不安で眠れないときに寝る方法6つ

あなたは不安で眠れない事が良くありませんか?

そんなときほどものすごく小さい事が気になったり、明日の出来事が心配で目が冴えてきて、結局寝れなくなってしまったりするものです。

明日が大切な日ほど焦ってしまい、ますます寝れなくなってしまう経験は誰もがあるのではないでしょうか。

そこで今回は不安で眠れないときにこそ実践したい寝る方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

もしかしたらあなたにとってピッタリの寝る方法が見つかるかもしれません。

スポンサーリンク


不安で眠れないとき

 

幸せな事を考える

 
つい不安な事が頭から離れなくなってしまうと思いますが、好きな物事を考えるようにします。

好きな人や食べ物、楽しかった旅行の思い出、友人とのくだらない会話でも大丈夫です。

羊を数えるような原理で、ゆっくり風景や情景を思い出して細かい所まで思い出していると自然と意識が遠くなり眠りにつけます。

考えるのが難しい時は、読んだ本の事を最初からゆっくりと思い出すのも、いつのまにか不安な事を忘れられます。

出来れば過去の事が良いのですが、先の事ですと変更可能で不安が増えてしまうので、楽しかった過去のことを思い出してください。

不安な要素を減らし眠気がくるよう促すのが大切なので、思い切り思い浮かべて音や声なども思い出すと不安が楽になります。
 

アロマを炊く

 
リラックスし眠りにつく事が大切なので、アロマや良い匂いで不安を拭う事をします。

市販されている機械を使わなくても500円程度でアロマは購入出来るので、ティッシュに垂らし枕元に置く事が出来ます。

どんな事も脳を騙す事で、体の機能は変化しますので脳をリラックスさせ体の力を抜くと、眠気が戻ってきます。

マスクにアロマに浸ったティッシュを挟み、横になるとリラックス出来てとてもいいです。

アロマ以外でも好きな匂いや、落ちつく匂いがあればリラックス効果が期待出来ます。

スポンサーリンク


目元をあたためる

 
目元を温める事は、神経のリラックスにも繋がります。

市販されているアイマスクや、自宅にあるものにミニほっかいろなど挟むと良いです。

全身が温まることにもなりますのでアロマ同様、脳をリラックスさせ体の機能を眠りに促します。

アイマスクをすることにより目を閉じる以上に暗くなり、温かい事にも意識が向くので、不安を減少させる事が出来ます。

お風呂上がりなど体を温めると眠りにつきやすくなるので、目の周りにある神経を温めると同じような効果になります。

そして、アイマスクをする事により光を遮る事にもなりますので、脳が夜だと認識し促す事が出来るでしょう。
 

音楽を聴く

 
よく寝る時に音楽を聴くようにしています。

まったりした曲調のものをかけますが、同じ曲の繰り返しの方が効き目があると思われます。

音量は最小にして、かすかに聞こえるなといったぐらいがいいでしょう。

知っている曲でも知らない曲でも良いですが、もの凄く好きなものは避けた方が聞き流せます。

同じ曲の繰り返しの理由は、繰り返す事により記憶され何度も何度も同じで興味が薄れていきます。

そうすることにより、一定のリズムが刻まれ心地よいメロディーに眠くなります。

心臓が脈打つのもリズムを刻んでいますし、呼吸も繰り返します。

ですから、ゆっくりとした曲は自然と体に伝わり心を落ちつかせてくれるのです。

スポンサーリンク


軽いストレッチをする

 
疲労をすると体は回復しようとし、眠くなるように出来ています。

眠る前にストレッチをする事は体調を整える事にも良いので、おすすめです。

激しいものは体を驚かせてしまいますので、部屋で出来るような筋肉をのばしたり、こりをほぐす事が良いでしょう。

あとお風呂でマッサージする事も、ストレッチと同じように眠くなるよう促すことが出来ます。

体を温め、適度にマッサージし筋肉を動かすことにより眠くなりますし、不安から意識をマッサージに向けられます。

体を動かす事により、ストレス発散にもなりますので自分が気持ちいいと思う程度に伸ばしてみてください。

普段使っていない筋肉ならば気持ちよさに不安が少しずつ落ちついてきますので、そのまま気持ちよさに眠気が勝っていきます。
 

ひたすら良い方向に考える

 
上記のような、リラックスさせる事がどうしても出来ない場合、不安を強みにするしかありません。

不安だからと悪い方向に考え、どうしようと思うから眠れなくなるので、打開策を見つけます。

成功した出来る自分や長所を思い出し、その不安がプラスに動くように考えます。

我がままで自分勝手な人から見れば、自分の不安は心優しいからこそ感じる大切な感情かも知れません。

謝れば済む事や、言いたくない人に伝えるしか解決しないのでしたら直接なんとかしようと答えを決めるとスッキリします。

不安というものを悪く考えず、大丈夫大丈夫と自分を信じる事が一番リラックスし眠れるコツです。
 

不安で眠れないときの対策を用意しておこう

 
いかがでしょうか。

色んな事を実践し、紹介させて頂きましたがやはり人それぞれ難しいですよね。

ですが誰でも不安はあることですし、寝る前に考えても解決しない事がほとんどですので、不安を良い方向に考えて欲しいものです。

落ちついてリラックスする事が眠るために大切な事なので、ぜひ試して気持ちが楽になってくだされば幸いです。

人生は長いので良い睡眠をして、不安に立ち向かう強い心になるよう一緒に不安を拭っていきましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク