告げ口する人への6つ対処法とは?

職場などの環境では、常に周りの人と競争を強いられているような場合も少なくありません。

そんな環境では、自分の力を最大限に引き伸ばすことよりも、相手の足を引っ張って、相対的に自分の評価を上げようとする人が出てきます。

つまり、告げ口をして上司や周りからの評判を落とそうとするような人ですね。

告げ口をするような人間は放っておけばいいと考える人もいますが、この些細な積み重ねがいずれ大きなトラブルを招くことも少なくないです。

なので、できることなら早めに対処しておくことが重要になります。

そこで今回はについてご紹介していきますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

また「告げ口する人の心理や特徴」についてもご紹介しているので、一緒に読んでみてください。

スポンサーリンク


告げ口する人への対処法

 

 

悪口や噂話に参加しない

 

人に告げ口されるような内容の会話には参加しないことが一番の自衛に繋がります。

もちろん自分から人の悪口を言ったり、その場にいない人の話をすることも厳禁です。

軽い気持ちで口にしたことであっても、それを別の人から本人に告げられれば必ずといっていいほど人間関係が悪化します。

そういうことを言っていると知った時点で告げ口をする誰かが現れるからです。

いい話や楽しい話というのはその場で完結してしまうことが多いのですが、誰かを貶めたり、悪く言った話は思った以上に広がりを見せますし、高い確率で対象の耳に入ります。

人間関係を良好に保ちつつ告げ口をする人から身を守るためには、自分から餌を与えないことが鉄則です。

たとえ一緒にいる人が誰かの悪口を言い始めたとしても、話を合わせるために同調してはいけません。

速やかにその場を離れるようにしましょう。

もちろん嫌いな人や苦手な人がいて愚痴の一つもこぼしたくなることがあるでしょうが、そうした時に対象を知っている人にぶちまけてしまうのはいけません。

意識をしていなくてもそれが悪口になってしまいますし、こんなことを言っていたと本人に伝わる危険性がある行為は避けたほうが賢明です。

スポンサーリンク


話題を振らずに聞き上手に徹する

 

告げ口をする人に対しては聞き上手に徹しておいて、むやみに告げ口されるような内容を自分から話さないようにすることが大切です。

誰に対してどんなことを伝えられるかわからないという場合には、とにかく聞き手に回るようにして、自分からは話題を振らないようにしましょう。

どう接していいのかわからない、どんなことが告げ口される内容に繋がるのか怖いというのであれば、わざわざ告げ口をしそうな人に対してプライベートな話題を振ったり深刻な話をする必要はありません。

信用できない人と話をする時には誰とでもできる天気や食べ物のことなど留めておいて、表面上だけ仲良くしておくことです。

結局告げ口をする人というのは、誰かが悪いことをしていた、言っていたと他の人に伝えることで対象の評判を貶め、自分の優位を確保したい、気にいらない人が嫌われるように仕向けたいという悪感情からそうすることが多いのです。

そもそも食いつきそうな話題を振らずに聞き役に回ることを心掛けていれば、「この人の話はつまらない」と判断して告げ口できそうなことを探ることをやめてくれます。

 

告げ口をする人と仲良くなっておく

 

告げ口をしそうな人に対して距離を取るのではなく、逆に仲良くなっておくというのも有効な対処法になります。

告げ口を言う人であっても仲良くしてくれている人、好きな人にはわざわざ自分から嫌われる可能性がある行動には出ないので、そうした人から好かれるように日頃から振る舞っておけば、告げ口をする対象から外れます。

人に嫌な思いをさせたいからこその告げ口ですから、そうされない位置にいられれば安全なのです。

こういう人は告げ口をする悪癖で周囲の人から遠巻きにされていたり嫌われていることが多いので、普通の人と接しかたに差をつけないように好意的に振る舞っておくだけでも告げ口の対象外になります。

良好な関係を作れるように努力しておくことで、こちらの言動の粗探しをされなくなるので安心です。

我が強かったり強いコンプレックスを持っていたり、どちらかというと癖が強く付き合いづらいタイプが多いのですが、打ち解けていくことで少しずつ接しかたがわかってきます。

あえて自分から懐に入ってしまい、告げ口されないポジションを確保しておくのも一つの方法です。

スポンサーリンク


「告げ口はやめて」と強く抗議する

 

自分のことを人に告げ口された時の、告げ口をした人への対処法としては、まず「強く抗議する」ということがあげられます。

グループの中のある人に対し、自分に関する悪い情報を告げ口されたとしましょう。

いうまでもなく、不快に感じるに違いありません。

その不快さを黙ったままでいると、告げ口を繰り返されるリスクが高くなります。

告げ口というのは卑怯な行為ですが、そういう卑怯な行為をする人は、気が小さいという傾向があります。

相手が強い人だと弱くなり、相手が弱いと思うと強く出るというところがあるのです。

そのため、おとなしくしていると、舐められて、告げ口を何度もされてしまうことになりかねません。

それを防ぐためには、「あの人は強い人だ。あの人を怒らせると怖い」と思わせるのが一番です。

ですから、自分のことを告げ口されたなら、その告げ口をした人に、直接、強く抗議するようにしましょう。

厳しい表情、強い口調で「告げ口をされて本当に迷惑している。こんなことはもうぜったいにやめてほしい」とアピールするのです。

告げ口というのは多くの場合、軽い気持ちでするものです

軽い気持ちで告げ口をした相手は、あなたが激怒しているのを見て、「大変なことになった」と感じるに違いありません。

そう感じさせれば、もう告げ口されることはないでしょう。

スポンサーリンク


「告げ口はあなた自身にとって損」と諭す

 

自分のことを告げ口した相手が職場の同僚などの場合、そこまで強く出られないこともあるでしょう。

しかし、その場合でも、何らかの反応を見せたほうが、告げ口を繰り返されるリスクは減らせます。

おすすめなのは、告げ口するという行為は自分にとって決し得ではなく、損であることをわからせるという方法。

たとえば、同僚があなたの仕事ぶりなどについて、上司に告げ口したとしましょう。

当然、あなたは上司から注意されます。

上司からのあなたの評価は低下するわけです。

告げ口をする人は、それを狙って上司にその話をしたに違いありません。

しかし、上司からの評価が低下するのは、実はあなただけではないのです。

告げ口を聞いた上司は、その人に対して、「この人は、同僚のことを告げ口するような人間だ」という見方をすることでしょう。

それはつまり、「信用のできない人間だ」という評価につながるわけです。

告げ口をする人は、そこまで考えてません。

考えていないからこそ、告げ口をするわけです。

ですから、そのことを伝えることによって、「上司からの自分に対する評価が下がってしまったかも」という不安な気持ちになることでしょう。

そうなれば、もう告げ口はしなくなるに違いありません。

スポンサーリンク


相手にせず無反応な対応をする

 

自分に関する告げ口ではなく、ほかの人に関する告げ口を聞かされるということもあるでしょう。

そんな場合は相手にしないのが一番です。

誰かの悪い情報を聞かされたなら、「そういう話を聞きたくない。聞かなかったことにするから」と言うのです。

告げ口をする人は、人の悪い情報を流して、告げ口の対象になっている人と、告げ口をした相手との関係を悪くさせようと考えているケースが少なくありません。

二人をもめさせたいと思っているわけです。

ですから「聞かなかったことにする」というような反応をされると、当てが外れて、おもしろくないと感じることでしょう。

張り合いがないのですから、二度と告げ口を言ってくることはなくなるはずです。

また、自分のことを告げ口された場合でも、それにはまったく取り合わないで無視するという対処法もあります。

変な噂を流された場合などは、あえて反応せず、無視してみてはどうでしょうか。

この場合でも告げ口をする人は、当てが外れた気持ちになるに違いありません。

自分のことを告げ口された場合でも、人の告げ口を聞かされた場合でも、あえて反応しなければ、告げ口する人はつまらなく感じるのです。

つまらないことを、繰り返そうという気にはなれないでしょう。

スポンサーリンク


告げ口する人への対処は難しい

 

いかがでしょうか。

告げ口する人というのはその本質は誰かを陥れたい、その人の評価を少しでも下げたいというのが一般的です。

そうなると、その人を改善しようとしてもすでに人間性が出来上がってしまっているケースがほとんどなのでなかなか難しいといえるでしょう。

やはり簡単なのは相手とあまり関わらないこと、どうしても関わってしまうような環境であれば当たり障りのない関係を築くことに注力することです。

直接「嫌だ」と伝えても、それがまたエスカレートしていくきっかけにもなりかねませんので気をつけましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

サラリーマンにおすすめな副業10選

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク