自分を変えたい人がやるべきこと5つ

あなたは、自分を変えたいと思っていないでしょうか。

また、自分自身にコンプレックスがあり違う自分になりたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

むしろ自分は完璧で自分のことが大好きなんてナルシストが入っている人の方が圧倒的に少ないということが出来ます。

それに今の自分で満足してしまったら自分を磨き成長していく機会を失ってしまうことになります。

だから自分を変えたいと望むことは素晴らしいことだと断言できます。

人は多かれ少なかれ変身願望を持っていますが、結局の所自分にしかなれませんし逆に自分を変えれるのも自分だけなのです。

だったら自分がなりたい自分に変わってしまえばいいのです。

そこで今回は、これから自分を変えたい人がやるべきことを紹介しますので、自分を変える手がかりにしてみてください。

スポンサーリンク


自分を変えたい人がやるべきこと

 

  • 理想の自分をイメージする
  • 実際に行動を変えてみる
  • 考え方の癖を変える
  • 生活を正す
  • 付き合う人を変える

 

理想の自分をイメージする

 

まず自分を変えたい人がやるべきことの第一歩は理想の自分をイメージすることです。

方向性を決めないと動き出すことは出来ません。

例えば身近にいる憧れの存在を目標にしてみるのも一つの方法ですし、

身近でなくても芸能人をイメージに設定してもかまいません。

その目標は何でもいいのです、外見に関してだったり、

内面に関してだったり、

手に入れたいスキルでもいいでしょう。

一つに絞らなくても、あれこれ欲張っても構いませんが、

その場合は方向性だけは統一しておいて下さい。

矛盾していて、同時に叶わないような目標を設定してもそれでは意味がないからです。

自分のイメージが固まったら、どんな自分になりたいのか、その為には何をしたいいのかを出来るだけ具体的に書き出してみてください。

そしてどれから実践していくか、優先順位を付けていくのです。

あと理想のイメージに対してこんな風になりたいと強く想うことが重要です。

スポンサーリンク


実際に行動を変えてみる

 

自分を変えたい人がやるべきことの2つ目としては、

イメージが出来たら今度は実践してみることです。

メイクだったり服装という分かりやすい所から攻めてみるといいでしょう。

大人のカッコイイ女性になりたいとか、仕事が出来る人になりたいとか、

前向きでコミュニケーション能力を上げたいといった目標があるとします。

一番手っ取り早い方法としては、自分が憧れている人の真似をしてみることです。

それかコミュニケーションを身につけたいのであれば、

実際に得意な人の傍にいて見て学ぶことが大切です。

これまでの自分とは間逆の人間になりたいと望むのなら、これまではしなかったことに積極的にチャレンジしましょう。

また友達として付き合うタイプを変えてみるのも効果的だといえます。

自分がインドア派な人間の場合はアウトドア派の人間と交流を深めて、

アウトドアに誘われたら迷わずOKするのです。

最初はいろいろ精神的に負担があるかもしれませんが、徐々に慣れてきますしそうすれば自然に行動を選べるようになります。

実際に行動に移す時には、期限を設定してやるといいでしょう。

いつまでに何をするかを決めておき、きちんと達成できた場合は自分にご褒美をあげて下さい。

ご褒美は好きな食べ物でも、ずっと欲しかったモノでも何でもいいのですが

難易度に合わせて設定するのがポイントです。

スポンサーリンク


考え方の癖を変える

 

自分を変えたい人がやるべきことの3つ目は、

考え方の癖を矯正してやることです。

実は行動を変えるよりもやっかいなのが考え方の癖を変えることだと言えます。

性格というのは長年の考え方の癖なのでそう簡単には変えることは出来ません。

しかし自分を変えたいと本気で望むのなら、

表向きだけ変わったフリをするのではなく内面から自分を変える必要があります。

これは生まれつきの性格だから絶対に変えられないと頑固に思い込んでいる人もいるかもしれません。

しかし性格は環境と遺伝により形成されるので、

生まれながらの性格というのは存在しないのです。

勿論外交的な人間かとか、内向的な人間かといった傾向は確かに生まれながらの気質も関係しています。

でも内向的な人間でも、自分の本質を変えたいと本気で望み取り組むのなら変えることは可能なのです。

ただこれまで生まれた時から積み重ねていたものなので、

時間がかかるのか覚悟してください。

だからまずは外側と行動から変えてやり、内面は徐々に変えていくしかありません。

ポイントは何度も自分に言い聞かせて自己暗示をかけることです。

そして反復をし考え方を習慣化してしまえばこっちのものです。

習慣にさえしてしまえば、後は何も考えずにスムーズに行うことが出来ます。

スポンサーリンク


生活を正す

もし、今まで夜更かしをしたり、遅くまで残業をしているのなら、いますぐやめてしまいましょう。
夜は、どうしても気持ちが沈んでしまったり、いつまでも「変われない自分」を責めてしまい、意識や行動がネガティブになってしまいます。

夜型人間に対して、朝型の人は多くがポジティブに物事を考えることができる人です。
また、朝の早い時間帯は邪魔をするような人や誘惑も少なくなるので仕事や勉強などが驚くほど進みますし、自分の時間も確保しやすくなります。

気持ちがポジティブになって、自分の時間を作る事ができるのは朝型人間の人です。
「早起きする」というのも、自分を変える大きなきっかけになります。

出典 自分を変えたい時に行うべき、7つの意識と行動学

付き合う人を変える

ドリームキラーと呼ばれる人達がいます。

ドリームキラーとは、「どうせ」「ダメだ」「意味がない」などの否定的な言葉をよく使う人たちのことを指します。

そして、あなたの「変わりたい」という意思や行動なども「どうせ無理だよ」というように否定してくるのです。

このようなドリームキラーが友だちに中にいるなら、いっそ距離と取った方がいいでしょう。

否定的な言葉には負の力がたくさんあります。

せっかく前向きに頑張ろうとしているのに、否定的な言葉を使われると一気にやる気がなくなってしまうことがあります。

そういった否定的な言葉に負けないような強い精神力を付ける前に、距離と取るのが手っ取り早くて効果的です。

出典 今日からあなたは生まれ変わる!今のダメな自分を変える9つの方法

自分を変えたいなら行動と環境を変えよう

 
いかがでしょうか。

ここでは、いくつかの自分を変えたい人がやるべきことを紹介しました。

最初は意識して行っていたことが、無意識に出来るようになればもう自分の求める自分になっている筈です。

ただこれだけは理解しておいて欲しいのは、変わる前の自分もそして変わった自分もどちらの自分であるという点です。

理想の自分になる為に全ての自分らしさを捨てる必用はありませんし、変わった自分の中にも自分らしさは残っている筈です。

自分を変えるというのは別人になるわけではなく、自分や周囲が受け入れやすい自分へと少し形を変えてやるだけのことだと言えます。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク