お金がほしい人がやるべき6つのこと

お金がほしい
by Gregg O’Connell
 
お金がほしい・・・とあなたは考えていませんか?

今、どれほどお金を持っているかで多少変わってきますが、美味しいものが食べたい、遊んで暮らしたい、海外旅行に行きたい、生活をもっとラクにしたい、お金のことを考えずに生きたい、タワーマンションに住みたい、お金があればモテる。

お金がほしい理由はこのようなことが多いようです。

もちろん中には家計が苦しい、その日暮らしだなんて人もいるでしょう。

ではお金がほしい人は何をやるべきで、どうするべきなのか。

そこで本日はお金がほしい人がやるべきことを、「今すぐお金がほしい人」と「将来お金がほしい人」とに分けてご紹介していきます。

スポンサーリンク


お金がほしい

 

お金がほしい人は以下の方法を参考にしてみてください。

  • 個人間でお金を借りる
  • 会社や職場から借りる
  • カードローンを利用する
  • ギャンブルに賭ける
  • 副業で小銭を稼ぐ
  • 投資をする

短期でお金がほしい人と、長期的にみてお金がほしいひととでは当然異なるので、それぞれ詳細をチェックしてみましょう。

 

今すぐお金が欲しい人は個人の中で借金をする

 

「お金がほしい」と思ったとき、誰もがまず考えるのが、個人的な人間関係の中での借金でしょう。

そのなかでもまず家族。

既婚者であればパートナーにお金が必要なことを話し、家計から臨時に都合することができるでしょう。

それから親や兄弟などの肉親、あるいは親類から借りるというケースも考えられます。

ただ、現実問題としては、肉親に借金の依頼はしにくいということもあります。

その場合は友人や知人を頼ることになります。

しかし、お金が原因で大切な交友関係にヒビが入ってしまうということも少なくありません。

個人的人間関係内の借金は慎重に判断する必要があるでしょう。

スポンサーリンク


会社や職場から借入をする

 

次に考えられるのが、会社や職場から借り入れる方法です。

まずは、給料の前借りです。

働いている会社や職場の経理担当者に話をして、次の給料の一部を先にもらうというやりかたですが、個人経営の会社のような組織でないと、現実にはなかなか難しいかもしれませんね。

ただし、逆に大きな会社や組織だと「社内融資」のような制度を設けているケースが少なくないでしょう。

自分が仕事をしている組織から個人的に融資を受けるのですから、返済など、その後のことを考えると、これが一番安全で安心な方法と言っていいでしょう。

社内融資を受けたとしても、きちんと返済をしておけば、社内での評価が下がるということは考えられません。おすすめの方法です。

 

金融会社や銀行のカードローンを利用する

 

人間関係にお金のことを持ち込みたくない、会社にも言いづらいという人にとっては、金融機関からの借入れがもっとも現実的で、手っ取り早い方法です。

取引のある銀行のカードローンを利用できるのであれば、それが一番いいでしょう。

金融機関からの借入れは経験したことがないという人でも、今は「即日融資」のようなシステムを多くの機関が用意しています。

その場で審査をして、即融資を受けるということが可能なのです。

なお、以前は社会問題のようにもなったいわゆる「街金」ですが、最近ではかなり制度がきちんとしてきています。

場合によっては銀行よりも好条件で借入れすることも可能ですから、あまり先入観は持たずに、きちんとリサーチしてみるといいでしょう。

スポンサーリンク


ギャンブルに賭ける

 
お金がほしいと感じたときにギャンブルを思い浮かぶ人も少なくありません。

パチンコや競馬など自分の興味あるギャンブルに熱を上げる人はとてつもなく多いですよね。

「今月は◯万円だけ使おう。儲かったらラッキー」と考えている人もいれば、「お金がない・・・。パチンコで増やそう!」と危ない状況でギャンブルに挑む人もいます。

かなりの高い確率で勝つ方法を編み出している人もいますが、その域に達するまでに大半の人はお金がすっからかんになってしまうでしょう。

遊び程度でギャンブルをやるにしても、お金が数分、数十分程度で無くなってしまう可能性が高い遊びはあまり良い選択だとはいえないでしょう。

「今すぐお金がほしい!時間もない!負けてもいい!とりあえず奇跡にかけたいんだ!」なんて状況のときであれば頼るのもいいかもしれません。
 

副業をしてお小遣い程度のお金を稼ぐ

 
給料が安いときの5つの対処法」でもお伝えしましたが、お金がほしいと思っている人は副業に積極的にトライしてもいいでしょう。

アルバイトなどであれば1日働けば、すぐに数千円のお金が入ってきます。

お小遣い程度であれば、在宅ワークも手軽ですよね。

しかし大きなお金がたっぷり入ってくるわけではないので、どこかで物足りなさを感じてしまうこともあるでしょう。

その副業を育てて、それで食べていくという気持ちがあれば本業と副業のバランス比重をある程度考慮してもいいですが、そうでなければ、長い目で見ていくと本業+副業よりも、将来の本業の方がお金が入ってくる可能性が高いでしょう。

つまり今すぐある程度のお金がほしいという人で、お金を借りたくない人は副業を検討するべきです。

スポンサーリンク


投資する

 
あなたももしかしたら株や不動産に投資しているのかもしれませんね。

「株で何千万円儲けた!」「不動産で資産を何億築いた!」なんて情報が昔から今に至るまで毎日飛び交っていて、その情報を血眼になって集めている人もいるでしょう。

ある程度資金があるならデイトレードをして、1日2万円ほど稼ぐという方法もあります。

しかし未来の市場を確実に読むことは不可能なので、ギャンブルのように運がいい人と運が悪い人に別れてしまうでしょう。

もしかしたらせっかく貯めたお金が底をついてしまうことも十分ありえます。

しかし投資にはもう1つあります。

それは「自己投資」です。

よく言われていることですが、自己投資は基本的に費用対効果がいいことで知られており、多くの資産家は実践しています。

自己投資とはつまり自分の未来ためにお金や時間を使うことです。

そして自己投資を継続すればするほど、複利のように、雪だるまのようにどんどん能力やお金が大きくなっていきます。

もちろん100%確実にそうなるというわけではありませんが、少額のお金で始めることができて、大きなリターンにつながることが魅力的です。

自己投資以外の方法は基本的にリスクとリターンの関係はほぼイコールです。

しかし自己投資は少ないリスクで大きなリターンが見込める数少ない方法です。

読書やセミナーに参加して知識を得る、勉強をして資格やスキルを得る、イベントや新しいことにチャレンジして経験を得る。

この積み重ねが後に活きてくるのがリターンです。

ただし即効性はないので、すぐにお金がほしいという人には向いていないでしょう。

スポンサーリンク


お金が欲しいときの副業

 

在宅ワークでお小遣い稼ぎ

 
副業は本業に差し支えのないような仕事を選びたいと思う人は多いでしょう。

副業の条件として、家の近くで働けるということ、またはできれば在宅でできることを考える人も多いのではないでしょうか。

今主婦の間でも人気が出てきているのがパソコンを使ってできる在宅ワークです。

在宅ワークにもいろいろありますが、初心者におススメなのがライティングの仕事です。

簡単なアンケートに答えたり、ブログ記事を書いて稼ぐと言うものです。

記事については、だれでも書ける体験談のようなものから、専門的な知識や調べないと書けないようなものまで幅広くあります。

書くことが好きな人、じっとしていても苦にならない人、好奇心があっていろいろと調べるのが好きな人には向いている仕事だと言えます。

たくさん記事を書けば書くほど収入になりますが、最初は思った以上に稼げないことが多いです。
 

イベントスタッフなど登録制のアルバイト

 
自分の都合のいい時間だけ働ける登録制のアルバイトは副業には最適です。

本業がない土日などに働いて稼いでいる人もいます。

最初に面接をして、登録をしておけば、仕事のある日と自分が出られる日が合えば仕事をすることができます。

登録制のアルバイトは仕事内容もさまざまです。

イベントスタッフ、キャンペーンスタッフ、試食販売、ティッシュ配りなどの仕事があります。

自分の都合が悪ければ無理に出ることもしなくてもいいという点がメリットです。

しかし仕事は時期によって少なくなったり、したい仕事ができなかったりします。

いつも新しい現場に行くので毎回会う人、やることが違ったりするのでその場で臨機応変になじめることが大事です。

時給も良いことが多く、仕事内容を選ばずに、いろいろな仕事ができれば副業でもたくさん稼ぐことができるでしょう。

スポンサーリンク


チラシ配りなどのポスティング

 
自分の出られる日だけ、または月に何回かでも大丈夫、というところが多いのがチラシ配りなどポスティングのアルバイトです。

配るものは様々で、地域の情報誌や、広告などが多いでしょう。

自分の住んでいる近くを回れるのなら土地感もあってスムーズに仕事が進むでしょう。

重たいチラシなどは、車が必要になってくる場合もあります。

軽いものなら、徒歩または自転車で大丈夫な場合もあります。

たくさん歩く可能性もあるので体力に自信がある人、運動したい人には向いています。

またその地域のことを良く知っている人のほうがより好まれるでしょう。

また、危ない道を通ったり、重たいチラシを運ぶような場合は慎重に行動する必要があります。

基本は一人で作業する仕事になるので、担当した地域は責任を持って配ることが大事です。

人に見られていないからといってさぼらずに、きちんとポストに投函することが大事です。
 

結婚式場のコンパニオン

 
女性におススメなのが結婚式場のスタッフです。

結婚式場のスタッフにもいろいろあり、アルバイトで多いのがウエイトレス、コンパニオン、裏方スタッフなどです。

その中でも、ブライダルコンパニオンは時給が良いことが多く、主に土日に需要があるので、平日仕事をしていて土日に副業をしたい人にはぴったりのアルバイトです。

ブライダルコンパニオンは、結婚式を盛り上げるためには欠かせない存在です。

ウエイトレスは料理の出し下げが中心ですが、コンパニオンはもちろん料理も出しますが「おもてなし」、「サービス」、に重点がおかれます。

披露宴の前のドリンクサービス、お客さんの誘導、注文伺い、はもちろんのこと、結婚式というおめでたい場なので、常に笑顔でサービスすることが大事です。

緊張感も持っていなければいけませんが、ゲストと一緒に楽しむという心も必要です。

スポンサーリンク


お金が欲しい時のおまじない

 

何はともあれ神頼み!パワースポットに行く

 
お金が欲しい時に、まず思い浮かぶものが、身近で出来るおまじないと言うものもありますが、金運を上げたいという気持ちが強くて、行動に移した!と言う感覚を味わいたいのなら、思い切って旅行ついででも、金運にまつわる神社に行ってみてはいかがでしょうか。

もしも、金運が上がらなくとも、行ったという行動力は、評価できそうな気がしませんか?

神社特有の、神々しい空気を感じるのも、なんだかそれだけでも運気がまわってきそうな感覚になりそうです。

調べてみると、日本には、恋愛や子宝、健康や勉学等、いろいろな神様がいて、同様に金運に関する神様もとても多いのです。

日本三大金運アップ神社となると、富士山だったり、石川県だの、山口県だのと、有名なところがありますが、意外にも、ご自分の住んでいる地域にも、金運が上がるとされている神社があるものです。

まずは、本で調べたり、ネット検索して、身近な神社に出向いてみませんか?

遠方で有名なところなら、思い切って旅行の目的にするのも良いかもしれませんね。
 

お財布に関わる色々を試す

 
お金が欲しいというと、風水に関することも思い浮かびますが、具体的な小物に関する風水やおまじないの観点から、お財布にスポットを当てて考えてみると、これだけでもかなりのポイントはあるようです。

そうなると、身近なものとはいえ、いちいちお財布を買い変えなければならないの?と思いがちですが、お財布自体変えなくてもご利益があると言われているおまじないもあります。

まず、よく言われているのが、お札の向きです。

これは、統一性が欠けているので、本人が試して実際にご利益があった時の方法でいいと思います。

お札の向きを上を下に向けて(つまり逆さまに)お財布に入れると、お札が出て行かない(行きにくい)という説があります。

もう一つの説は、まったくの反対で、お札の向きは、お財布に上下正しく入れると、お財布から出てく一方で、お金が巡り巡って、お札がきちんと自分のところに戻ってくるという説です。

なるほど、両方、納得できる気がします。

どちらか試してみて、効果があった方を続けるのが良いでしょうね。

お財布を変えるとなると、色はグリーンや黄色が良い、また、長財布の方が良い等と言われています。

年によっても、風水上ではいろいろ変わるらしいので、毎年の運気アップの色を調べるのも良いでしょう。

そして、お財布を捨てる際には、水辺に関するところが良いとされています。

雨の日や、川沿いのゴミ捨て場等がおすすめです。

スポンサーリンク


言霊に関するあれこれ

 
昔から、言霊と言う言葉があるように、自分の口から発信したことが現実になってしまうということが言われています。

これは、良くも悪くもで、すべてがすべてそうなるということはありえないのはもちろんですが、なんとなく耳にしたことがある方も多いでしょう。

アスリートがイメージトレーニングをして、自分の良いイメージを持ちながら試合や競技に参加するということがあります。

そして、そんなアスリートは、「絶対勝ちます」と、テレビカメラや観衆に言い残して、本番に向かうというシーンをよく目にしますよね。

これも、言霊の一種で、自分自身の言葉に自分が命を吹き込んで、現実にそうなるというイメージが湧きやすいというような効果もあるというものです。

お金が欲しいのなら、「お金が無い」と愚痴っぽくこぼすよりも、具体的に、どうやってお金を手に入れるのか紙に書いたりするのも良いでしょう。

ちょっと抵抗があるかもしれませんが、人に伝えることも効果があるかもしれませんね。

人に伝えることに抵抗がある方は、文字に残す方がやはりおすすめです。

自分自身で何度も読み返しましょう。

そうしたことで、意識や行動が変わり、実際にお金を手にしやすくなるということも有るようです。
 

家の中の風水をチェック

 
ここ数年、あまりにも登場しやすいおまじないが風水です。

昔は、こんなに風水に関するあれこれは言われませんでしたが、これだけ長い期間評判を呼ぶということはそれだけ効果があったのか、風水頼みにする人は多いです。

お金に関して言えば、「トイレの神様」で知られるように、トイレをきれいにしておくことも有名です。

水回りをきれいにしておくことは全体の運気も上がり、金運アップにつながります。

そして、お金が通る西側(お金の入口)と北側をきれいにしておくことも良いとされています。

通帳に関して言えば、北側に置くことが良いとされています。

金運アップの色として有名な黄色のものを、お金が入るとされている西側に置くことも効果があるようです。

そして、北側で、貯まると言われているので、そこで出費をストップさせるべく、通帳をはじめ、財産に関する書類等も保管するといいでしょう。

そのほかにもお金が貯まりやすい、お金が入ってくると言われる家の中の風水はたくさんあります。

いろいろ調べて実践してみると、なにか効果がみられるかもしれません。
 

お金がほしい人はなるべく長期目線になる

 
いかがでしょうか。

お金がほしい理由も人それぞれです。

今すぐにお金が欲しいのであれば、個人や会社、キャッシングなどから利息なしでパッと借りて、サクッと返すのがいいでしょう。

利息が発生しなければプラマイゼロです。

また、お金持ちになりたいということであれば、やはり投資が大切です。

銀行に眠らせてあるお金をいくつか引き出して、運用してみるのもいいでしょうし、自己投資として色々と自分のためにお金を使うもの効果的です。

また、今の仕事や業界全体の給与が安くて、将来も明るい希望が望めないということであれば会社、または業界を変えるために転職することも一気に環境が変わるキッカケになります。

こうして見ていくとやり方は多種多様です。

むしろ多すぎて、結局何もしないという結論に至りそうですが、そこで何かしらのアクションを起こす人がやはり大きなリターンを得るものではないでしょうか。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク