渋い男の特徴や条件!渋い男になるには?

渋い男の意味とは、その男性自身に対してとても味わい深い印象を感じたり、チャラチャラせずとても落ち着いた雰囲気を感じるような男性のことです。

そんな渋い男はあなたの周りにいるでしょうか。

年代によってはまったく存在しないケースもありますが、どんな年代・どんな環境でも一人ぐらいはいますよね。

周りの男性が落ち着かなかったり、騒がしかったりする中で渋い男性が一人いると、とても良い印象を持つのは男女共通でしょう。

あなたもそんな渋い男になりたいと強く思っても不思議ではありません。

そこで今回は渋い男の特徴や条件についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

また、渋い男になるにはどうすればいいのか、その方法についても触れていますのでぜひ参考にしてみましょう。

【目次】

スポンサーリンク

渋い男の特徴や条件

 

声が低く寡黙、よけいなことは言わない

 

渋い男の特徴がよく表れるのが、声でしょう。

ほかの条件がどんなに整っていても、甲高い声の男性は、周囲の人に「渋い」という印象を与えることはできません。

では、渋い男の声の特徴は何か、それは「低い」ということです。

特別な美声である必要はありませんが、男性らしい低い声の持ち主が、渋い男ということになるでしょう。

ただし、声は低くても、ぺらぺらとよくしゃべる男性は渋い男ということにはなりません。

おしゃべりではなく、ふだん、黙っていることが多いのが、渋い男性であるための条件なのです。

とはいっても、必要があれば自ら進んで発言することはあります。

例えば、会社の会議に出席するとしましょう。

そういうシーンでも基本的には寡黙ですが、自分が考えていることが会議にとって有用であると判断すれば、発言することを躊躇しません。

細かく説明したほうがいい場合は、多言を用いることもあるのです。

ただ、その場合でも、無駄話などはしません。

自分の考えを説明するために必要なことは言いますが、よけいな話をすることがないのが、渋い男ということになるでしょう。

声が低くて寡黙なこと、これが渋い男の大きな特徴なのです。

スポンサーリンク

落ち着きがあって常に冷静沈着

 

落ち着いた雰囲気を持っているというのも、渋い男の特徴と言っていいでしょう。

なんだか落ち着きのない男性は、いかにも軽薄に見えますから、人に「渋い」という印象を与えることはできません。

どっしりと構えていて、安定した印象を人に与えられてこそ、「あの人は渋いな」と思わせることができるわけです。

ただし、ふだんは落ち着いた雰囲気をもっているけれど、なにかハプニングが起こると、とたんに落ち着きを失ってしまうようでは、ほんとうの意味の渋い男とは言えないでしょう。

たとえば、仕事をしている中で、部署内にまったく思っていないような大トラブルが起きたとしましょう。

部署のほかのメンバーが大騒ぎしたり、パニック状態になっていたとしても、渋い男は騒ぎ立てることはありません。

起こっているトラブルについて、冷静に事態を見極め、どう対処したらいいのかを理論的に考えて行動に移すことができます。

もちろん、人間は万能ではありませんから、どうしても処理できないこともあるでしょう。

しかし、そんな場合でも取り乱すことなく、冷静に最善を尽くすことができるのが、渋い男性なのです。

つまり、渋い男には「常に冷静沈着」という特徴があるのです。

スポンサーリンク

人にやさしく、さりげない思いやりを見せることができる

 

人にやさしいというのも、渋い男性の特徴でしょう。

「渋い男」というと、クールなイメージを持つ人が多いに違いありません。

確かに、ふだん寡黙にしているなど、クールに見えるのが渋い男なのですが、実は大変やさしい人柄の持ち主なのです。

そのため、人にやさしくしたり親切にしたりすることが多いのですが、そうした言動が「さりげない」というのが、渋い男の大きな特徴と言っていいでしょう。

たとえば、同僚や後輩が、仕事で使う資料作りにてこずっているとします。

親切な人は、そうした同僚を積極的にサポートしようとするに違いありません。

そんなときに、「自分がサポートしてあげる」という顔をする人もいますが、渋い男は「いかにも親切にしてあげています」という顔することはありません。

「こんなふうにしたらいいんじゃない?」というような、小さな、しかし、適切なアドバイスをすることで、困っている同僚をサポートするのです。

女性に対しても同様です。

彼女と旅行に行くとき、彼女の旅行鞄を黙って持ってあげるのが、渋い男性の行動の特徴と言っていいでしょう。

さりげない思いやりを見せるのが、渋い男性の特徴なのです。

スポンサーリンク

仕事ができるアピールをしない

 

渋い男は、たいてい仕事ができます。

職場で優秀な営業成績を収めていたり、上司や回りからの信頼を集めていたりします。

でも、渋い男は「俺は仕事ができる」というアピールをしません。

皆さんの回りに、仕事はできるけれど、やたら高圧的な人や収入に見合わない高いスーツや時計を身につけている男性はいないでしょうか。

そいう男性は、仕事で良い結果を残していても決して回りから尊敬を集めません。

華やかさ目当てにちやほやされることはあるかもしれませんが、裏で陰口を言われていることが多いでしょう。

渋い男は、自分の収入や地位に応じた振る舞いしかしません。

仕事ができても高圧的にならず、人に対して必要な時にきちんと頭を下げることができます。

身なりも自分の収入以上に着飾らず、下手に高価なブランド品に手を出しません。

しかし、自分らしい振る舞いや身なりをわきまえる渋い男は、決して「ダサく」なることはありません。

渋い男は自分の身の丈にあった振る舞いや着こなしを心得ているため、妙に威張ったり、着飾ったりしなくてもさりげなく格好良く見えるものなのです。

 

人に対してきちんと叱ることができる

 

渋い男は、きちんと人を叱ることができます。

よく、仕事の後輩や自分の子どもに対して甘やかすだけの男がいます。

仕事の怠慢でミスをしてしまっても、「いいよいいよ」と受け流し、子どもが悪いことをしても「気をつけようねー」と優しく諭すだけ、という男は多いのではないでしょうか。

そういう男は決して人に優しいわけではありません。

自分が嫌われたくないだけなのです。

逆に、自分に不都合なことがあると、すぐに大きな声で怒鳴ったり、永遠と文句を言い続ける男もいます。

レストランで、料理が出て来るのが遅いとすぐにクレームを入れ、子どもが泣くと「静かにしろ!」と怒鳴るような男です。

そいう男は、自分が弱いことを大きな声と態度で隠しているのです。

弱みを見せたくないため、高慢な態度を取るのです。

渋い男は、自分に対しても厳しく振る舞いますが、人に対しても真剣に向き合っています。

そのため、人のためにならないことがあった時、その人を叱ることができます。

また、叱った後のフォローの仕方や褒め方も知っています。

渋い男は、周りの人を良くしようとして真摯に振る舞っているのです。

スポンサーリンク

女性を口説かない

 

よく、女性と付き合った人数や経験した人数を自慢する男がいます。

また、ナンパしたエピソードや、女性を口説いた昔話を飲み会の席で自慢げに語る男もいます。

そいう男は、渋いとは言えません。

一見常に明るく、周りを華やかな女性に囲まれ、魅力的に見えるかもしれませんが、単に、女性にモテていると勘違いしているのです。

渋い男は、みえみえのテクニックで女性を口説こうとはしません。

わざわざ街に繰り出してナンパしたり、合コンで下心丸出しのトークをしたりしません。

渋い男は、ぱっと見たところ、女性に興味がないように見えがちです。

自分のやりたいことややるべきことにひたむきに打ち込んでいるからです。

女性に対しては卒なく会話がこなせますが、決して、口説こうとはしません。

渋い男は、多くの女性にモテることを良しとしていません。

むしろ、自分と価値観があって、自分が自然体で振る舞える、心が通じ合えるひとりの女性と出会うことを願っています。

そして出会ったときには、その人のことを真剣に愛します。

渋い男は、軟派に女性を口説くことはしませんが、ロマンチストのように、真剣な恋愛を求めているのです。

スポンサーリンク

渋い男になるには

 

余計な話をしない

 

周りから渋いと思われたいのであれば、お喋り好きな男性よりも必要以上に話さないタイプの男性の方が、渋い男に見られやすいものです。

渋い男は余計な話を自らせず、最低限の会話しかしないといった特徴を持っているため、聞き手に回ることで渋い男になれるでしょう。

いつも自分から「こうなんだよね」と話している人は、相手から聞かれるまで自分のことを話さないでみるのも一つの方法になります。

相手から聞かれたことに対してだけ話すようにしてみるだけでも、普段お喋りな男性は口数が減って見えることでしょう。

また渋い男が持ち合わせている「ミステリアス」な面も、無口な男性になることによって備えることができます。

無駄なことを話さない、余計なことを話さない、自ら自分のことを話さないことを心掛けるだけでも、渋い男に近づけるでしょう。

お喋りがストレス発散のようになっている人でも、渋く思われたい相手だけにはできるだけ口数を減らしてみると良いです。

自分のことを話さないだけでも、「何を考えてるんだろう」とミステリアス感が生まれ、そこに渋さが感じられるようになるでしょう。

スポンサーリンク

喜怒哀楽の差を出さない

 

渋い男になるためには、冷静さを失ってはいけません。

大人で落ち着いた雰囲気を出すためには、感情表現が課題となるでしょう。

多くの人は、嬉しい時にははしゃぎ、頭にきた時には苛立ちを隠せずつい態度に出てしまうものですが、渋い男になりたいのであれば、常に冷静であることが必要です。

意識すべき点は、喜怒哀楽にあまり差をつけないことです。

嬉しい時でも軽く笑顔になる程度、怒った時でも少し顔をしかめる程度にし、あからさまな表現の仕方を控えるようにします。

喜怒哀楽が激しい人は、周りに幼い印象を与えてしまいます。

もちろん幼さが好きな人や、分かりやすい人が好きな人にとっては好感が持てる態度ですが、渋い男になりたい人は常に冷静でいることを忘れてはいけません。

感情的になること、感情を表に出して周りに気付かれてしまうことは、渋さを失わせてしまうのです。

物事に冷静に対処したい時は、一度冷静になる間を自分に与えることです。

「嬉しい」と感じた時には一度深呼吸して間を置いたり、「頭にくる」と感じた時はその場から一度離れることもできるでしょう。

喜怒哀楽の差をあまり出さないようにするだけでも、落ち着いた雰囲気で渋い男に見られるのです。

スポンサーリンク

外見と話し方を意識する

 

性格的な問題や感情表現の仕方を変えるのは、簡単なことではないでしょう。

もし手っ取り早く、すぐにでも渋い男になりたいと思うのであれば、外見と話し方を意識的に変えてみると良いです。

外見で言えば、例えば髭を生やしてみる、シンプルなファッションにしてみるなどの方法があります。

また話し方では、声のトーンを下げ、できるだけゆっくり丁寧な話し方を心掛けるのです。

見た目で渋さを出すことは難しいことではなく、むしろ外見から与える印象には強いものがあります。

大人な雰囲気な外見に、低いトーンでゆっくりめに話すあなたに、それだけで渋さを感じる人も少なくありません。

ファッションが派手、声が高く早口な会話の仕方は、フレンドリー感は出せるものの、渋さは感じられないものです。

ファッションや話し方であれば、性格的な問題や感情表現の仕方を変えるわけではないため、今すぐにでも取りいれることができるでしょう。

また、例えば好きな女性に対して「今日だけは渋く思われたい」と思う特別な日だけに実行することができます。

今すぐにでも渋い男になりたい、今日だけは渋く思われたいと思う時には、外見や話し方を変えて渋い男を目指してみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク