すぐ怒る上司への対処法9つ

あなたの職場にすぐ怒る上司はいないでしょうか。

感情をむき出しにして怒る上司ほど厄介なものはありませんし、上手な対処法を身につけていないと、仕事を辞めたいと思ってしまう原因にもなります。

では、そんな上司にはどうすればいいのか。

そこで今回はすぐ怒る上司への対処法についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


すぐ怒る上司への対処法

 

メールや書面でやりとりの履歴を残す

 

すぐ怒る上司の原因は様々ですが、多いのが「言った、言わない」の議論です。

こういうすぐ火がつくタイプの人間は頼んでもいないことを「頼んだ」などと平気でいいますので、きちんと証拠を残しておくことが大切。

日報や業務の進捗表などと称して相手と共有できるものを作り、連絡や報告事項を行うようにします。

ここで大切なのは本来の目的を明かさないこと。

つまり「仕事状況をすぐ確認できるように」「
上司はお忙しそうなので負担を減らすように」など相手を立てた発言をしておくことです。

理不尽なことで怒ってきたら「そこに書いてありますが」と繰り返してください。

また怒ってきても、何度か同じことがあると冷静になってくるはずです。

 

相手の逆をつく心理作戦

 

すぐ怒る上司は、「威厳を示したい」という心理的背景があります。

結果を残して威厳を示せよ…と突っ込みたくなりますが、それができないから怒るのです。

そしてこういうタイプは、いつも粗探しをするのが得意です。

自分が上がれない為に、相手を下げようとしているのです。

こういったタイプは天邪鬼が多いので、例えば出て欲しくない会議の時に「上司がいないと話がまとまらないので」などと出席を促してみましょう。

すると「俺がいなくてもまとめてこい」などと言ってきます。

出て欲しい場合は「自分だけで大丈夫なので」と突き放してください。

すると「俺が行く」になります。

子どもか!と言いたくなるほど幼稚な心理ですが、事実なのです。

スポンサーリンク


適当に褒めておき、尊敬している感を出しておく

 

すぐ怒る上司は、できるだけそういった思考回路にさせないようコントロールする必要があります。

面倒くさいですし本意ではないかもしれませんが、ゆくゆくはあなたに、そして社内チームワークに良い結果をもたらすのです。

最も簡単なのは「適当に褒めて、尊敬している雰囲気を出しておく」事です。

気持ちの良いものではありませんが、理不尽に怒られるよりは良いかと思って取り込んでみてください。

適当で良いのです。

できれば部署間でタッグを組んで、皆で適当に褒めてあしらっておき、裏でフフフと笑うくらいでちょうどいいのです。

相手は無能なので、こちらはクールに対応しましょう。

 

どうして怒っているか見極めよう

 

どうして上司が怒っているのか、または自分が怒られているのかを見極めるところから始めましょう。

上司の怒り方にも色々あります。

例えば、わざと皆が見ている前で怒る、個室に読んでから怒る、とにかく皆に怒る、等です。

まず、わざと皆が見ている前で怒る場合、実は怒る事によって上司としての尊厳を保とうと繕っている場合があります。

反対に個室に読んでから怒る場合、これは怒られた人への個人的な理由があると見て間違い無いです。

個人的な理由としては、単純にその人の事が気に食わないか、本当にその人が仕事ができていないのどちらかです。

とにかく怒る場合は、単純に怒るのが癖になっていて、もはやコミュニケーションの一部になっている可能性があります。

スポンサーリンク


賛同してくれる味方を増やす

 

では、これ等の怒り方をそれぞれどのように対処するのか。

先ずは、同じ目にあっている人が周りにいないか確かめて相談しましょう。

お互いに情報を共有するだけでかなり心労が減ります。

そして皆が見ている前で怒る場合は、とにかく上司を褒めたり、おだてたりして上司の尊厳を守ってあげましょう。

勿論、この時も一人でするより、何人かで交互にすれば、お世辞を言う頻度も減って少しは負担が減ります。

個室に呼ばれる場合は、何故怒られているか分析しなければなりません。

なので、この場合は第三者の目で本当に自分が悪いのか確かめてもらいましょう。

 

いっそのことやり返す

 

問題は怒るのが癖になっている場合です。

この場合は、怒るのを止めさせるか、怒られるのに慣れるか、或いは会社を辞めるしかありません。

怒るのを止めさせる場合は、まず上司が自分が怒る事によって部下に辛い思いをさせている事を認識しなくてはなりません。

ではどうやって認識させるのか。

いっそこちらも怒ってしまいましょう。

理不尽な怒りに対しては、ストレスを溜めずに怒り返すのも一つの手です。

そうすると上司はやり返される事によって、自分自身の行動が跳ね返っている事を認識します。

勿論この場合も味方がいたほうが、効果は高まります。

もしそのせいでクビになったとしても、理不尽なストレスで体を壊すよりも正しく抗議した方が後悔の無い人生が送れるはずです。

スポンサーリンク


怒られたときにメモをとるようにする

 

すぐ怒る上司への対処法として、怒られたときにはメモをとるようにすることが有効です。

メモには、怒られた原因や怒った上司が何を言っていたのか、どうすれはよかったのかを書いておきましょう。

そうすることで、次第に上司が怒るときの傾向や対処法などが分かるはずです。

このメモは自分が反省する点を整理することもできますが、それに加えてどのように上司と接するのが一番なのかが分かるようになります。

上司に怒られると誰でも自信をなくしてしまうものです。

怒られたときは落ち込むよりも次に生かすことを考えましょう。

 

必要なこと以外は喋らないようにする

 

上司に怒られるときは、仕事でミスをしたり、ノルマを達成できなかったときが多いはずです。

しかしすぐに怒る上司の場合は怒られる原因はそれだけではないはずです。

その日の上司の気分に左右されることもあるでしょう。

理不尽に怒られることもあるはずです。

すぐ怒る上司はどこで怒りのスイッチが入るか分かりません。

必要なこと以外は話さないようにすることで、上司の怒りのスイッチを押す機会を減らすことも一つの方法です。

しかし、この方法は「上司の話を適当に流す」「上司の話を無視して仕事をする」という意味ではありませんので、注意してくださいね。

スポンサーリンク


別の上司に相談してみる

 

すぐに怒る上司がいるときに、同僚たちに相談したり同僚たちと愚痴を言い合う人もいるかもしれません。

同僚たちと解決策を考えることもあるでしょう。

しかし、相談した同僚たちも上司からみれば部下の一人です。

上司と部下という立場では有効な解決策はなかなか見つからないはずです。

上司についてのことで悩んでいるのであれば、同僚ではなく他の上司に相談してみましょう。

他の上司はすぐ怒る上司に後輩たちが困っているということに気付いていない場合もあります。

そのため、まず他の上司にこれまであったことを説明することから始めてみましょう。

 

すぐ怒る上司への対処法のまとめ

 

  • メールや書面でやりとりの履歴を残す
  • 相手の逆をつく心理作戦
  • 適当に褒めておき、尊敬している感を出しておく
  • どうして怒っているか見極めよう
  • 賛同してくれる味方を増やす
  • いっそのことやり返す
  • 怒られたときにメモをとるようにする
  • 必要なこと以外は喋らないようにする
  • 別の上司に相談してみる

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク