がある

入院施設があり、重症患者を扱うような病院の多くが、人口密集地から離れたところにあることからも分かります。

病院を建てようとすると、住民の反対運動が起きたのです。

ただ、今は精神病への理解もいくらかは進んでいるようです。

また、こういったところに勤務していると、看護師はその患者の生活全部にかかわることになります。

洗顔、入浴、洗濯、私物の管理、お金の管理、買い物の付き添いなどなどです。さらには、運動会、カラオケ大会、音楽会などの娯楽まで病院や看護師が提供することもあります。

出典 精神科の看護師の仕事はぶっちゃけどう?辛いところ、大変なことはどこ?

 

精神科の看護師は大変6.退院支援が困難を極める

退院支援を進めていくのはとても大変なことも多いです。

また、プライマリー方式だったため、担当看護師が不在時には代わりに退院支援会議に参加したり、退院前訪問に行ったりと、自分の担当患者以外の患者のことも把握しておかなければならないこともあるため、患者把握も大変な時があります。

出典 精神科の看護師は大変(辛い)?

 

精神科の看護師で大変じゃないのは救急病棟以外

もし転職するなら
慢性期に特化した病院を選んだほうがいいと思いますよ。

出典 精神科って楽ですか?

私は一般科がしんどくて精神科に転職したクチです。
私は転職してよかったです。
定時になんか帰れたことがなかったのに、今は残業もほとんどありません。
身体的にも精神的にも精神病院のほうが楽です!

出典 精神科って楽ですか?

いかがでしょうか。

精神科の看護師にももちろん大変なことはたくさんあります。

あとは、あなたの耐性がどの部分に特化しているかを自分で理解するだけです。

例えばあなたにとって夜勤には耐え難いものかもしれませんが、他の看護師にとってはそうでもない、といった具合です。

あなたの耐性が精神科に向いているのであれば、積極的に転職を検討しましょう。

それで一気にストレスがない環境になった!という声もたくさんあります。

我慢せずに一度チェックしてみることを強くお勧めします。

精神科・心療内科の看護師求人へ



スポンサーリンク