仕事に追われる人の特徴と改善方法9つ

あなたは常に仕事に追われていないでしょうか。

仕事に追われている状態だと、精神的にも負荷がかかりますし、つまらない仕事のミスが多くなるので、決していい状態ではありません。

できることなら仕事に追われるのではなく、仕事を追う人間になるべきでしょう。

ではいったいどうすればいいのか。

そこで今回は仕事に追われる人の特徴と改善方法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事に追われる人の特徴と改善方法

 

手当たり次第はだめ?優先度を決めて効率的に仕事を回そう!

 

やってくる仕事に手当たり次第手をつける人ほど、時間を有効に使えず、結果的に仕事に追われてしまうことが多くなります。

仕事をスムーズに片づけ、効率的な時間の使い方をするために、仕事の中にきちんとした優先順位を決めることをおすすめします。

真面目に取り組むだけでなく、しっかりと考え、どのように仕事をこなしていくかを計画するくせをつけてみましょう。

他人の都合よりも、自分の判断基準を大切にし、今自分がどの仕事をすべきで、どれを後回しにした方がいいのか決断してください。

慣れてくれば、仕事の能率は上がり、いたずらに仕事に追われるようなことは少なくなっていくでしょう。

 

達成感こそ仕事の醍醐味?目標を細かく追いかけよう!

 

ひたすらに仕事をし、作業として消化していくことは、集中を切らし、モチベーションの低下にもつながります。

気づいたら一日中仕事をし、それに対する見返りを求めなくなっている場合、仕事に追われることに体が慣れてきているのかもしれません。

そのままにしておくと、環境を改善しようという意識がなくなり、心身ともに悪影響を及ぼす可能性があります。

対策として、小さい目標をいくつも設定し、それを達成する度に何かしらの区切りをつけるようにしてください。

一つ終えたらストレッチしたり、お菓子を一口食べたり、誰かとおしゃべりしたりと、自分にはっきりとわかる時間の隙間を作りましょう。

仕事に追われないようにするためには、仕事を終わらせる気持ちよさを体感することが大切になります。

スポンサーリンク


メリハリが大事?休むときは完全に休む!

 

人間は体力や集中力に限界がある生きものです。

そのためいくら仕事を抱えていても、ときには休む必要が出てくるでしょう。

このときに、上手な休息をとれるかどうかで、その後仕事に追われるかどうかが決まります。

自分では休みをとっているつもりでも、頭や体は完全にリラックスできず、仕事中の緊張感を持ったままでいるということはよくあります。

そんなことがないように、休むときに必ず行うことを最低一つは決めておきましょう。

ヘッドホンをして音楽を聞いたり、大好きな漫画を読んだりするときには、他のことを何も考えないというルールを自分で作るのです。

適切な休息に時間を割くことができれば、たとえその間仕事ができなくとも、リフレッシュした体を使って遅れを取り返すことは難しくはないでしょう。

 

要領や効率が悪くて捗らない

 

仕事に追われる人の特徴としてまず考えられることが、要領や効率が悪いことです。

何から手をつけていいのか分からない、片付ける順番が間違っているといったように、要領や効率が悪いことで仕事に追われてしまっているケースはよくあります。

このように仕事に追われることが多い人は、一度仕事に取り掛かる前に、順番を明確にした方が早いケースがあります。

初めに何を片付けるべきか、仕事の内容や納期、期限をもとにプランを立てるのです。

リスト化することによって、途中で何をすれば良いかという悩みも解決出来るでしょう。

要領よく、そして効率よく仕事を片付けるためには、取りかかる前に順番を決めてしまった方が良いでしょう。

スポンサーリンク


なんでも引き受けてしまう

 

仕事が山積みなのに、頼まれるとどうしても「NO」と言えないタイプの人は、どんどんと仕事の量が膨らむばかり。

自分で忙しいと分かっていながらも、断れない為に仕事が溜まってしまっては、仕事に追われることになっても自業自得です。

自分が今やらなくてはならない仕事がどれくらいなのかを把握し、仮に何かを頼まれても断る勇気を持つことが改善方法の一つ。

断わることが苦手であれば、「この仕事が終わってからでも良いか」という確認をするようにしましょう。

中には、「じゃあ違う人に頼んでみるよ」という場合もあるでしょう。

すべてにおいて早く片付けなきゃいけない仕事の場合は、当然仕事に追われる生活に。

ただ、相手は言われなければ分からないこともあります。

出来ない時、無理そうな時は、断るか前もって確認する作業を取りいれましょう。

 

ギリギリになって行動に起こすルーズな人

 

いつまでやらなければならないと決まっている仕事の場合、人によっては「その日までに終わらせればいいんだ」という意識を持ち、気持ちに余裕を持ってしまうことがあります。

それが仮に1ヵ月先であれば、まだまだやらなくても大丈夫という気持ちを持ってしまうでしょう。

この余裕によって仕事に追われることになる人も多いです。

その日までにやればいいという感覚でいた時に、新たに違う仕事が重なって入る、ということは仕事においてよくあることです。

この場合、結果どちらも同時に進行しなくてはならない状態になり、「先にやっておけば良かった」と後悔することでしょう。

余裕があるなら余裕を持ったまま仕事を片付ける意識を持つことで、急な仕事にも対応出来るようになります。

スポンサーリンク


時間配分を適切にしよう

 

仕事と競争する。

すなわち、仕事に追われるということです。

時間の割り振りです。

このような人の多くが、仕事に対して、量や難しさから判断して必要な時間を予測します。

しかしこれがいけないのです。

仕事に対して、時間を決めるのではなく、時間に対して、仕事を決めてください。

例えば、あなたが、ある仕事に対して3時間必要だと見込みます。

その時に、3時間で終わらなかった場合はどうしますか?

おそらく、時間を延長すると思います。

これがいけないのです。

三分割し、1時間でここまでやると決め、多少強引でも決めたところまでは、やりきるようにしてください。

 

あれもこれもは厳禁だ!

 

仕事に追われる人の特徴は、やるべきことが多すぎることです。

あれも、これもやらないとと考えると、焦りが出てきます。

焦りが出てくると、なんだかそわそわして、一つもはかどらなくなることが多くなります。

計画性が全くありません。

こうならないように、そこはしっかりやるべき仕事を整理する必要があります。

具体的には、紙に書き出して、計画を作ることが大切です。

紙に書き出し、重要度や仕事の量などから、優先順位を見極めます。

こうすることによって、焦らずに、仕事に取り組むことができます。

スポンサーリンク


無駄な時間の有効活用

 

仕事に追われる人の特徴は、時間の無駄遣いです。

高校生の時、勉強に部活と忙しかった人が多かったと思いますが、そのような時、学校の先生からスキマ時間を大切にと、指導を受けたことはありませんか?

そうです。

そのスキマ時間の使い方が重要なのです。

スキマ時間には、いろいろなタイミングがあります。

通勤の間の、電車やバスの中、エレベーターの中、エスカレーターの中などです。

その他、ミーティングの間のちょっとした時間にどのようなことをしていますか?

まさか、居眠りはしていないでしょう。

このように、スキマ時間を見つけて効率良く仕事をしてください。

以上の3点に気をつけて、あなたも仕事と競争することのないように、ゆとりを持てるようになりましょう。

 

仕事に追われる人の特徴と改善方法のまとめ

 

  • 手当たり次第はだめ?優先度を決めて効率的に仕事を回そう!
  • 達成感こそ仕事の醍醐味?目標を細かく追いかけよう!
  • メリハリが大事?休むときは完全に休む!
  • 要領や効率が悪くて捗らない
  • なんでも引き受けてしまう
  • ギリギリになって行動に起こすルーズな人
  • 時間配分を適切にしよう
  • あれもこれもは厳禁だ!
  • 無駄な時間の有効活用

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク