存在感がない人の6つの特徴と解決方法とは?

あなたは存在感がある人ですか?

それともない人ですか?

おそらく、存在感があると思っている人は、このような記事にたどり着かないはずです。

つまり、あなたは存在感がないことを少なからず気にしている。

ですよね?

そんなあなたがまず知らなければいけないことは、存在感がない人とはいったいどんな人なのかを理解すること。

そして次に存在感を出す方法を知ることです。

このたった2つを知ることで、あなたの人生は劇的に変化することでしょう。

そこで今回は存在感がない人の特徴と存在感を出す方法についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後まで御覧ください。

スポンサーリンク


存在感がない人の特徴

 

自己表現をあまりしない

 

存在感のない人は、自分の意見を主張したり、自分の感情を表に出したりして自己表現をすることがあまりないです。

当然、目立つ人は逆のことをします。

自己表現をあまりしないので、「何を考えているのかわからない人」や、「暗い人」に見えます。

自分の意見や気持ちをどんどん周りに言っていく人は、だれからも注目をされて存在感がある人でしょう。

存在感がない人の周りに注目されている人がいればいるほど、ますます存在感が薄くなります。

例えば、10人の中で9人が自己表現をする存在感のある人だったとして、一人だけはそうでなかった場合、「あれ?この人いたの?」というふうに言われてしまったりするのです。

存在感のない人でも、少しでも相手の話に相槌をうったり、笑ってみたりして、うまく聞き役のような人になれば、存在感が出てきます。

あいづちさえもしない、笑いもしない、ただそこにいて周りを傍観しているだけ、というような人は、大勢の人の中でそこに姿はあっても周りはほとんど注目してくれないでしょう。

周りにうまくなじめない人も存在感がなくなってしまいがちです。

 

目立たない場所にいる

 

前に前に出ていく、というのが苦手な性格のためか、目立つことを極力避けようとするので、ますます存在感がない人になってしまいます。

目立つことを極端に嫌う人は、何か自分にコンプレックスを抱えているということが考えられます。

もともと目立つことが好きな人でも、なんらかの理由で目立つのが恐くなるということもあります。

例えば、人前でしゃべってバカにされた、プレゼンテーションで失敗してうまくしゃべれなかった、など嫌な経験をした人などです。

そんな人は目立たないような場所を探して注目されないように行動するでしょう。

また、もともと目立つようなところに出ることが恥ずかしい、人前に出るのがこわい、という人もいます。

経験不足だからということもありますし、対人恐怖症のような神経症状がある場合もあるでしょう。

そんな人は、みんなで写真を撮るときも目立たない端っこにいます。

レストランなどで食事をするときも、なるべく隅っこのほうの席に座ります。

だれかに会うのが嫌なために、街中などに出かけるのはあまり好きではありません。
静かな場所を好みます。

スポンサーリンク


注目されるような容姿ではない

 

目立つ人は、美人であったり、カッコよかったり、特徴的な外見をしているのでとても存在感があります。

でも存在感がない人は、これといって印象に残るような容姿ではないことが多いでしょう。

美人というわけでもないけどブサイクというわけでもない、ファッションもとくに目立つようなものではなく普通、ということが多いかもしれません。

あまりにも普通すぎて、周りに覚えてもらいづらいのです。

2回目に会ったのに、「以前会ったことがありましたっけ?」などと言われてしまうのも際立った特徴がないために存在感がないからです。

そんな人が、突然個性的なヘアスタイルやファッションで登場したらいきなり目立つ人、存在感のある人になれるでしょう。

中には、美人の人でもわざと地味目なファッションをして注目されないようにしている人もいます。

美人は注目されやすいのは良いことですが、注目されすぎて悩んでいる人もいるのです。

普通にしていてもなかなか名前や顔を覚えてもらえない、注目されないという人は、自分の容姿に特徴がないことも原因の一つだと考えてみてもいいでしょう。

 

声が小さい

 

存在感のない人は、声が小さいことが多いです。

ボソボソと喋っていて何を言っているのか分かりにくかったり、声を発しても誰にも気づいてもらえなかったり。

大勢の人が集まる場所では「あれ?いたの」などと言われてしまう始末。

声が小さいということは、存在感のなさに直結してしまうことも多いのです。

声の小さい人には大きく分けて3パターンがあります。

1つ目は、自信がない人。

自分の発言に自信が持てないので、自然と声が小さくなってしまいます。

目立ちたくなくて、わざと小さな声で話す人も多くいます。

2つ目は、元気がない人。

疲れていたり病気だったりすると、身体が大きな声を発せない状態である場合があります。

3つ目は、やる気がない人。

そもそも声を出そうという意志がない場合です。

周囲の人からよい印象を持たれることは少ないでしょう。

では、反対に存在感がある人というのは、どのような声の持ち主でしょうか。

単純に声が大きい人もいれば、それほど声自体は大きくなくてもよく通る声であることが多いです。

大勢の人がいる場でも、離れたところからでも、すぐにその存在を確認することができる「声」の持ち主は、存在感を感じさせる上で非常に大きなアドバンテージがあるといえるでしょう。

【関連記事】

スポンサーリンク


常に受け身

 

常に受け身な人は、存在感がない場合が多いです。

提案をすることが一切ない、いつも誰かに同調するなど、自ら周囲に影響を与えることがほとんどないという人がいます。

そのような人は「流されやすく、影響力のない、いてもいなくても変わらない人」という評価を得ることになってしまいかねません。

それでは少し寂しいですよね。

たしかに、 人から誘われるのを待っているだけ、人についていくだけというのは、ラクです。

労力はかかりませんし、誰かから批判されたりすることもありません。

しかし、常に受け身というのはノーリスク・ノーリターンであるとも言えます。

自分の興味関心を追求しにくいのはもちろんのこと、リーダーシップは身につきませんし、周りの人から特別頼られるということもないのです。

人間、時には攻めていくことも必要です。

自分の得意分野だけでも構いません。

常に受け身でいることは辞め、何かを自分から発信してみることが大切です。

見てくれる人は必ずいます。

それを積み重ねていくことで、周囲からの注目が集まるようになり、存在感も出てくることでしょう。

【関連記事】

スポンサーリンク


キャラクターが立っていない

 

集団なのかで存在感を出したいときに、キャラクターが立っていないとのは致命的です。

「キャラクターが立っていない」というのは、その人の個性が認識されず、周囲も扱いに困ってしまうという状態です。

当たり障りのない言動ばかりしていたり、どっちつかずでふわふわ浮いたような態度をとっていると、キャラクターが立っていない状態に陥りがちです。

明るく人を笑わせる陽気なキャラクター、頼れるリーダーキャラなど、目立つキャラクターの持ち主は、いうまでもなく存在感があります。

しかし、そうでなくても存在感が出ているキャラクターの持ち主もたくさんいます。

例えば、「天然キャラ」で、普段は大人しいのに、たまにとんでもないことをしでかす人がいたら、その存在は皆の記憶に残ります。

また、「毒舌キャラ」で、小さい声でも、皮肉がきいたうまいことを言って、独特な存在感を出せている人もよくいます。

このように、キャラクターさえ立っていれば、正攻法ではないかもしれませんが、「いろんな意味で」存在感のある人にはなることができます。

とはいえ、自身の存在を際立たせたいあまりに犯罪者になってしまうなど、極端な行為に走るのは辞めましょう。

なるべく良いことで、自分の存在を認めてもらいたいものです。

 

存在感がない悩みの解消法

 

誰にでも話しかける

 

誰にでも話しかけるようにすると、全体の中で存在感がなくても、話しかけられた相手は、少なくともあなたのことを覚えてくれます。

初めは顔まで覚えてもらえなくて「女の人に話しかけられたなぁ」程度の認識かもしれません。

そして短い会話の中でも、何かしら自分との共通点を探すようにしましょう。

同じ持ち物を持っている、出身地に知り合いがいる、同じ食べ物が好きなど些細なことで大丈夫です。

「私も○○持ってます」とか「私の祖母も○○出身です」等を、さらっと会話の中に取り入れます。

その後は、たまに相手と同じ行動をします。全く同じ動作をいつもしていたら気持ち悪いので気をつけて下さい。

例えば、手を組んでいたら、自分も組むとか、「今日は電車に乗っていたら、混んでいてー」と話していれば「電車に乗っていたら混んでたんですね」と言ってから会話を始めます。

これはミラーリング効果といって、自分と同じ動作をした人間には、無意識に好意や親近感を持ちやすいという心理学のテクニックを利用するのです。

うまく行けば「なんとなく話したことがある人」から、「○○さん」と親近感を持って話しかけられるようになります。
 
これを何人かに繰り返していけば、一人ひとりがあなたのことをちゃんと認識してくれるので、存在感がないなんて言われなくなります。

スポンサーリンク


何か「ウリ」になる特徴を持つ

 

存在感がないということは、特徴がないともいえます。

そこで、オススメするのは、何かしら役に立つような知識や、特技を身につけることです。

例えば、ペン字の講座をこっそり受講して、文字をキレイに書けるようになれば、宛名書きの際などに重宝される「字のキレイな人」として覚えてもらえます。

パソコンが得意や計算が得意、何でもいいです。

「今日来てたっけ?」から「あの字のキレイな人に頼もう」と探してもらえる人にランクアップできます。

私は特技などないし、資格の勉強も苦手という場合は、風邪薬やばんそこう、ノド飴や裁縫道具など、ちょっとした便利グッズを持ち歩くようにしましょう。

どうしてもノドの調子が悪い時や、ボタンが取れて困ったときに助けてあげると、ピンチの時に助けてくれた人として覚えてもらえます。

人は助けてもらった人のことは、なかなか忘れません。それに「困った時は○○さん」として覚えてもらえます。

あとは、目に見える持ち物に特徴を持たせるのも重要です。

スマホケースやお財布、バッグなど、他人の目に付きやすい物に、覚えやすい特徴の物を選ぶのです。

普通のブランドのお財布よりは、同じブランドであっても限定品で柄に特徴がある物を選ぶのがオススメです。

派手であることよりも、パッと見たときに覚えてもらいやすいことが重要です。

アニマルプリントやバイカラー、キャラクター物なんかもオススメです。

それを変えることなく、ずっと持ち続けていると、「バッグにいつも○○をつけている人」と覚えてもらえます。

スポンサーリンク


話しかけやすい雰囲気を作っておく

 

存在感がないと、1日の中であまり会話をすることもありません。

あまり会話をしないと、顔の筋肉は固まり、口角も下がってきます。

そうなってくると、何もしていない時の表情が「暗い、怖い」印象を持たれやすくなってしまいます。

せっかく話しかけようと思っていても、そんな表情の人にはしゃべりかけにくいですよね。

そこで、大切なのは常日頃から話しかけやすい雰囲気を作っておくことです。

最も大事なのは表情です。

自宅で発声練習や鏡の前で色々な表情をする練習をしてみて下さい。

目を見開いてすごく驚いた顔、お腹から声を出して満面の笑顔、最近自分がしてないなぁと感じる顔をしてみて下さい。

「ウイスキー」と目を細めて、口角を上げるのを意識しながら繰り返し言うのもいいです。

表情の練習が習慣になってきたら、次は清潔感のある身なりかどうかチェックしましょう。

表情も需要ですが、清潔感のない人間には誰も話しかけてくれません。

美容院に定期的に行くこと、服装が汚れたり、シワになっていないか、口臭のチェックなども合わせてチェックしてみましょう。

話しかけやすい雰囲気を作っておけば、ちょっとした相談事や、日常会話の輪に入りやすくなります。

自分ではなかなか気付けませんが、何も意識していない素の顔が怖い人って結構います。

自宅で1人の時に、自分の顔を1時間ぐらい動画で撮ってみると、普段どんな顔をしているのかよくわかるのでオススメです。

鏡で自分の顔を見ているときは、意識をして「いい顔」を作っています。

でも、他人が話しかけるときは無意識の素の顔の状態です。

「素の顔」の状態で、どこまで印象良くいられるかは、とても重要なことです。

よく話しかけられるようになれば「存在感がない」なんて、思われなくなります。

スポンサーリンク


存在感がある人の真似をする

 

存在感がない悩みの解消法として、存在感がある人の真似をするということがあるものです。

存在感がある人というのは見た目が美しかったりかっこよかったりすることがあるでしょう。

そういった見た目でわかりやすい魅力があると存在感というのが増すものです。

ですからその人のセンスやイメージなどを真似してみると良いでしょう。

話し方やコミュニケ―ション能力といった中身での存在感であればなかなか簡単に真似することができませんから訓練するようなことが必要ですが、見た目でわかることであれば真似するのは簡単なことでもあります。

ですが、存在感のある人というのはもともと内側から出てくるオーラみたいなものもあるものです。

ですからそのオーラがどこから出ているものなのか、何なのかを知る、突き止めることというのも大事になります。

本当は内側の性格や能力に魅力があるのに、服や髪型ばかりを真似しても意味がないでしょう。

なので存在感のある人の真似をするにも、何が存在感があるように見せているのかを自分で研究してみるということが必要になってくるでしょう。

【関連記事】

 

できるだけ人の手助けをするようにする

 

存在感がない悩みの解消法として、できるだけ自分から人の手助けをするということもあります。

何か目立つことをしたり人と違ったことをするにしても、派手なことだったり単なる目立ちたがりになるようなことであれば人からは目障りだと思われてしまうようなこともあり、記憶に残らないようなこともあるものです。

ですが人の手助けであったり何か人の役に立つことであれば人の記憶に残ることというのもあるものです。

あまりにも手助けばかりしてしまうと都合よく使われてしまうということもあるものですが、ここぞという時や本当に助けてほしい時に助けてくれるような人であれば、存在感のある人になることもできるものです。

また、手助けする時は誰かに言われたからやる、ということではなく自分からやるようにもしましょう。

誰かに言われてやるようなことは自主的ではありませんし、存在感のある人とも見られないものです。

できるだけ人のためになることをやろうとする気持ちはあらゆるところで出てくるものですし、人目置いてみてもらえることも多くなるでしょう。

自主的に行動することが大事です。

スポンサーリンク


会話力を身につける

 

存在感がない悩みの解消法として、会話力を身に着けるようにすると良いでしょう。

特に特徴のない顔立ちの人だと、第一印象も薄く、なかなか人に自分のことを覚えてもらえないということもあるでしょう。

特にパーティーのような場では一定の時間に何人もの人と顔をあわせるようなことも多いため、存在感のない人であれば覚えていてもらえないようなことのほうが多いものです。

ですから会話力で勝負するようにしても良いでしょう。

人との面白い会話というのは自分の脳が覚えていることも多いですし、顔や名前などは憶えてもらえなくても、面白い話ができる人だということで覚えてもらうことができるものです。

会話力のある人というのは退屈な場を面白い場に変えてくれるということで、存在感を見せつけることもできるでしょう。

こうした会話力というのはとても大事なことであるのと同時に、身に着けるのがとても難しくもあるものです。

ですから日ごろからニュースに耳を傾けたり、人が面白いと感じるエンタメの情報なども集めてみると良いでしょう。

また、場にふさわしい話を選ぶ能力も必要になってきます。

【関連記事】

 

存在感がない原因は必ずある

 

いかがでしょうか。

存在感がない人には絶対に原因があります。

あなたもおそらく気づいていることでしょう。

引っ込み思案であったり、コミュニケーションを取るのが苦手だったりと様々です。

しかし、無理をして疲弊しても意味がありません。

そんなときは、存在感がないことを一度受け入れて、自分の能力を高めながら時間をかけながら待つか、今のあなたでも存在感がある人になれる場所を探すかの二択が王道です。

どちらかと言えば、今は存在感がなくても自分の価値を高めるほうが、後々メリットが多いでしょう。

学生のときは目立たなかった存在だけれども、大人になって芸能界に入り、テレビに出るみたいな感じですね。

そういった未来を見越して、努力を重ねることが他の人との違いを出せる秘訣です。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク