転職に成功する人と失敗する人の違い9つ

転職に成功する人と失敗する人にはどのような違いがあるのでしょうか。

それは、もともと持っているスキルの違いもありますが、それ以上に転職への準備やアプローチによって成功と失敗が大きく分かれてしまうものです。

転職を考えるのなら、やはり成功して満足のいく仕事に就きたいですよね。

そこで今回は、転職に成功する人と失敗する人の違いについてご紹介していきますので、ぜひあなたはどちらのタイプか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


転職に成功する人と失敗する人

 

転職に成功する人と失敗する人1 目的があるかないか

 

転職をするにあたって最も重要なものはなんでしょうか。

入念な準備や経験といったものも重要ですが、一番重要なものは「目的」です。

何のための転職なのか、なぜ転職したいのかという目的をはっきりさせておかないと、転職は必ず失敗します。

そもそも目的が無ければどのような結果がでれば転職の成功といえるのかすら不明瞭なわけですから、目的をはっきりさせておくことが転職の第一歩といっても過言ではありません。

自分なりの転職目的をはっきりさせておけば、人から見た評価など関係なく自分の基準で成功か失敗かを判断することができるようになります。

給料が下がり休みがろくに取れない仕事に転職したとしても自分が本当にやってみたい仕事ならその転職は成功といえますが、一流企業に好待遇で転職したとしても給与の高さやステータスに興味が無ければ必ずしも転職が成功したとは言えません。

転職の目的は人それぞれで、とにかく給料が高い仕事に変わりたい人もいれば仕事内容にこだわる人もいます。

重要なのは目的をどのように設定するのかということではなく、目的そのものを明確にしておくことです。

目的も持たずになんとなく転職しても必ず失敗するわけではありませんが、成功したんだと胸を張って言える結果になることはまずありません。

自分が何を望みどうなりたいのかを知ったうえで目的をはっきりさせておくことが、転職の成功と失敗を分けるカギになります。

スポンサーリンク


転職に成功する人と失敗する人2 強みを認識しているか

 

転職で必要なのは、自分という人材が持つ「強み」です。

転職とは自分という商品を売り込むセールス活動でもありますから、相手にこの人材を雇いたいと思わせうだけの強みが無いと成功は難しくなってしまいます。

分かりやすい強みとしては保有している資格や全色での実務経験などですが、その他にもいろいろなものを強みにすることができます。

状況判断力やコミュニケーション力、コンピュータスキルや調整能力など業務で使える能力ならばどんなに小さなものであろうと強みに変えることができます。

自分の強みがどこにあるのかを認識しておかないと、高い能力を有していたとしても相手にアピールすることができず転職は失敗してしまいます。

資格が無くても転職に成功する人というのは、自分が持っている資格以上の強みをきちんと認識したうえで転職活動でアピールしています。

どんな些細なことでも強みに変えることはできるので、自分には何の強みもないと悲観せず自分自身を見直してみて下さい。

 

転職に成功する人と失敗する人3 計画性のなさからの失敗

 

転職に成功する人の多くは、転職して成功する為に前々からきちんとしたプランを立てていることが多いです。

この時期に転職するといったプラン、そしてその仕事の内容等をきっちりと把握できるまで調べたりと、念には念をといった面が見られます。

計画が取れていないタイプの人は、失敗した時のことを念頭に入れていないため、必ず成功するものと思ってあまり下調べをしないもの。

結果的に窮地に追い込まれた時の対応が、成功者と失敗者とでは差が出てしまうのです。

スポンサーリンク


転職に成功する人と失敗する人4 すぐに諦めてしまう人も失敗が多い

 
転職して、何かにつまずいてしまった時や、壁にぶつかってしまった時、毎回転職を考える人は失敗しやすいです。

転職は何度でも出来ますが、ある程度の年齢になったり、回数が多くなると、採用する側の会社からあまり良い評価を得られなくなるもの。

こうした瞬間に耐えることを忘れて、すぐに転職を希望してしまうなど、諦めてしまう性格の人も、失敗が多いのです。

転職する際には、こうした問題が起きたらどう対処するか、転職せずにどう乗り越えるかといったことを考えられるようになることが大切。

自分の中で、転職が次が最後だというくらいの覚悟をもって転職した方が良いでしょう。
 

転職に成功する人と失敗する人5 やりたいことがハッキリとしていない人

 
自分が何をしたいのか、具体的に決まっていない状態で転職してしまうと、大抵の人は失敗してしまいます。

何をしたいと思っているのか、将来どういった立場でありたいのか、こういった人生設計が出来ていないと、仕事自体を好きになることが出来ないのです。

転職に成功する人の特徴は、自分がしたい仕事がハッキリとしている、将来的な目標がきちんと出来ているといったように、転職に何を求めているのか具体的に把握できている人です。

中途半端に違う職を経験したい、給料がもっと良い所にという考えだけで転職しても、結果的にまた同じことの繰り返しになってしまうもの。

自分がこれからどういったことを仕事として毎日関わって行きたいのか、どんな仕事であれば興味を持って頑張っていけるのか、まずはそこから明確にする必要があると言えるでしょう。

スポンサーリンク


転職に成功する人と失敗する人6 退職前にから転職活動

 
転職に成功する人のほとんどは、今働いている職場を辞める前から転職活動を行っています。

会社を退職して無職の期間が長いと、次の会社が決まるまでの間の収入がなくなってしまうので、すぐに働けるように準備をしているのです。

まずは会社の情報収集をして、自分がどういう方向に進みたいのか、じっくり考えてみると良いでしょう。

転職経験のある人から直接アドバイスをもらうことも良いと思います。

仕事の合間に上手く時間を見つけて、転職のチャンスを掴みましょう。
 

転職に成功する人と失敗する人7 履歴書が丁寧

 
転職活動を成功させている人達は字が綺麗な人が多いです。

履歴書をいつもより丁寧に書くことで、他の人達に差をつけられます。

履歴書には面接時に面接官に見てみらう自分と同じくらい価値があります。

一文字一文字しっかりと丁寧な字で書かれている履歴書を見れば、それを書いた人間がどういう人間なのかがすぐに分かるのです。

まずは基本となる部分をしっかりとして、面接に望みましょう。

面接官はしっかりと見ているので、気を引き締めて記入してみましょう。
 

転職に成功する人と失敗する人8 身だしなみがきちんとしている

 
転職に成功している人達は、身だしなみがきちんとしている人達が多いです。

例えば、スーツにきちんとアイロンがかかっていたり、髪をスッキリとまとめて染めていなかったり、基本的なことですが、これから新しい人材を受け入れる企業にとっては、働く人達の人間性がとても重要になってくるのです。

特に面接では身だしなみで第一印象が決まると言って良いくらいなので、企業側に失礼のない格好でいることが必用になります。

会社や企業への誠意だと思って身だしなみに気をつけましょう。

スポンサーリンク


転職に成功する人と失敗する人9 転職サイトに登録している

 
転職を成功するために、転職サイトに登録している人達も多くいます。

転職サイトに登録することによって、さまざまな企業の情報を得られるでしょう。

スマホから簡単に登録できるサイトもありますし、サイトからそのまま求人に応募することも可能です。

この方法であれば、仕事の合間を縫って転職活動をすることができます。

時間のある時に、パソコンやスマホを使って転職サイトに登録してみましょう。

きっとさまざまな企業の情報が得られるでしょう。
 

転職に成功する人と失敗する人の違いを知ろう

 
いかがでしょうか。

転職に成功する人と失敗する人は明確に違います。

ちょっとした振る舞いや心構えで明暗が分かれてしまうのです。

「これぐらいでいいだろう」という気持ちは面接のプロである人から見ればすぐに見透かされてしまうことを忘れていけません。

そしてもっと転職の成功率を上げたいのであればエージェントの力を最大限に利用することが必要不可欠です。

エージェントとは「代理人」という意味で使われる言葉で、スポーツ選手の代わりにエージェントが交渉したりするのもそうですし、私たちが普段使っている希望通りの旅行を手配するのもエージェントです。

つまりこの場合のエージェントはあなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるということ。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率です。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんもエージェントを利用して転職しており、エージェントの活用をおすすめしています。

エージェントの力を利用して満足のいく転職をする方法が一般的になっているのは、効率的な部分やあなたの気持ちの部分から考えても納得できるはずです。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク