仕事を辞めるタイミング9つ

仕事を辞めるタイミングがわからない・・・といった悩みを持っているビジネスマンはたくさんいます。

そのタイミングを間違えると、本来もらえるはずのお金がもらえなかったり、あとで何か言われそうだったりするのは少し嫌ですよね。

ではどのタイミングで辞めるのが最低なのでしょうか。

そこで今回は仕事を辞めるタイミングをご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


仕事を辞めるタイミング

 

転職先に困らない時期を選ぶ

 

仕事を辞めたいと思っても、求人が多い時期と少ない時期があるので、次の仕事に困らないようにするためにも求人が多い時期を選んで現在の仕事を辞めるといいでしょう。

ネットの求人サイトやハローワークを良くチェックしていると、求人の多い時期というのも掴むことができます。

また、ボーナスをもらってから辞めようと考える人も多いので、ボーナスをもらう時期であったり、年度末は仕事のキリもいいので、そういった仕事の都合のいい時に辞めるのも好都合です。

引き継ぎの人が困らない時期と、自分の次の仕事に影響しない時をうまく選ぶといいでしょう。

     

自分の生活環境が安定している時

 

仕事を辞めると、今まで乗っていた通勤電車を利用しなくなったり、朝も起床時間が遅くなるなど、自分の生活環境も大きく変わります。

ですから精神的に落ち着かなくなったり将来に不安を感じるようなことも多くなります。

なので、仕事を辞めてもバランスをとっていけるように、自分の生活環境が安定している時に仕事を辞めると最適でしょう。

失恋してばかりであったり、悩み事が多い時に仕事を辞めるとスッキリすることも多いですが、集中したり気がまぎれることも少なくなるので、できるだけ精神的に元気な時に仕事を辞めるといいでしょう。

スポンサーリンク


自分でよくやったと思えた時

 

仕事を辞める時というのは、仕事から解放されてホッとする気分も多いものの、辞めてしまって後悔しないかということも思うものです。

ですから、自分自身良くやった、良く頑張ってきたと思えるようになってから辞めるといいでしょう。

中途半端なまま辞められても会社としても迷惑ですし、自分が成長していないままであれば、転職するときも困難です。

自分でよくやったと思うことができれば、次の転職先となる仕事場での面接でも堂々と前職の事を語ることができますし、チャレンジしようとする自分の意欲にもつながるでしょう。

 

ボーナスの支給がされた後

 

仕事を辞めるときのタイミングとして一番多いのは、実はこのタイミングです。

以前から退職を考えている方は、最初の目安として次のボーナスが支給された後に、と考えています。

ボーナスの査定はこれまでの評価に対してですので、支給後のことは気にする必要はありません。

むしろ、支給後に退職するのであれば査定後に、速やかに上司に退職の意思を伝えておくべきです。

ボーナス査定にかからない時期に退職をしてしまうと、それまでの数ヶ月間の評価が収入につながりません。

お金は大切です。例え数ヶ月でも収入として差が出てしまいますから、タイミングは見計らった方が得です。

スポンサーリンク


人事異動確定前に辞める

 

仕事を辞めるときのタイミングとして注意しなければいけないのは、自分の退職によって人事異動や組織に影響が出ないようにすることです。

退職をするのですから、その分のマンパワーがなくなるわけですし、パワーバランスにも偏りが出てしまいます。

事前に退職を伝えておけば、人事異動の際に自分の退職でできる穴を埋めてもらえるような人員配置をしてもらえますから、

残されたチームのメンバーや同僚にも迷惑をかけません。

仕事を辞めることで周囲の負担にならないよう、最小限の影響でおさめるべきです。

 

同僚が退職するタイミングを見計らって辞める

 

同僚の退職のウワサを耳にすることもあるでしょう。

そのようなタイミングを自分の仕事を辞めるときのタイミングとしてとらえることもできます。

ひとつは、同僚と同じタイミングで仕事を辞める方法があります。

これは社内でも、仕事を辞めることになっても大きな影響がない場合なら、返って退職しやすいタイミングです。

もうひとつは、同僚の退職のタイミングとずらして退職する方法です。

他にも退職する方もいるでしょうから、合間を縫って退職するのも良い方法です。

一度に大量に退職するような形になりませんから、組織にも影響が出ることはありません。

スポンサーリンク


組織変更があったとき

 

会社組織が大幅に変わる時が、まさに仕事を辞める時の大きなきっかけです。

組織が変更になる事で、組織のメンバーや上司、仕事の内容など、様々な変化があります。

この変化に乗じて仕事をやめるのです。

それまで続いてきた日常の環境の中で仕事を辞める決断をする事は、かなり勇気が必要です。

組織にも少なからず愛着があるでしょうし、それまで担当してきた仕事を中断する事で、後味の良くない辞め方になるとも限りません。

組織が変更になる事は、それまで続いてきた日常の環境に変化をもたらします。

変化が起こる事で、担当業務や人間関係にも区切りがつき易くなります。

この時が仕事を辞める絶好のタイミングです。

 

知人などから誘いを受けたとき

 

自身の友人や知人などから、仕事の誘いを受けた時も、仕事を辞めるタイミングです。

誘いを受けたという事は、自分自身が少なからず必要とされているという事です。

通常会社を転職するという事は、新たな可能性を見出すチャンスである一方で、自分の居場所や良い人間関係が築けるかどうか、といった不安もあります。

仕事の誘いを受けて自分が必要とされているタイミングは、まさにこの不安を払拭します。

リスクの少ない状態で新たな可能性を見出すチャンスが生まれる、知人などからの誘いも、仕事を辞めるタイミングです。

スポンサーリンク


自分のタイミングで辞める

 

仕事を辞めるタイミングを、現在勤めている会社の状況を見て決める場合、時期を逸してしまうケースがあります。

ようやく仕事をやめるきっかけが見つかったと思ったところが、新たな活躍の場がみつからなかったり、社会的に景気が悪化し、そもそも転職を望める環境でなかったりといったケースがこれにあたります。

そこで、仕事をやめるきっかけを会社の状況に関係なく、自分のタイミングで辞めるということも、ひとつのタイミングになりえるのです。

もちろん新たな活躍の場であったり、自分自身が次のステップに進むためのきっかけがあってこそのタイミングになりますが、その時は今の仕事のタイミングは別に考えて、自分にとっての良いタイミングで仕事を辞めるという選択肢も考えておきましょう。

 

仕事を辞めるタイミングはたくさんある

 

いかがでしょうか。

いざ仕事を辞めようとしてもそのタイミングがつかめずにダラダラと続けてしまうこともよくある話ですよね。

しかしそれではいつまでたっても仕事を辞めることはできません。

こうして見ていると、仕事を辞めるタイミングというのはいくらでもあることがわかるはずです。

これは何も長年続けてきた人だけに有効なものではなく、新卒の人であっても、女性であっても問題ありません。

また女性であれば結婚した時なども辞めるタイミングとしては悪くありません。

そして、新卒の人であればタイミングなんてものは見計らわずに、他にやりたい仕事がある、この仕事は向いてない、と素直に伝えてさっさと辞めてしまいましょう。

そのほうが後々になって後悔することはありません。

つまり、新卒でも、女性でも、ベテランでも基本的には辞めたいと思った時がタイミングだということを覚えておきましょう。

そしてその時期にボーナスなどが近ければ、それらに焦点を当てて、辞めるという流れが最高の流れだと言えるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク