豆腐メンタルを克服する方法7つ

あなたは豆腐メンタルを克服したいと考えていないでしょうか。

常にオドオドして、自分の言いたいことを言えない生活に窮屈を感じていないでしょうか。

メンタルと言うのは、考え方次第で、ある程度コントロールできるものです。

そこで今回は、豆腐メンタルを克服する方法についてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


豆腐メンタルを克服する方法

  • 豆腐メンタルとは
  • 緊張をプラスに考えるようにする
  • 健康な肉体を手に入れるために鍛える
  • 自ら傷つきに行く
  • メンタルが強いのと無神経は違う
  • 荒療治か順応するまで待つかを選択する
  • 自分の意思を大切にする

 

豆腐メンタルとは

ちょっとした悪口を言われただけで、ずっと引きずって気分がふさぎこんでしまいます
挙句に、他人の会話の悪口や笑い声は全て自分の事を言ってると思ってしまうほどです

 

このように、ちょっとしたことで心が傷ついてしまうような状態を豆腐メンタルと言われることが多いです。

「まるで豆腐みたいに柔らかいメンタルだな」といった感じですね。

もちろん傷つきやすい人はたくさんいますが、もっとも問題なのはその後のことです。

傷つくことを恐れてしまい、新しい一歩を踏み出すことができなくなってしまったり、周りの目を異常に気にしすぎてしまったりすることは、毎日の生活を辛いものにさせてしまいます。

この状態から抜け出したいと考える人が、豆腐メンタルを克服したいと思うのです。

スポンサーリンク


緊張をプラスに考えるようにする

 

豆腐メンタルの持ち主は、基本的にすぐに緊張します。

それは、相手の目を気にしすぎてしまったり、

相手の期待に応えなければいけないと思い込んでしまうからです。

そして、相手が自分が想像していたリアクションよりも悪かったら、

相当落ち込んでしまいます。

では、こうならないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

それは、その状況を楽しむことです。

言葉で「楽しむ」というのは簡単ですが、あなたもお気づきのとおり、

実践するにはかなり大変です。

しかし、どんな状況であれ、楽しむことができればそれは一生モノのスキルになりますし、

あなただけの武器になります。

なぜなら、たいていの人は楽しむことができないからです。

だからこそ、努力するして身につけておきたいものです。

緊張を楽しむには、とにかく場数をこなしたり、練習を重ねることしかありません。

中途半端な状態は一番緊張を招きます。

イメージトレーニングをむちゃくちゃやったり、誰もが認めるぐらい徹底的に練習をしましょう。

少しずつ自信がついてくるはずです。

スポンサーリンク


健康な肉体を手に入れるために鍛える

元プロボクサーの内藤大助氏がいじめられていたため、いじめっ子たちを見返すためにボクシングを始めた、というのは有名な話ですね。たとえ内藤氏のようにプロボクサーにまで上り詰めることはできなくても、「健全な魂は健全な肉体に宿る」と言われている通り、体を鍛えることはメンタル面にも大きな影響を及ぼします。

まず体を鍛えるためには、何らかの目標が必要です。目標もなく運動に取り組んでも長続きはしないので、運動を続けるためには目標を持たなくてはいけません。その目標に向かって体を動かすことで達成感を味わえ、前向きに運動に取り組むことができます。前向きな気持ちになると精神面にも覇気が出て、メンタルの弱さを克服することにもつながるのです。「病は気から」とも言われる通り、体と心には密接な関係があるのですね。

出典 もう豆腐メンタルなんて言わせない!メンタルの弱さを克服する2つの方法

 

自ら傷つきに行く

 

豆腐メンタルな人は、とにかく傷つくことを恐れています。

もちろん、誰もが傷つきたくはありません。

しかし、不思議なことに今までたくさん傷ついてきた人は、自然と耐性が身につきます。

傷ついたからこそ、自分なりの解釈を得て、次に進んでいるからです。

しかし、傷つかない人は、いつまでたっても同じ考え、同じ状況のままなので、それ以上先へ進むことはありません。

これでは成長しないのも納得できるでしょう。

失敗をすれば必ず次に活きます。

活かそうと思わなくても、いざという時には自然と活きてくるでしょう。

それを頭で理解できれば、上記の緊張を楽しむのと同様に、傷つくことをそこまで怖がらなくなるかもしれませんね。

スポンサーリンク


メンタルが強いのと無神経は違う

豆腐メンタル克服法を教えてください。
自分で考えたのは完全に無表情を作り、心も殺す事。人が死んでも無表情、何も考えない。
逆にどれだけ面白い事があっても笑わない、何も考えない。
こんな感じで良いのでしょうか?

出典 豆腐メンタル克服法を教えてください。

それでは豆腐メンタルが克服する前に誰もあなたのことを相手にしなくなりますので、それは克服法というよりは、他人との関係を切る方法ではないかと思います。人と関わらなければ豆腐メンタルで悩むことはない、という考え方からきているのかもしれませんが、それでは豆腐メンタル自体は全く改善されず、ずっと残ったままではないですか?

むしろ積極的人と関わって場数を踏み、心を馴れさせることなのではないかと思うのですが。

出典 豆腐メンタル克服法を教えてください。
 

荒療治か順応するまで待つかを選択する

人間て意外と適応能力があってさ、どんな過酷な状況になっても
それが続いていくと当たり前になってしまうのよ
だからもっと風当たりのキツイ状況下に身をさらすと結構慣れるのも早くなるよ
つまり荒療治ってやつ

それが嫌なら順応するまで少しずつレベルを変えていく方法もあるね
つまり車のアイドリングや熱い風呂に徐々につかって
身体の調子を上げていくみたいなことなんだよ

それは肉体でも精神でも同じことだからね、鉄は熱いうちに叩けば強くなるでしょ。

出典 どうすれば豆腐メンタルを直す事ができるでしょうか?図太い神経になりたい

スポンサーリンク


自分の意思を大切にする

マジメな人ほど、他人の言葉を真に受けて凹んだりするんだよね。
精神的に強い人って、自分の価値観を持ってるから、他人の意見を受け流せるんだよ。
決して突っぱねたりしてるんじゃなく、『あんたはあんた、俺は俺』的な感じ。
例えば、「お前ってバカだよな」と言われたとして、
『あんたはそう思うかも知れないけど、俺はそんな風に自分のことをバカだと思ってないよ』
と考えられるから、平気なんだよ。
他人の意見より自分の価値観を重視すれば、あれこれ言われても動じなくなるよ。
しょせん他人なんて無責任なことしか言わないんだから、自分の意思を大切にすればいいんだよ。

出典 どうすれば豆腐メンタルを直す事ができるでしょうか?図太い神経になりたい
 

豆腐メンタルを克服するにはどっちにしろ試練が待っている

 
いかがでしょうか。

豆腐メンタルを克服したい、でも傷つきたくはない・・・なんて考えている人は、一生克服することはできません。

人は、傷ついて、失敗して、それを学び、次に活かして、成長する生き物です。

それは私たちが赤ん坊のころから幾度となく繰り返してきたことです。

あなたはいつから、傷つくことをやめてしまいましたか?

少し周りをみてみてください。

あなたと正反対の性格で失敗を恐れずにどんどん行動する人はいませんか?

その人は、あなたのようにちょっとしたことですぐに傷ついてふさぎ込んでいるでしょうか。

そうではありませんよね。

その人も、最初はあなたと同じです。

違うのは、それでも行動するのをやめなかったということ。

これに尽きます。

遅すぎるということは一切ありませんので、豆腐メンタルを克服したいなら、とにかく自分から飛び込むことが必要不可欠ですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク