仕事で怒られるときの対処法7つ

あなたは仕事で怒られる日々を送っていないでしょうか?

仕事で怒られると恐怖が植え込まれてしまい、自分らしいパフォーマンスを発揮することができなくなります。

仕事も嫌だと思うようになり、もう辞めたいとすら感じるようになります。

しかし、今の環境や年齢を考えるとなかなか転職もできない。

こんな状況だとどうにもできなくなり、体調を崩してしまったり、思いつめてしまいます。

できる限り早めに対処しないければいけないでしょう。

そこで今回は仕事で怒られるときの対処法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事で怒られる1 怒られる人と怒られない人の特徴を知る

もし、あなたが、「自分ばかり怒られる」と感じてしまうのなら、怒られない人との違いをよく考えてみてください。

私の周囲でよく怒られる人には以下のような傾向があります。

期限、約束を守らない
すぐに反論する
同じミスを繰り返す
人のせいにする
ギリギリまで報告しない
根拠のない自信がある
怒られない人になる為には、上記のことをしてはいけないということです。

出典 仕事で怒られるのが怖いと感じた時に知っておきたい対処法

なんで怒られるんだろう?と不満を感じている人ほど、上記のような特徴を兼ね備えています。

今一度、あなたの言動を再確認してみましょう。

 

仕事で怒られる2 話を黙って聞く

まずは反論をせず、黙って話を聞きましょう。
たとえ自分が正しいと思っていても、ひとまずその気持ちをぐっと堪え、話を聞くのです。

怒られ始めていた時は「なんだよ、勘違いして怒って」などと思うかもしれませんが、最後まで話を聞いていくうちに自分の中の固定概念が外れ、広い視野を持って物事を見ることが出来るかもしれません。
広い視野で見た時、怒られる原因となった事象を思い返してみると、怒られた原因が分かります。

また、反論をしても事態が良くなる可能性は限りなく低いです。
理不尽なことで怒られていたとしても、大人しく聞いておきましょう。
あなたがわざわざ反論しなくても、理不尽なことを行う人には周囲からの批判が集まり、ペナルティを受ける筈です。

出典 仕事(職場)で叱られた時、怒られた時の上手な対応法!精神的ダメージを和らげ、恐怖心やストレスに打ち勝とう

怒られるときは反論していけないのがセオリーです。

ただ相手が言うことにじっくり耳を傾けましょう。

相手の気持ちが次第に収まってくるはずですよ。

スポンサーリンク


仕事で怒られる3 ミスをしないようにメモをとる

怒られてばかりの人・怒られる新入社員の特徴で挙がっていた、ホウレンソウができないを克服するには、相手の話をしっかり聞くのが重要です。仕事の指示を受ける際は、必ずメモをとりましょう。メモを取らないと「今日も怒られた」で終わりです。
「いつまでに」、「なにを」、「どのように」など、話の核となる部分を絶対に聞き逃さないように集中し、メモをとりながら指示を受けて、相手に報告・相談すべき内容も見えてきます。毎日怒られるという方、とくに新人・新入社員のみなさんに、ぜひ実践してほしい怒られないための対策です。

出典 仕事で毎日怒られる人の特徴と脱却する効果的な対策

メモを取らずに話を聞いてミスをする。

こんなことがあったら誰だって怒るに決まってますよね。

ミスを未然に防ぐにはとにかくメモをとることが重要です。

しかし、ただメモを取るだけではあまり効果はありません。

メモを取ったら一度読み返して、細くしたりまとめたりすることがより鮮明に記憶にとどめることができるのです。

インプットをしたら必ずどんな形であれアウトプットする癖をつけましょう。

 

仕事で怒られる4 声を大きくして挨拶をする

個人的に一番大事だと思うのが挨拶です。

毎日大きな声で笑顔で「おはようございまーす!」と言ってくれる子は男女問わず可愛いものです。

例えば「最近○○らしいね、頑張ってね」とちょっと心配して新人の子に声をかけた際に「ありがとうございます!」と笑顔で返されると「ああ、良い子だなぁ」と俺は思ってしまいます、単純ですから。

それが挨拶も小さい声でしか言わない、こっちの目も見てくれない。こちらから「頑張ってね」と声をかけた際に「はぁ…」と気のない返事をしてくる人だと「なんだこの人、大丈夫か?」と思ってしまい印象が悪くなってしまうんです。

挨拶って一番大事だなぁ~って思うのはこの最初のプラスマイナスを大きく変えるって点です。挨拶が出来ない人はその時点でマイナススタートですから、あんまり良くはないです。

出典 会社で怒られやすい人の特徴と上司に好かれやすい人の違いを独断と偏見でまとめてみた

あなたが挨拶される側に立って考えると、理解できるはずです。

やはり元気が良くて、挨拶がしっかりできる人間は好かれます。

仮にあなたはどうでもいいと思う人でも、好感を持つ人がほとんどだということを忘れてはいけません。

たった挨拶と声の大きさだけで好きか嫌いかがわかれるのであれば、ぜひとも有効活用しましょう。

スポンサーリンク


仕事で怒られる5 二度とミスしないようにしっかり聞く

怒られないために、どのようなことを気を付けていますか?

「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)を怠らないこと。あと、怒られることが怖いのではなく、ミスをすることの方が怖いということを忘れてはいけません。例えば、一度聞いたことを忘れてしまったという場合、もう一度、同じことを上司に聞いたら『何度も言わすな』と怒られるかもしれません。でも、それによって、重大なミスをする可能性を回避することができるんです」

同じことを繰り返し聞くのは良くないけれど、怒られるのが怖くて黙っている方がもっと事態を悪化させてしまうんですよね。

出典 テレビ局ADに聞く、「怒られたときの立ち直り方」

同じミスを繰り返す人は信用されません。

相手も同じミスを繰り返させないように、きつく怒るのです。

最終的な目的は同じミスを防ぐことなので、しっかりとわからないことは聞くようにしましょう。

 

仕事で怒られる6 感情的にならない

いつも理不尽なタイプに対して、感情的な対応をしないためのフレーズです。

もともとの性格で理不尽な人は変わりません。他人を変えようとしても、さっぱり変わってくれません。こりゃ、しかたない。

そんな相手から感情的な怒りを受けると、反射的に怒りが湧いてきますが、そのまま対応するのは、時代遅れ。

会社の中には「声が大きい者が勝つ」雰囲気のところもあるでしょう。
会議でも、声が大きいだけの人の意見が通ったり。大きな声で怒られると、理由が支離滅裂でも、謝らざるを得なかったり。

これってどうなのよ?

出典 理不尽なことで責められたときに使えるフレーズ3つ

スポンサーリンク


仕事で怒られる7 自分を客観的にみる

会社に入って1ヶ月、仕事を覚えようと必死になってますか?
毎回毎回なんで怒られたのかを理解しているのでしょうか?
怒りの方が大きすぎて、客観的に考えられないのなら、まず自分の
そういったところを見直さないといけないでしょう。

指導係の上司の方はよっぽど厳しい指導をされているようですが、
今時ガツンと怒ってくれる上司なんてそうそういませんよ。
しかも仕事は仕事、仕事を離れればいい人、こんな切り替えができる
人なんてなかなか立派な方だと思いますが・・・。
仕事では厳しく当たるけど、プライベートではざっくばらんで
色々話せる環境を作ろうとしているのではないでしょうか。

出典 仕事で怒られたら暗くなって泣きそうになってしまうのですが、どう対処したらいいでしょうか?

 

仕事で怒られる日々でもいつかは出口が見える

辛く出口の見えない状況でも、出口が見えた経験があるということだけです。それだけが、今の私を支えています。 人間関係なのか仕事内容なのかでモチベーションも変わって来るとおもうのですが、もう辞めたくて仕方が無い時期、出来る仕事が少しずつ増えた事で、爆発的に気が軽くなった事を昨日の事のように覚えています。あなたが仕事を教える立場に仮になった時、苦労した分誰よりも人の気持ちの分かる先輩になりますよ。

出典 毎日仕事が辛いです。新人で毎日怒られてばかり

いかがでしょうか。

仕事で怒られる日々が続いても、それは永久に続くわけではありません。

そのまま頑張っていれば光が見えてくることもありますし、自ら転職して環境を変えて、光を手に入れることもできます。

選択は自由ですし、自分の人生は自分でコントロールできます。

何も考えずにずっと怒られ続ける毎日からもう抜け出す時期にきているはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク