辛い時に聴く曲9つ

辛い時に聴く曲をあなたは持っているでしょうか。

これだ!という曲を持っていたらとても心強いものですが、多くの人はそうでもありませんよね。

そこで今回は辛いときに聴く曲をご紹介しますので、ぜひ参考にして一度聞いてみてください。

スポンサーリンク


辛い時に聴く曲

 

東京の空(小田和正)

 
ドラマの主題歌だった曲です。東京の空とタイトルにあるように、都会に来てあくせく働き続け、東京の空を見上げてふと我に返るような歌。

自分が何のために頑張っていたのか、昔の自分と今の自分は成長しているだろうかと自問自答するような歌詞が流れます。

そんな歌詞を自分とも当てはめて、改めて自分の心と向き合うような流れになっています。

忙しい毎日の中、いつしか辛い事で頭がいっぱいになってしまった時、一度立ち止まって自分と見つめ合う時間をくれる曲です。

仕事で辛い事がが会った時でも昔よりは出来ているじゃないかと見直せたり、自分で自分をいたわる事が出来る局長になっています。

何よりも一番は小田和正の綺麗な歌声が心を癒してくれます。   
 

世界でいちばん頑張ってる君に(HARCO)

 
スズキアルトのCMでスマッシュヒットした曲です。

一度聴くと耳に残るフレーズが続きます。「僕はみてるよ」といったフレーズがなだらかな曲調で流れ、聴いていると見守られているような、頑張ってるねと認めてもらえるような気にさせてくれます。

こんなに頑張っているのに誰も認めてくれない、頑張りすぎて辛い時などに聴くと、この歌が励ましてくれます。

誰かに褒められたい、誰かに認められたい時、この歌は寄り添ってくれます。タイトルの通り、世界でいちばん頑張っているかもしれない人のために作られたような曲。

柔らかな声と曲が、固くなっていた心をゆっくりとを緩めてくれる曲です。

スポンサーリンク


痛いよ(清竜人)

 
恋愛の時、誰もが感じた痛みを思い出させるような歌です。歌詞がお話のような流れで歌われていき、辛い時、特に失恋や恋で悩んで辛い人には自分の境遇と重ね合わせて涙を 誘います。

恋愛だけでなく心に痛みを抱えて傷ついてしまった時に、傷ついているのは自分だけじゃないんだとも思わしてくれます。

歌を聞くにつれ、チクチクとした痛みを感じますが、逃げていた自分の傷や痛みを感じて改めて自分が辛いんだと改めて気づかせてくれます。

少し荒療治の様な感じに聞こえますが、元気づけるというよりも、辛い時に一緒に辛い気持ちになってくれるような、泣きたい時に泣かせてくれる曲です。

この曲を聞いて曲と一緒に落ち込んで、聴いた後はスッキリとした感情がやってくる、そんな曲です。
 

I’ll be(ミスターチルドレン)

 
この曲は、名波選手が海外で活躍するために日本を離れるときに送った曲だといわれています。先日もテレビで二人出演していてその仲の良さがわかりましたが。

名波選手が海外で初めてでた試合で、何の前触れもなく、この曲がスタンドから聞こえてきたときはやはり、すごく感動し、頑張ろうという気持ちになったといいます。

特に辛いときに前向きになれる歌詞があります。それは何度へましたっていいさ 起死回生で毎日がレボリューションというところですね。
 

グロリアスレボリューション(バンプオブチキン)

 
藤原さんのハスキーな声と歌詞が何ともうまくマッチしているこの曲ですが、まず、題名が辛くても頑張ろうと思える感じですね。成長しながら革命を起こすんだっていう訳になるでしょうか。

曲もアップテンポなので、一緒に口ずさんでいたら、暗い気持ちでいてもどんどん明るくならざるをえないような、最終的には飛び跳ねてテンションを高くできるようなそんな曲です。

歌詞は弱さから逃げようとしている自分に気づかされるだろうけれど、それは自分が作った価値観、そういう価値観をすべて自分が受け入れることで成長していこうぜ、といった感じの歌詞です。

スポンサーリンク


愛してる(中島美嘉)

 
こちらは恋愛の時に辛い思いをしたときに聞きたくなる曲です。

とっても幸せな時に聞くのもいいのですが、好きだけど言えない、辛い片思いをしてる時にも効果的です。

思ってるだけで言えないときに、この曲を聴きながら口ずさんでいると幸せな気持ちになってくるのですが、おそらく、片思い中は自分も誰かに愛されたいと思いながらなかなか愛されてないんですね。

初めはそれでもいいんですが、だんだん寂しくて辛くなってくる。その気持ちを自分で慰めてあげられるそんな曲です。

曲はスローテンポで、初めから最後まで「愛してる」を連呼しているのですが、誰にも言えない思いを代弁してくれているかのようなそんな曲です。
 

負けないで(ZARD)

 
何かに挫折しそうになったときや逃げたくなったときに、負けないでと励ましてくれ、勇気をもらい前向きになります。曲調も明るくポップで元気になります。

ZARDの歌声がすごく透明感があり暗くなっていた気持ちが明るくなります。自分も色々な人に応援し支えられているということを思いださせてくれます。どんな辛いことにも負けたくないという思いになります。

どんな夢だって諦めな開ければ必ず叶うんだという気持ちになります。不安になったときはこの曲を聴けばひとりじゃないと気づきどんな不安も忘れられます。
 

ガッツだぜ(ウルフルズ)

 
とにかく明るく嫌なことを忘れてしまうくらいパワフルな曲です。聴いていると自然に体が動き出してしまいます。

とにかくノリがよくサビのガッツだぜは誰もがつい口ずさんでしまいます。ウルフルズの演奏するパワフルなファンクビートが芯に響き沈んだ心を浮かび上がらせます。

トータス松本のソウルフルなボーカルが力強く背中を押してくれます。努力や根性といった古臭い言葉も前向きに捉えとにかく頑張るんだ、努力と根性だという気持ちになり体中に力がみなぎります。

何かに躊躇しネガティブな気持ちになっていてもとにかくトライという気持ちになり何事にも挑戦できるチャレンジスピリッツが湧いてきます。

スポンサーリンク


それが大事(大事MANブラザーズバンド)

 

何度も繰り返されるサビのフレーズが負けそうな時、逃げたくなったとき、投げ出したくなった時、ダメになりそうな時に一番大事なものに気づかせてくれる。

自分の信じているものを信じ抜くことが大事だということに気づき諦めない勇気をもらえます。

明るく前向きでポジティブなメッセージは聴く者にすごい勇気を与えとてもポジティブな気持ちになります。

テンポもよくノリが良い曲なので辛い気持ちを吹き飛ばしてくれます。

どんな辛いこともいつまでも続くことはないんだ、止まない雨はないんだということに気づき

自然に辛い気持ちがなくなります。

 

辛い時に聴く曲を見つけよう

 

いかがでしょうか。

もしかしたらよく知らない曲もあったかもしれませんね。

しかし曲というのは巡り合いです。

いつも同じ曲を聴くのもいいのですが、

これをきっかけに上記にある曲を聞いてみることをおすすめします。

きっと、あなたが辛い時に聴く曲に出会えるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク