手先が器用な人に向いてる仕事9つ

あなたは自分で手先が器用だと感じますか?

手先が器用だと、仕事にも応用が効くものです。

あなたにとって手先が器用だということは当たり前のことかもしれませんが、そうでない人もかなりの数いることを忘れてはいけません。

つまり持って生まれたものを活かす仕事に就くことは、あなたの能力を発揮することにもなり、結果的に将来につながります。

そこで今回は手先が器用な人に向いてる仕事についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


手先が器用な人に向いてる仕事

 

ケーキ屋やパン屋で働こう!

 

手先が器用な人に向いている仕事としては、ケーキ屋さんやパン屋さんで仕事をすると良いでしょう。

実際にケーキを作ったり出来上がったケーキに飾りを付けたりと言う事は小さくてデリケートなケーキを使っての仕事になるので、不器用でおっちょこちょいな人だと綺麗に仕上がらず売り物のケーキを作るはずが失敗ばかりしてしまう事になるでしょう。

手先が器用な人で、作業をスイスイとこなせて行けるような人なら、ケーキの飾りもあっと言う間に綺麗に作れるようになるでしょう。

パン屋さんでの仕事も同じく、パンの成形や、菓子パンや惣菜パンの仕上げの仕事等をするのには、やはりどれだけ手先が器用になるかが問われる仕事となるので、手先が器用な事を十分に発揮出来る仕事になるでしょう。

 

フルーツカービングを教えよう!

 

手先が器用な人に向いている仕事として、東南アジアでよく流行っているフルーツカービングを教える仕事をすると良いでしょう。

フルーツカービングとは果物や野菜、もしくは石鹸等を彫刻して、花の形等にしたりする事を言います。

これはある意味工芸品を作る事になるので、まだあまり日本では馴染みのないフルーツカービングを習い、それを教えるために教室を開いたりすると良いでしょう。

手先が器用で、集中力の有る人ならきっとこの仕事には向いています。

フルーツカービングをまだした事がない場合には、少しの期間習っておけば器用な人なら直ぐに習得出来るはずです。

簡単なデザインの物から徐々に教える事になるので長く教える事が出来て、人気が出て来れば口コミで生徒も増える素敵な仕事になるでしょう。

スポンサーリンク


ネイルアーティストになろう!

 

手先が器用な人に向く仕事としては、ネイルアーティスト等、細かい仕事がこなせるような職に着くと良いでしょう。

ネイルアーティストなら、自分の個性を生かして、手先を上手く使って自分にしか出来ないデザインのネールを作る事が出来るからです。

それだけ個性が発揮出来る仕事になるので、細かい作業や美容系が苦手でなければネイルアーティストの勉強をしたり、資格を取れば手先が器用な人にはぴったりの職業と言えるでしょう。

ネイルアーティストは、不器用な人には全く出来るような仕事では有りません。

あなたの手先の器用さを人が評価してくれる、そんな素敵な仕事です。

 

頭脳も必要だけれど医者は手先の器用さが問われる職業

 

手先が器用な事に加えてもし頭脳明晰であったなら医者が向いているでしょう。

手術で手先が器用であることはその手術を左右します。

縫合などもしますので、患者を危険な目に遭わせてはいけません。

中には顕微鏡などを使って縫合したり、手術するのに細かいメスを用いたりするので手先の器用な人が絶対です。

どんなミスも許されないので手先の器用さで大事な手術が試されます。

勿論頭の良さも要領も勉強も第一に必要な医者という職業ですが、手先の器用さも必要な特性といえます。

縫合の練習や手術の練習も欠かせなく、常に手先の器用さは持っていなければならない職業といえるでしょう。

スポンサーリンク


機械エンジニアは手先の器用さが必要

 

機械など精密な物を扱う機械工場のエンジニアなどは手先が器用でなければ勤まりません。

よく中学校などでハンダゴテをつかって配線をつなげて懐中電灯を作る授業などがありましたが、手先の器用な人は懐中電灯の電灯がつくのです。

ですが手先が不器用で適当につなげて配線した人の懐中電灯は電気がつかないなんてことがクラスの中に多数いませんでしたか?

配線が命の機械などを扱い日々技術を問われるエンジニアは手先が器用なのです。

精密で細かい物の正しい配線、エラーが起きている箇所を発見したり細かい目で見れる特性も持っています。

それを手で直せる技術。

細かい物を扱う職業は手先が器用な人が向いています。

 

ネイリストは細かい芸やセンスが問われるので手先が器用な人が向いている

 

細かい物を扱う職業と言えば、ネイリストもこれにあたります。

小さな爪に細かいアートをして装飾を施すのですから、手先が器用でなければ美しい物はできあがりません。

大きなキャンバスならともかく小さな爪に一本一本丁寧にアートを施すのです。

技術やセンスが問われる職業ですが、手先の器用さがなければやっていられない職業です。

お金をもらっている以上完璧な仕上がりでなくてはならず、お客様はその場にいるので緊張感もあります。

又、お客様と時には話しながらネイルを施すので集中力も必要です。

接客力も手先の器用さも問われる職業と言えます。

スポンサーリンク


手先を使う工場関係がお勧め

 

人よりも手先が器用な人に向いてる仕事は、工場関係の仕事です。

お弁当箱に決められた惣菜を、決められた方向へと綺麗に入れるお仕事があります。

この仕事はなかなか繊細さが必要で、瞬時に流れてくる弁当箱に惣菜を綺麗に入れることが求められます。

おにぎりの中に決められた量の具を綺麗に入れる惣菜の工場など、実に色々な食べ物を扱った工場があります。

また、座って仕事がしたい時には、コンピューターなどの精密機械の中に小さな部品を取り付ける工場などがお勧めです。

この工場ではピンセットや専用の道具を使い、しっかりと、確実に部品をセッティングすることが大事です。

向きなども間違いがないように取り付けることが求められます。

 

スーパーやコンビニのレジ打ち

 

人よりも手先が器用な人に向いてる仕事は、レジ打ちです。

コンビニやスーパーなどでは商品を買う人がレジに並びますが、その商品を機械で読み込んで値段を確認します。

でも、中には読めないものもありますから、そんな時には指で値段を入力することが求められます。

また、カゴからカゴへと綺麗に移動し、並べるのも求められる仕事です。

お客様が不快に思わないように重たいものは下に、軽いものはきちんと上にのせて入れるのです。

人に見られたくない女性用の生理用品などは別に紙袋に入れてテープをするのも手先の器用な人にピッタリです。

スポンサーリンク


自分なりの文章を書くライター

 

手先が器用な人に向いている仕事は、ライターです。

自分なりの文章を書くことが好きという人には、パソコンのキーボードを打ちながら文章を仕上げていくライターがピッタリです。

一文字、一文字を指先を頼りに打っていくのですが、まるでピアノを弾いているかのように慣れればサクサクっと打てます。

1日にかなり稼ぎたい人は7時間から9時間程度はしっかりとパソコンに向き合い、数をこなさなければなりません。

でも、手先が器用な人なら、とても滑らかに楽しくキーボードを打つことができますから、音楽でも流しながら楽しくできます。

また、シナリオライターやコラムニストなどを目指せば、もっとお金を稼ぐことが出来るようになります。

 

手先が器用な人に向いてる仕事のまとめ

 

  • ケーキ屋やパン屋で働こう!
  • フルーツカービングを教えよう!
  • ネイルアーティストになろう!
  • 頭脳も必要だけれど医者は手先の器用さが問われる職業
  • 機械エンジニアは手先の器用さが必要
  • ネイリストは細かい芸やセンスが問われるので手先が器用な人が向いている
  • 手先を使う工場関係がお勧め
  • スーパーやコンビニのレジ打ち
  • 自分なりの文章を書くライター

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク