成功者の習慣6つ

成功者の習慣とはいったいどのようなものかやはり気になるものですよね。

その習慣があるからこそ、その人たちは成功者と呼ばれるようになったのだと考えられるものなので、それを真似して、自分も成功者になりたいと考える人も決して少なくないでしょう。

そこで今回は成功者の習慣をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


成功者の習慣

 

成功者の習慣は何に対しても感謝を欠かさない

 
成功者は、感謝の大切さを誰よりもわかっています。

感謝することによって、自分を取り巻く全てのものがポジティブに変わり、それが結果的に成功を導くのだということをわかっているのです。

自分の人生に関わるもの全てをポジティブなものに変えていくことで、思考も冴え、様々なアイデアも湧いてくるようになります。

また、人に対しても同じです。自分の人生で出会うあらゆる人に感謝の気持ちを持つことで、人とのより良い付き合いが続くということを、成功者は知っています。良い人脈と言うのは人生の宝です。

感謝は、あらゆる物事を幸せな方向に導いてくれます。成功者は、それを何よりも大切にしています。
 

成功者の習慣は思いついたら即行動する

 
良いアイデアやポジティブな思考があったとしても、それを妄想しているだけでは成功することはできません。

自分で動いて形にし、結果を出して、初めて「成功」と呼べるのです。

そのため、成功者は皆、「良い考えが浮かんだら、即行動に移す」という習慣があります。

具体的に動いてみれば、具体的な結果がわかるからです。又、成功者は、「人生において与えられた時間には限りがある」ということも知っています。

だからこそ、妄想で時間を無駄にせず、すぐに動いてみるという習慣を徹底しているのです。もちろん、失敗も数えきれないほどあったはずです。

しかし、失敗を軌道修正するための行動を起こすのもまた、早いのです。

スポンサーリンク


お金を大切に使う

 

本当に成功した人であればあるほど、お金の有り難味を理解し、お金を大切に使います。

「人生は先が長いから、この先何が起こるかわからない」という現実をわかっているため、どんなに成功しても、堅実な生活を心掛けているのです。

なので、びっくりするほど質素である人も、成功者の中には多いのです。

お金を湯水のように使っている人は、一時的に成功したとしても、ほぼ例外なく人生が破綻しています。

一見成功者に見えても、このケースは「不幸な、一時的成功」にすぎす、本当の意味での成功者ではありません。

 

成功者の習慣は繰り返す

 

例えば、毎日、決まった時間に必ず走るとか、決まった時間に本を読むなど、成功している人は繰り返えします。

職種によっては、一日一枚、絵を書き、ブログ等に上げるなど、成功している人は何かと繰り返しているのです。理由は、「繰り返す」ことにより「積み重ねている」ということ。そしてそれが、生活の起点になるということ。

毎朝走るなどは、その時間を決めておくのです。毎朝7:30に10分程走る。そう決めておけば、そこから次は何をして、その次はと考えることができるのです。

これをルーティーンワークといいます。優れた人は、これをやるのです。

また、同じことを繰り返して、その間に違うものを見つけたり、少し違うことをしたりもします。

例によれば、毎日走っていると、違うものが見えたり、今日はちょっと違う道を走ってみたり、そうすることによって、脳に新しい情報が刺激となって蓄えられていくというわけです。

スポンサーリンク


成功の同意及び批判

 
これはよくある自己啓発本に書いてある事柄ではないでしょうか。

例えば、月並みですが「努力は必ず実を結ぶ」という言葉があります。これについて、どう思うのか。

否定するのは間違っていると言えるでしょう。なぜなら、この本の著者はそれで成功しているからです。また、納得する、気づくも間違いです。

この本を読んでいるあなたは著者ではありません。

著者はそれで成功しましたが、あなたが成功するとは限らないですし、それはあなたの考えではありません。ならば、成功する人はどうするのか。

最初は肯定するのです。同じ考えだと。この考えで行けば私は間違いはないんだと。そうすることで自信になるのです。

自信を持てば、次々と行動できることでしょう。しかし、これだけではいけません。もう少し踏み込んで考え、批判することも重要なのです。

一番大切なのは考えること。なぜこの著者はそう言っているのか。例に習えば、「努力は必ず実を結ぶ」これを考えてみる。

これも月並みですが、「努力は必ずしも実を結ばない」かもしれないけれども、そこで考えを止めてはいけません。

なぜ著者は成功したのか。それは「成功するまで努力した」からです。つまりその著者は、成功するまで「努力を習慣にしていた」わけなのです。

そこまで考えて、ようやく、「自己啓発本を使った」と言えるのではないでしょうか。こうして、成功に必要な知識が蓄えられていくというわけです。
 

考えるということ

 
成功する人は考えています。なんだそれはと言われるかもしれません。

「あなたは物事を考えたことがありますか?」という問いにあなたは答えられるでしょうか。

まず、考えるというのはどういうことなのでしょう。人、物、周りの空間、空気、そして時間。生きている上で、必ずぶち当たるであろう問題。それは、人生の作業化です。

人生が作業と化している人間に成功は訪れません。安定を求めるということは、人生を作業と化していると同じであると言えるかもしれません。

気づかないうちにそれは進行してしまっていることも。

そして、現代の社会において、安定や作業化は、むしろ褒められているものです。しかし、成功したいのならばそれではいけないのです。

自分が何をすべきなのかを考え、社会にとって馬鹿であることが求められます。

考える馬鹿ならば、何者にも躓かずに、前を向いて進んでいけます。そうやって、成功に必要な心が構築されていくのです。
 

成功者の習慣は朝が大切

 
いかがでしょうか。

成功者には必ず普通の人がやっていない習慣があるものです。

それは読書だったり、感謝だったり、運動だったりその人によってもちろん異なることでしょう。しかし共通しているのは、その習慣があるからこそ仕事へ生かすことができるという点です。

この点を理解すれば、何でもかんでも成功者の真似をするのでなく、あなたのスイッチが入るものはなんだろうとまずは自己分析することが大切だということがわかることでしょう。

朝型になるのはとても大切なので、最初の段階として早起きを習慣にするものいいかもしれませんね。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク