ストレスフルな仕事や職場5つ

ストレスフルな仕事に悩まされている人はたくさんいます。

現代社会は何かとストレスに満ちているとは言われますが、格段にストレスに晒されるような仕事内容となることもあります。

そのようなストレスフルな仕事とはどのようなものか。

そこで今回はストレスフルな仕事についてご紹介しますので、ぜひあなたのケースと照らし合わせて見ながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


ストレスフルな仕事とは

 

長時間労働を余儀無くされる

 

仕事は段取りを組んで効率良くこなしたいものです。

けれども全てが自分のペースで事を進めることは難しいものです。

そのような狭間に立たされる時にストレスを感じるものですが、それが常時であると、かなりきついものとなります。

仕事は人から人へとバトンタッチされて進んでいくものが多いわけですが、前工程で時間がかかるために作業に取り組めない状態が続くこともあります。

あるいは後でチェックを受ける必要があるのに担当者か不在で受けることができず、挙句にダメ出しが出てやり直すというようなケースもよく見られるものです。

このような流れの仕事はまさにストレスフルなものと言えます、

 

高い目標を設定される

 

営業職などに多いものですが、設定される目標が自分にとってはかなり高いものであるために、なかなか達成できずにストレスが溜まるというケースも多いものです。

営業の仕事はただでさえ自分の努力がそのまま結果に現れるわけでは無いものですし、さらに結果を出せないことに対して小言を言われ続けたりするようであれば、かなり堪えるものとなります。

仕事というものは達成感を味わうことができれば、それまでどれほど苦労をしても報われるようなものですが、毎月のように目標達成ができずに上司から叱られるようであれば、ストレスも相当に溜まってくることになります。

スポンサーリンク


規則や決め事が多い

 
会社というものは、秩序を保つために規則は必要ですが、それがあまりにも過度に過ぎるとストレスになります。

業務以外の細かいところでルールが定められており、それに従うことを義務付けられているような職場ではかなりストレスが溜まることになります。

そして業務においても決め事や行うべき事が細かく決められているようであれば、本来の仕事に集中できないなどの影響が出ることになってかなりのストレスとなります。
 

意見の食い違いの狭間に立たされる

 
これも営業職に多いものですが、現場作業のスタッフとお客さんとの意見の食い違いの擦り合わせをするような仕事はかなりストレスとなるものです。

お客さんの要望を現場に伝えてみるも、古い職人気質の人がそれはできないと突っぱねるような景色はよくあるものです。

現在は業務効率の向上とともに、これまではそのような職人が行なってきた作業も比較的簡略化されて誰にでも行えるようになってきてはいますが、それでも町工場などでは品質にこだわるあまりにお客さんの意見を聞き入れないようなところも見受けられます。

下請けの工場というよりは、自社の子会社のようなところでよく見られるものです。
 

改善を求めても却下される

 
これも職人気質の例と似ているものですが、昔から業務に携わっている人が現場を仕切っているようなところでは、変革を求めても聞き入れてくれないということがあります。

会社の業績が厳しく、業務の改善を行いたいと思っていても、それを現場が受け入れようとしないケースです。

スポンサーリンク


かといってスタッフを入れ替えてしまうと作業効率が極端に落ちてしまうために、反対しているスタッフを何とか説き伏せて業務改革を行いたいと強く願っているような時には、かなりのストレスとなります。

また、このケースと同じようなものに、上司に振り回される職場というものもかなりのストレスフルな状態となります。

論理的な話が通用せずに、上司のこれまでの経験と感性で指示を受けたり無理な難題を突きつけられたりといったことも、相当にストレスを感じることになります。

また、そのような上司を会社のトップが口を出せずに見て見ぬふりをしているようなところでは、職場全体の士気も下がることとなってしまうわけです。

状況を打破したいと訴えても却下されるようであれば、仕事を続けることはストレスフルな状況に陥るだけといったものとなります。
 

ストレスフルな仕事や職場から解放されよう

 
いかがでしょうか。

仕事でストレスを感じる時というのは大抵、共通するものがあります。

自分の理想とするもの、目指すものと現実のギャップがあまりにも大きい時に、大きなストレスを感じることになるわけです。

もちろん、そのような仕事から別の仕事に簡単に移ることができれば問題がないわけですが、様々な事情によってそう簡単にはいかない場合に、常にストレスを抱えることになるわけです。

状況を自分では何一つ変えることができないと感じる時、また努力の結果に達成感を感じる事ができない場合にもストレスとなるものです。

逆に言えば、少しでも何かしら変えることができると感じれば、目標達成を味わうことができればストレスもその分軽減させることも可能です。

どんなに小さなことでもよいので、自分なりの目標を作って、それを自分で達成できるようなことを考えるのも、ストレスフルな仕事における対処法のひとつと言えます。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク