仕事が失敗ばかりで落ち込む時の対処法7つ

仕事が失敗ばかりだとどうしても落ち込んでしまうものですよね。

それがきっかけでやる気が出ない状態になったり、仕事が嫌になったりしてしまうことも少なくありません。

しかし、仕事に失敗はつきものです。

つまり、失敗した時の対処法を身につけなければ、いつまでも逃げっぱなしの人生になってしまうのです。

せっかくなら、例え仕事で失敗したとしても、すぐに立ちおなって挽回するぐらいの実力は身につけましょう。

そこで今回は仕事が失敗ばかりで落ち込む時の対処法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事が失敗ばかりで落ち込む時の対処法

 

仕事で失敗1.落ち込む期限を決めて、それを過ぎたら切り替える

落ち込むところまで落ち込むのも良いが、その場合は自分で期限を設けよう。そしてタイムリミットと共に、気持ちを切り替えなければいけない。仕事でミスをすれば、誰でも落ち込むのは当然だが、そこからいかに立ち直るかが成長する人とそうでない人の分かれ道だ。

出典 仕事のミスで落ち込んだときに立ち直る方法とは?

 

仕事で失敗した直後はやはり落ち込むものです。

それは別に悪いことではありませんが、ダラダラとずっと引きずっているのはやはりマイナスでしょう。

そのマイナスな影響はあなた自身だけでなく、一緒に働く人やお客様にも及ぼすことを忘れてはいけません。

ピシッと切り替えて仕事をすることで、次第に失敗の傷跡も薄れていきます。

 

仕事で失敗2.失敗を人のせいにしない

失敗したのは「誰かが手伝ってくれないから」「上司や環境が悪いから」と、失敗の原因を自分以外の要因に求めるのはよくありません。確かにそれは事実なのかも知れませんが、それを訴えたところで、その人達が変わってくれるとは限らないのです。そんなことは考えれば考えるほど不毛ですし、時間のムダです。別の方法を考えましょう。

出典 仕事の失敗を糧にして、成功を手に入れる9つの意識

例えば、元々仕事をする上で不便な環境があって、失敗が自分の中で予想されていたとします。であれば、あらかじめ、そのことを上の人間に伝えておきましょう。ですが、それを訴えても、上司が動いてくれなかったような場合、「私は進言をしました」という事実を盾に、上司に改善を要求することが出来るかも知れません。部下のミスで、一番迷惑を被るのは誰でしょう。それは、あなたの上に立つ上司です。また同じことをされては大変、と、動いてくれる可能性はかなり高くなるはずです。

出典 仕事の失敗を糧にして、成功を手に入れる9つの意識

スポンサーリンク


仕事で失敗3.正面から失敗と立ち向かう

自分のミスに正面から向き合うのはツラいことですが、自分を許すことも大切です。大失敗を犯したのは事実ですが、間違いは誰にでもあるのです。毎日の習慣に、許すという行為を加えてみてはいかがでしょうか。そして、大失敗を犯してしまったら、くよくよ悩んでいないで、改善策を探すようにしてください。大失敗を犯した人は、あなた以外にもたくさんいます。尊敬する人の失敗を知るのもいいでしょう。そうすれば、失敗はプロセスの一環であることを実感できるはず。歴史に名を残す偉人たちだって人間です。彼らのほとんどが、少なからずの「ヘマ」をやらかしているはずですよ。
何よりも大切なのは、前に進み続けること。

出典 やらかした! 仕事で大失敗したとき、事態を収拾するためのヒント

 

仕事で失敗4.心のケア・リフレッシュできることを見つけておく

仕事のミスから早い段階で立ち直るためには心のケア、心のリフレッシュをすることが必要になります。

しかし、ミスを予見することはなかなか難しいものです。

いつ発生するか分かりませんのでミスが発生してから心のリフレッシュの手段を探して、もたついてしまっては意味がありません。

日頃より趣味やチャレンジしてみたいことなどをメモしておくと、いざというときに慌てず、心のケアを行うことができます。

出典 仕事のミスから復活!失敗で落ち込むときにすべき7つの対処法

スポンサーリンク


仕事で失敗5.誠実に対応する

ウチは大失敗は人様の生命に関わるので許されません。
許される範囲での失敗・迷惑をかけたことはありますが、
それも、許されない方の失敗を思えば全然マシなので、
やってしまった失敗については、落ち込むより可能な限りの責任を取る、挽回をすることに気を向けます。

心配な気持ち,分かりますが
クレームもその心配も、根源は自分が創り出し呼び寄せたもの。
失敗は潔く認めて、クレームがきても誠実に対応すれば、大丈夫ですよ。
1年後の今、苦笑いで振り返れていると思います。

出典 仕事で大失敗した事ありますか?

 

仕事で失敗6.開き直ることも重要

失敗しても、ある程度の開き直りが必要という事です。

よくあるのが、
『失敗したから、その失敗を取り返そう!』
と、考えたりしませんか?

でも、そんな風に仕事に取り組んでも、
再度失敗するのがオチです。

失敗したから、その分取り返さないと!
とか
失敗したから、二度と失敗しないように注意しないと。

なんて考えてしまうと、肩に余計な力が入り、
本来の力が出せません。

それこそ、失敗に失敗を重ねてしまう
典型例ですので注意して下さい。

出典 仕事の失敗を引きずる…そんなあなたにオススメの立ち直り思考!

失敗したからと言って、その失敗を取り返そうとせず、
『ま、仕方ないか』 と思うこと。

これが失敗した時の心構えなのです。

失敗しないようにしよう!
でも、失敗も仕方ないよね!

その矛盾する二つの意識することが、
よりあなたを成長させる思考になるのです。

出典 仕事の失敗を引きずる…そんなあなたにオススメの立ち直り思考!

スポンサーリンク


仕事で失敗7.言い訳は絶対にしない

仕事で失敗をすると、ついつい言いわけをしてしまいたくなるものですが、きちんと謝罪できるという事は、社会人としての基本的なマナーです。まずはきちんと謝罪し失敗にいたった事情などは、冷静に客観的な内容で報告しましょう。

失敗をしてしまった事を悔やむよりも、その後の対応が重要になります。そこに気が付けた人は謝罪の大切さに気づく事でしょう。

出典 仕事で失敗した時に始めて解る、とっても大事な9つの気づき

 

仕事で失敗ばかりなときこそ成長のチャンス

 

いかがでしょうか。

仕事が失敗ばかりで落ち込む時ほど逃げてはいけません。

その経験があなたを成長させるのです。

失敗した時というのはまだあなたの人生の中では途中です。

次の失敗に備えるためには、それを乗り越えなければいけません。

それを繰り返していくのが、成長なのです。

まだまだ道半ば。

今を乗り越えることができれば、この先の未来はとても明るく開けるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク