転職のきっかけや理由6つ

転職のきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。

今の職場を変えるということは口でいうには簡単ですが、実際に行動に移すとなるとなかなか大変です。

大変な思いをしてまで、転職をしたというのはやはりそれなりの決意や思いがあったのは想像がつきますよね。

では、どんなことで転職するのが一般的なのか。

そこで今回は転職のきっかけについてご紹介していきますので、ぜひあなたの思いと同じかどうか確認しながら最後までご覧ください。

意外な発見があるかもしれませんよ。

スポンサーリンク


転職のきっかけ

 

転職のきっかけ1 転職を思い立つ一番の要因は給料や待遇面

 
転職のきっかけとなる要因は人どれぞれに違いますが、アンケート調査をもとに見ていると一番多い要因は給料面や待遇に不満を持つことです。

当初想定していたほどの評価が得られない、思った以上に昇給していかなになど給料は仕事のモチベーションにつながりますので、これに不満があると転職を考えるのは当たり前のことです。

ただ1点考えなければならないのは、自己評価が果たして正しい評価なのかということです。

自分では100%出来ているつもりでも、企業側からすれば80%の評価になっているかもしれませんし、企業が求める方向性と違う仕事内容になっている可能性もあるのです。

給料待遇面をきっかけに転職を考えるときには、自分を過剰評価していないかどうか、まず冷静に自己分析をしてみることが必要です。

そのうえで企業内での待遇アップの交渉の余地がない場合は、転職に踏み切ることも一つの方法です。

ただ、転職すれば必ず上手く行くとは限らないことを念頭に置いておく必要があります。

また次の職場でも面接の際に、あまり給料や待遇面緒ことを押し出し過ぎるのは面接官の心象が悪くなるので気をつけましょう。
 

転職のきっかけ2 転職のきっかけとして重要な職場の人間関係

 
転職のきっかけとなる要因の中で2番目に多いのが、職場での人間関係です。

これはどんな職場にもつきものの問題であり、まずは現在の職場で改善の余地があるのかないのかを考えてみましょう。

仕事の考え方として、自分のやるべきことをやるだけだからと考えられる人なら、ある程度人間関係は無視しても仕事自体は出来ます。

ただ自分一人でできることには限界もあり、同僚の手助けが必要となるような場面も多く存在します。

チームワークを重視するような仕事なら尚更人間関係は重要です。

もし配置転換などの処置で解決するなら現職に留まるのも一つの方法です。

しかし、一日の大半を過ごす職場での人間関係は非常に重要です。

下手をするとストレスを抱え込み、精神的にも肉体的にも病気になってしまうこともあります。

そうなっては転職どころの話ではなくなるので、どうにも解決が出来ない場合には早急に次の職場にうつることが大切です。

スポンサーリンク


転職のきっかけ3 給料が上がらず将来性がない

 
仕事は楽しいことばかりではないからこそ、仕事で実績を上げたときには、それに見合った給料をもらいたいというのが人間というものです。

しかし、会社によっては昔からの年功序列がはびこっており、頑張ったわりにお給料がもらえないということも。

このような会社では、頑張っている若手の給料が低いにもかかわらず、窓際族の中堅社員の給料が高いというケースが見受けられるため、もっと自分の実力を正当に評価してもらえる会社に転職するという人が多いです。

 

転職のきっかけ4 うまくコミュニケーションがとれずストレスが多い

 

多くの場合、仕事は、自分ひとりで行うものではありません。

上司、同僚、部下などとのコミュニケーションをしっかりとることで、良い仕事をすることができるのです。

人間関係の悪い職場にいると、コミュニケーションがうまくとれなくなり仕事がうまくできなくなるという事が起こります。

ひどいと心身に影響をきたして、出社できなくなってしまうことも。

このような場合、お給料がすこし下がってもいいから、もっと人間関係のストレスが少ない職場に転職する人は多いです。
 

転職のきっかけ5 他にやりたいことがみつかった

 
今はもう、終身雇用の時代ではありません。

自分の人生をどのように生きるかは、自分が決めることです。

好きな仕事ではないけれど、給料が悪いわけではないので生活のために働いているという人も多くいます。

そんな時、自分の興味をもてる仕事が見つかったら、あなたはどうするでしょうか?

安定のみを求めて現状維持にとどまる人ももちろんいるでしょうが、チャンスを逃したくないという理由で、転職をする人もいます。

貯金をある程度しっかりしておけば、やりたい仕事にチャレンジすることも可能ですからね。

スポンサーリンク


転職のきっかけ6 対応できない転勤や異動命令を言い渡された

 
会社からの転勤や異動に対応できないという理由で転職をする人は多いです。

転勤や異動は、家庭の事情を考慮してもらえる会社もありますが、それだと会社が成り立たないという理由で、暗黙の了解で断れない会社も多いです。

例えば、自宅介護しなければいけない家族がいるのに、遠方への転勤を言い渡された場合などは、新しい会社に転職をするきっかけになります。

子供がいる女性の場合は特にシビアですね。

海外へ転勤と言われても、育児中だと単身赴任も難しいです。

このような場合、勤務地に融通のきく会社に転職することになります。
 

転職のきっかけに男性も女性も20代も20代も関係ない

 
いかがでしょうか。

転職のきっかけには2つのパターンがあり、1つはやりたいことをやるため、夢をかなえるためなどのポジティブなもの。

そしてもう1つが給料が低い、人間関係が悪いなどのネガティブなものです。

転職をする人のほとんどが「ネガティブなこと」がきっかけとなり転職活動し始めます。

今よりも、もっと良い環境で働きたいと思うことは当然ですよね。

ネガティブなことがきっかけだからこそ、パワフルなエネルギーが生まれ、実際に行動に起こすのです。

むしろ、ネガティブな思いを抱えている人はとてもラッキーなことで、実際に転職している人の大半は満足しています。

不満はあるけれども、そこまでじゃないという人は行動しないので、一生ストレスを積もらしながら生きていくので、改善もしないですし、きっかけがないので不幸だと言ってもいいでしょう。

大きな不満やストレスを抱えている人は、そのネガティブな気持ちをエネルギーに変えて、一気に転職したほうがあなたの生活の満足度が一気に変わることにもなりますよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク