取り柄がない人の仕事9つ

あなたは自分に取り柄がないと思っていないでしょうか。

取り柄がないとやっぱり自分に自信を持つことができませんし、人間関係も悪化していくものです。

特に仕事に関してはより顕著でしょう。

そんな取り柄のない人は仕事選びの段階で自分に合ったものを選択しなければ、過度なストレス環境の中に放り込まれてしまいます。

では、取り柄のない人はどんな仕事に向いているのか。

またはどのように仕事に取り組めばいいのか。

そこで今回は取り柄がない人の仕事についてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


取り柄がない人の仕事

 

ずっと同じことばかりをしてお金が稼げる工場

 

ほんとに取り柄がない人の仕事は、工場です。

工場なら資格なども必要がなく、ベルトコンベアーにのったお弁当箱におかずを入れていけばいいのです。

とっても簡単で、自分が与えられたものを入れていくだけですから、取り柄がない人にもピッタリです。

部品を組み立てるのも一度覚えれば簡単です。

毎日やっているうちに自然と覚えて、テキパキと多くの部品を組み立てることができるようになります。

数をこなすのがポイントで、どんどんやればその分のお給料もプラスされることもあります。

工場なら高校卒業の人でも使ってくれるのもいいところです。

 

野菜を作って収穫して売る農業の仕事

 

取り柄のない人にぴったりな仕事が、野菜作りです。

野菜を作って売るという仕事は、最初はその野菜を作る方法を人から教えてもらいます。

覚えれば自分で畑を借りて野菜を作り、収穫して売ればいいのです。

収穫の方法も教えてもらえば、テキパキとできるようになります。

野菜の農薬の撒き方なども覚え、売り方などを先輩方から伝授してもらい、自分なりにコツを覚えて野菜を育てることがポイントです。

取り柄がなくても、健康な体があればできるのがこの野菜作りです。

最初はアルバイトから始めて、慣れてきたら本格的に社員として働くといいでしょう。

スポンサーリンク


トイレや床の掃除をする清掃員

 

取り柄のない人にピッタリな仕事が、清掃です。

窓の清掃や床の清掃なら、今では簡単に綺麗に出来る道具やマシーンを使って掃除しますから、初めての人でも綺麗にできます。

最初は簡単な床掃除で腕を磨き、次に窓を掃除する係りになるのもいいでしょう。

トイレ掃除も取り柄のない人にはピッタリです。

便器の磨き方のコツを先輩から教われば、簡単に綺麗にできます。

床や便器の裏側まで、どんどん綺麗にして数をこなします。

トイレットペーパーを補充したり、洗面台を綺麗に洗うのも大切なお仕事です。

ピカピカに磨き、使う人に気持ちよく使ってもらえるようにするのがお仕事です。

 

同じことを繰り返す単純作業

 

取り柄がない人の仕事は、同じことを繰り返す単純作業です。

毎日同じレーンで同じ行動を繰り返す機械作業の仕事であったり、誰でも簡単にできる仕事です。

個性や自分の考えはもちろん、運動神経の良さなども作業にあまり関係ないような仕事が向いているでしょう。

毎日同じことの繰り返しでつまらないと感じる仕事が多いですが、工場の製造ラインや流れ作業では、毎日規則正しく出勤して同じ行動をきちんとこなせる人が求められることが多いので、何も取り柄がないと感じるような人でも十分役立てることもあるでしょう。

スポンサーリンク


夜間の人が少ない仕事

 

取り柄がない人は、昼間の仕事よりも夜間の仕事を選ぶようにすると良いです。

昼間の仕事は来客が多かったり、また人と接する機会も多いものです。

接客業の仕事でなくても、通勤や休憩時間などで人とのコミュニケーションが必要なことも多いので、取り柄がない人であれば気疲れしてしまうことも多いものです。

その点夜間の仕事は眠気と闘いながら仕事をしている人がほとんどなので機敏に動けなくても多めに見てもらえますし、勤務する人も少ないので人に疲れてしまうようなことも少ないでしょう。

気楽にマイペースに仕事ができるという意味でも良いです。

 

期間限定で短期の仕事

 

自分で取り柄がないと思っている人は、自分に自信がない人であることも多いです。

ですから仕事はあまり難しい作業を求められなかったり、知識と教養を必要とされない仕事が良いでしょう。

繁忙期だけの期間限定の仕事や、短期の仕事であれば長く勤めてもらおうと採用する側も考えていないので、特別な特技や資格、取り柄がなくてもできることが多いです。

また、期間限定や決まった短期の間だけだと考えれば、自信がなくても割り切って取り組めることもあるものです。

精神的な面で気楽に働けるというようなこともあるでしょう。

スポンサーリンク


人間関係に耐えられるなら中和剤に徹する

 

これと言って、優れているものもなく、どちらかと言うと、学生時代から、「出来の悪い」「あか抜けない」...そんなカテゴリーに所属してきたタイプの人も多いでしょう。

しかし、目立つタイプだったり、何かが特別秀でていたり、優れていると言ったタイプほど、実際に職場に出ると、トラブルメーカーのもととなる可能性も大きいのです。

そういったタイプの人は、昔やかつての栄光に捉われやすく、自分のプライドが強すぎるため、人間関係では媚も売れず、自分が理不尽に感じることに関してはむきになって、融通の利かない面も目立ってくることも多いでしょう。

そんな中、必要とされるのは、取り柄のない人の方だったりします。

トラブルも生まれやすい人間関係の中、中和剤となり、仕事を円滑に進めることは大きな役割です。

仕事そのものに評価が得られなくとも、「いてほしい存在」として、周囲の人を癒すと、職場での居場所は確保できるのではないでしょうか。

 

とにかく、出来ることをひたむきに頑張る

 

世の中捨てたものではない...なんて、最近はあまり耳にはしない言葉ですが、実際、批判や誹謗中傷の多い現代社会でも、心温まるような話も現実としてはきちんと残っています。

自分自身に取り柄が無く、仕事でも失敗続き、転職の繰り返し、ということがあっても、捨てる神あれば拾う神あり的なことも多く、自分を受け入れてくれる場所もあるはずです。

仕事には敏腕でありながら備えたずるさより、取り柄が無くとも、誠意を感じることにより、必要とされる職場と言うものもあるはずです。

いわゆる「見ている人は見ている」と言った話も、いまどきでも聞くものです。

頑張っていれば、見ている人は見ています。

自分に出来ることからコツコツ頑張れば、適職も見つかるはずですよ。

スポンサーリンク


とにかく笑顔を武器にする

 

「癒し的存在」とはよく言いますが、まさにそれで、職場に1人そういった存在の人がいると、場が和み、人から必要とされる空気感を持っているという評価を受けることもあります。

人間関係の間において、中和剤としている、と言う両立な立場というよりも、自分自身から、笑顔を発信していくような存在と言うのも素敵なことです。

昔、歌手の榊原郁恵さんが、同じ事務所の先輩の和田アキ子さんに「おまえはブスだから笑ってろ」と言われたことがあり、それ以来、そういったことを意識してカメラの前に立ったという話があります。

そして、今のあの方の地位が確立しています。

やはり、笑顔は損が無い印象にさせるものです。

取り柄が無いと感じる人ほど、仕事においても、自分から笑顔を発信して、笑顔を武器にしてみてはいかがでしょうか。

 

取り柄がない人の仕事は厳しい

 

いかがでしょうか。

とりえがない人はやはり希望の仕事に就くことはなかなか難しいものです。

世間一般的には、つらい仕事と言われることが多いでしょう。

しかし、取り柄がない人はそのような仕事しかできません。

それが嫌なら、やはり何らかの能力を身につけて、あなたが希望する仕事につくしかないでしょう。

自分は取り柄がないから…、とあきらめていたらあなたの環境は何も変わることはありません。

人は誰しも、取り柄がない状態でスタートします。

今現在、取り柄がある人は努力を積み重ねてきた結果だといえるでしょう。

今から努力しても、充分間に合うはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク