メリハリをつけるコツ6選

あなたはメリハリをつけて仕事や、勉強、生活をすることができているでしょうか。

物事をスムーズにこなすためには、メリハリをつけるということが大切です。

ただだらだらと行っていても、結果的にはうまくいかないでしょう。

そんなメリハリをうまくつけるには、いったいどのようなコツがあるのでしょうか。

そこで今回はメリハリをつけるコツについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


メリハリをつける方法

 

  • 得意なものだけに集中する
  • 遊ぶときはしっかりと遊ぶ
  • 時間を区切る
  • 今日やるべきノルマを把握する
  • 難しいことを簡単なことを交互にやる
  • ちゃんと休憩をとる

 

得意なものだけに集中する

「得意なものと苦手なものに差がありすぎるから、得意なものに特化することが、心身の健康に最も大事だと気づきました」

独立してからは、稼げるときに集中して働き、あとは流す、という働き方を心がける。

出典 多忙でも健康な人のすごい「メリハリ術」

 

判断力を保つため、スキマ時間にも睡眠を取る。食べると眠くなるので、仕事の合間に食事はあまり取らない。

仕事だけでなく休みもメリハリを大事にしている。1カ月休んで海外に行ったこともある。

出典 多忙でも健康な人のすごい「メリハリ術」

スポンサーリンク


遊ぶときはしっかりと遊ぶ

遊びと仕事について考えることは遊びも仕事もどちらも大切だということです。

出典 仕事と遊びのメリハリをつける生活の大切さ

仕事は毎日大変で、でも生活していくためには欠かせない事で人生においても重要な部分なんだと感じていますし
また仕事をしっかりやっているからこそ遊ぶ時にも心置きなく遊べるというのも気分的にも良いものですので
頑張ろうという気持ちになれるんですよね。

出典 仕事と遊びのメリハリをつける生活の大切さ

時間を区切る

 
メリハリをつけるコツとして、一番大切なのは時間をきちんと区切ることであるといえるでしょう。

今日やるべきことだとしても、だらだらとそれを続けていても、決して成果は上がりません。

たとえば仕事でしたら、今日の午前中にこの企画書を完成させる!という風に時間を決めて取り組んでみるのです。

それによって自分の中に時間制限ができて、なんとかその時間内に終わらせようと頑張ることができるでしょう。

そうすることで、午前中は企画書を完成させる、午後は別の仕事という風に、メリハリをつけることができるようになります。

今週中だから、それまでにやればいいか・・・なんて考えていると、ついだらだらとその仕事を続けてしまい、時間ばかりがかかってしまいます。

それでは決してメリハリがあるとは言えないのです。

自分なりに時間を区切り、時間制限を設けることで、仕事やそのほかいろいろなことに対してメリハリがつくようになるでしょう。

スポンサーリンク


今日やるべきノルマを把握する

 
メリハリをつけるためのコツの中に、今日やるべきノルマを把握するということがあります。

時間を決めてやる事を片付けようとしても、実際にやるべきことを把握していないと、どうしてもうまくメリハリはつけれないでしょう。

あれもやらなきゃ、これもできていないということになり、せっかく時間制限を設けて取り組んでも、一日が終わる頃にはこれができていなかったという風に感じてがっくりしてしまうということになりかねません。

それを避けるために、まずは今日自分がやるべきことをしっかりと把握することが大切なのです。

それをきちんと理解することで、どう時間配分をするべきかということが分かります。

そうすれば、自分が立てた計画に沿って、物事をこなしていくことができるのです。

今日やるべきノルマをきちんと把握するということは、メリハリをつけた時間を送るためには、とても大切なことなのです。
 

難しいことを簡単なことを交互にやる

 
メリハリをつけるコツには、取り組む内容に対して集中してこなすということがあります。

ただぼんやりとそのことに取り組んでいても、なかなか終わらすことができず、きっとただ時間だけが過ぎてしまうでしょう。

そうならないためにも、程よく気分を変える必要があります。

今やっていることがどちらかというと手間暇がかかることなら、次に取り組むことは簡単な単純作業にしてみるのです。

そうすることで、難しいことを考えていた頭の中を休めることができますし、全く別のことをするなら、かなり気分も変わるでしょう。

また、デスクワークと体を動かす作業を交互にやるということも大切です。

体を動かす作業を間に入れることによって、適度にリフレッシュすることができるのです。

座っていて縮こまっていた体を伸ばすことができて、頭もすっきりさせることができるでしょう。

そうなれば、この仕事をやるときはやる!という風に、集中してこなすことができるのです。

メリハリをつけるためには、ある程度難しいことと簡単なことを交互にやるということが効果的です。

きっと集中して物事に取り組むことができるようになるでしょう。

スポンサーリンク


ちゃんと休憩をとる

 
メリハリをつけるためのコツとして、休む時には休むということも大切です。

一生懸命働いたりすることは大切ですが、しかし休憩も取らずにぶっ通しでやろうと思ってもそれは無理なことなのです。

要所要所でちゃんと休憩をとるということによって、疲れた頭や体を癒すことができます。

そうすることが、結果的には能率を落とすことを避けて、しっかりと仕事をすることができるのです。

ちゃんと休憩するということは、自分が思っている以上に非常に効果があります。

ONとOFFをきちんと分けて、きちんと休憩をとるということは、物事に対して集中して取り組むためには絶対欠かせないのです。

いつまでも残業していないで、帰る時間には帰って夜ゆっくり休んだり、昼休みの休憩時間はちゃんとランチをとるようにするということも大切なのです。

また、どうしても休憩を取りにくいという時は、たとえばコーヒー一杯を飲むことで、リラックスして気持ちや頭を休めることができます。

こうしてONとONの間に上手にOFFを入れることも、メリハリをつけるためのコツと言えるでしょう。

つい頑張ってしまいたくなる時は、OFFをきちんととることも重要なことなんだということを思い出すようにしてみましょう。
 

メリハリをつけると結果が出てくる

 
いかがでしょうか。

以上、メリハリをつけるためのコツとしてできることをお伝えいたしました。

ただだらだらとがんばるだけでは、結果的に成果は上がらないでしょう。

バランスよく時間配分をしたり、休憩をとることによって、メリハリをつけることで、ますます良い成果を上げることができるのです。

それを忘れないということが、一番大切なことといえるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク