新卒で仕事辞めた人がやるべきこと7つ

新卒だけれども仕事を辞めてしまった・・・といった状況になっていないでしょうか。

そんな時、仕事辞めた直後はいいけれども、時間が経つにつれ、そして同世代の頑張りを見聞きするにつれ不安がどんどん大きくなっていくものです。

その不安から逃げて、引きこもってしまったら後々苦労するのはあなたです。

仕事を辞めたとしても、やはり目標や希望をもって何かしらの行動は起こすべきでしょう。

そこで今回は新卒で仕事辞めた人がやるべきことについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


新卒で仕事辞めた人がやるべきこと

 

新卒で仕事辞めた1 やりたい事はやりきる

 
例えば海外旅行や、習い事など、やりたい事は全部やってしまいましょう。

仕事を辞めて、自由な時間が取れるのは時間に拘束されない今だけです。

お金が無ければ単発のアルバイトや、シフトなどの自由が効くアルバイトなどをしながら、必要なお金を稼ぎ、そのお金でやりたい事を全部やりましょう。

ただし、自分で期限を決めなくてはいけません。

例えば1年なら1年と決め、その時がきたらきちんと将来の事や仕事や生き方について考えるのです。

なぜやりたい事をやり尽くすべきなのかというと、過去に未練が無くなるからという理由と、もうひとつ、やりたい事をやっているうちに、それが職業につながる糸口が見えてくる可能性があるからです。

どこでどのような出会いがあるか分かりません。

一度、好きな事にまっすぐ向き合うと良いでしょう。
 

新卒で仕事辞めた2 なぜ仕事を辞めたかじっくり考える

 
好きな事を思い切り満喫しながら、なぜ自分が今までいた会社を辞めてしまったのか、よく考えましょう。

次をどうするか悩む気持ち、前向きに再就職活動をしなければと思う気持ちはよく分かります。

過去を振り返るなとも、よく言われています。

しかし、自分が会社を辞めた本当の理由をきちんと整理できていないと、結局、新しい環境に入っても同じことの繰り返しになってしまう可能性があるのです。

会社のどこに問題があったのか、あるいは自分に問題があったのか、会社を選ぶ際の重大なポイントにもなりますし、自分を変えなければとハッと気づかされるかもしれません。

好きな事をやりながら、ふと思い出した時に、自分の気持ちなどを紙に書き出すブレインストーミング方式の整理法で、気持ちと向き合ってみましょう。

スポンサーリンク


新卒で仕事辞めた3 勉強する

 

これはとても広い意味で、やるべき事です。

やりたい事や夢があり、そのために身につけなければならない技術や、取らなければならない資格があるならば、その勉強に没頭しましょう。

そうでない人も、自由な時間がある時に、積極的に外の世界へ出かけて行き、社会勉強をしましょう。

まだ再就職活動はしなくてもいいや、と思っていても、興味のある企業などの説明会に顔を出す事も良い勉強です。

そうして、着々と次のステップを踏み出すための準備を進めていけば、新卒で会社を辞めた方も、きっと新しい一歩を踏み出し、未来を築いていける事でしょう。

 

新卒で仕事辞めた4 新卒で仕事を辞めたらどうすべきか

 

やりたくないことだけは明確にしておく。

“辛くても3年は耐えろと一般的に言われる社会人。

そんな中、新卒ですぐ仕事を辞めるというのはよほどの理由があるはずです。

一般的には新卒ですぐ退職するのはデメリットだらけであるにもかかわらず、自分がなぜやめたのか。

それをなくすためにはどのような職種・働き方がいいのか。

少なくとも辞める要因になった部分だけは必ず明確にしておく必要があります。

そこを意識して転職活動をしないと、また同じ道をたどることになります。

スポンサーリンク


新卒で仕事辞めた5 転職エージェントを利用すること

 

ただでさえデメリットが多い転職活動になりますから、転職エージェントの利用は必須になってきます。

転職サイトは、誰でも見られる求人の他に、非公開の求人も多く取り扱っています。

非公開求人は応募が殺到する可能性がある優良求人である可能性も高いのですが、これはエージェントを通さないと紹介してもらえない事が多いです。

また、エージェントにアドバイスをもらいながら就職活動をすることで、自分に合った会社、長く働ける会社にめぐりあえる確率も高くなります。

 

新卒で仕事辞めた6 転職活動で使える資金を確認する

 

新卒で辞めた場合は、そんなに貯蓄もない場合がおおいでしょう。

お金がない場合は、親族などからの援助も必要になるかもしれませんし、短期アルバイトをして食いつなぎつつ、転職活動をする必要もでてくるかもしれません。

資金が尽きたら就職活動そのものができなくなるので、自己資金だけは確認しておきましょう。

また、1年以上働いてから辞めた場合は、失業保険の受給も可能ですので、かならず受給するようにしてください。

失業保険をもらいながら職業訓練を受けるのも一つの手段ですね。

スポンサーリンク


新卒で仕事辞めた7 転職しやすくするために資格をとる

 

新卒で辞めた人を採用するのに企業が二の足を踏む理由は、根性がなく打たれ弱いという印象を与えてしまうからです。

しかし、資格取得をすれば、この印象をポジティブなものに変えられます。

転職するときも「他にやりたいことがみつかったので仕事を辞め、一念発起して○○の資格をとるために勉強をしました」といえば、決断力と向上心のある若者という印象を与えることも可能です。

新卒はまだ若いので、経験値によるハードルは高いですが、年齢によるハードルは低く、未経験採用が可能な時期です。

そこを利用しましょう。

 

新卒で仕事辞めた人こそ行動しよう

 

いかがでしょうか。

新卒で仕事を辞めた人はこれからどうすればいいのだろう・・・と悩むことが多い人もいるでしょう。

しかし、物事はシンプルに考えるととても楽になりますし、スムーズに次のステップに進むことができます。

あなたに次の目標があるのであれ、ないのであれ、転職サイトや転職エージェントなどを利用すれば、希望が叶う企業を紹介してもらうことも可能です。

一番やってはいけないことは、何もせずに社会から離れてしまうことです。

これが続いてしまうとあなたの一生が台無しになってしまうかもしれません。

少しずつでもいいので、毎日動くことが大切ですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク