仕事しながら転職のメリット・デメリット5つ

仕事しながら転職活動するメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

仕事しながらの方がいい!仕事をやめた方がいい!といったようにどちらの論にも賛同者はいるものです。

あとは、あなたが共感した方を支持するべきでしょう。

そこで今回は仕事しながら転職のメリットとデメリットについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事しながら転職

 

仕事をしながら転職活動をするのは難しい?

 
今の仕事を続けながらの転職をする前にまず、やっておきたいことがあります。

それは、社内の別の部署で自分に向いた所があるか考えてみることです。

もし、あるなら上司に社内で部署の移動ができないか聞いてみることが大切です。

もしかして、移動が可能なら転職せずに済むこともあるかもしれません。

その際に、転職を考えていますとは、間違っても発言しないように注意してください。

もし、発言してしまったら残ったままで転職活動がスタート出来にくくなる恐れもあります。
 

仕事しながら転職メリット1 経済的余裕が精神的余裕を生む

 
仕事をしながら転職を行うメリットとして一番に挙げられるのが、収入が安定したままの状態で転職先を探せるということです。

これは、逆に仕事を辞めてから転職活動を始めた場合のことを考えると、理解しやすいでしょう。

一旦、辞めてしまえば収入は失業保険が出ている間しかありません。

すぐに、転職先が見つかれば良いですが良い所がなかなか見つからないと長引く可能性もあります。

じゅうぶんな蓄えがある人はまだしも、そうでなければ、できるだけ早く仕事を見つける必要があります。

特に既婚者の場合は家計を支えなくてはなりませんから、焦燥感はより大きくなるにちがいありません。

その点、仕事を続けながらの転職であれえば、決まった給料が毎月入ってくるわけですから、経済的にひっ迫するということはないでしょう。

仕事を続けていれば心配なくゆっくりと探せる訳です。

経済的に余裕があると、自然に精神的にも余裕ができます。

しかも、仮に落ちてしまっても焦る必要もありません。

より、自分にあった条件の転職先をじっくりと見つけることができます。

余裕をもって活動すれば、条件のよい、本当に自分に合った仕事を見つけやすくなります。

つまり、転職を成功させやすくなるわけです。

スポンサーリンク


仕事しながら転職デメリット1:活動が制限される

 
大きなデメリットとして就職活動の時間が取れないことが挙げられます。

やはり活動を制限されてしまうことはとても大変です。

通常、面接は平日の昼時間帯に行われるケースがほとんどです。

しかし、仕事を続けているなら面接のスケジュールが入れば仕事は休むことになるでしょう。

現在の仕事を続ける以上、職場に拘束される時間も大きいですし、仕事優先ということになってしまいます。

ですから、実際に転職活動を始めても、なかなか思うように動くことはできません。

何度も有給を消化したり、病気になったりするのも無理が生じてくるかもしれません。

しかも、何度も休んでいると、社内で転職活動がばれる可能性もあります。

面接などのアポを取るのもかんたんではありませんし、アポが取れたとしても、その当日どうしてもパスできない仕事が入ってしまうことも大いにありえます。

面接に行きたくてもどうしても、いけない場合も出てくるでしょう。

その場合も、当然、仕事優先になり、面接のアポをキャンセルせざるをえないということになるのです。

それでは本末転倒かもしれません。
 

仕事しながら転職デメリット2:緊張感を欠く

 
これは、最初に紹介したメリットの裏返しなのですが、経済的余裕があるため、緊張感を欠いてしまうというデメリットもあります。

仕事を辞めてからの転職の場合は「とにかく、少しでもいい条件の仕事を、少しでも早く見つけなければ」という緊張感が、活動に対するモチベーションを高めてくれます。

それに比べて、仕事をしながらの転職だと「別に焦る必要はない。時間をかけて好条件の仕事を探そう」という気持ちになりがち。

それが精神的余裕につながるわけですが、同時に、好条件の仕事が見つかっても「もっといい仕事があるかもしれない。ほかを探してみよう」という気持ちを生んでしまうのです。

スポンサーリンク


どうするのが良いのか

 

では仕事は続けるのか辞めるのかという結論になりますが、

これは手ごたえを自分で確かめながら行うのが良いでしょう。

自分の希望の転職先が難しい可能性もあります。

求人が少なく時間がかかる時もあるでしょう。

季節によって求人件数が伸びる場合など、

そのシーズンに合わせて辞めるなどの対策を取った方が良いこともあります。

ハローワークや転職エージェント等と相談して決めることもおすすめです。

また、転職することが難しければ今の仕事を続けるという選択肢もあります。

 

仕事続けながら転職は無理ではない

 

いかがでしょうか。

仕事しながら転職活動するのは大変ですが、

その分メリットを受けられることがわかります。

やはり経済面の負担を軽くするのが大きなメリットでしょう。

それが結果的にメンタル面の負担も軽くなることにつながるのです。

しかし、どうしても仕事しながらだと転職ができないという人は、思い切って飛び出すことも必要ですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク