看護師を辞めたい理由5つ

もう看護師を辞めたい・・・とあなたは思っていないでしょうか。

医師が行う診療の手助けをし、病気や怪我で病院を訪れる患者を世話してくれるなど頼りになる職業、看護師。

白衣の天使とも言われるその職業に憧れて、専門学校に通う人も少なくありません。

しかしその清楚な姿とは裏腹に、仕事の内容はかなり厳しいもの。理想と現実の違いに耐えられずに、せっかく看護師になることができても退職してしまう人も多いのです。

そこで今回は看護師になった人が、それを辞めたいと思う理由についてご紹介しますので、あなたのケースと照らし合わせて見ながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


看護師を辞めたい

 

仕事がきつい

 
看護師の仕事は想像以上にハードです。

医師の手助けと患者の世話といても、その仕事内容はかなり多岐に渡ります。

しかもそのほとんどに重大な責任がつきまとい、もしミスをすれば患者の命にかかわる業務もあるのです。

そのため仕事中は気を抜けず、常に緊張した状態が続くことになります。

また、今の日本には患者の数に対応できる看護師が足りていません。そのせいで残業や休日出勤は当たり前の病院もありますし、当番制で行う夜勤などは生活のリズムを崩してしまいます。

このような業務体制についていけず精神や体を悪くして、辞めてしまいたくなる人も少なくありません。
 

女性が多い職場での人間関係に疲れた

 
どこでもそうですが、女性が多い職場に複雑な人間関係はつきもの。

看護師の世界も同じです。

患者として病院を訪れている時には見えない、女性同士の陰口やいじめ、派閥争いなどが存在している病院も多くあります。

看護師になりたての新人が、先輩の看護師に理不尽な嫌がらせを受けるという話もよく耳にしますね。

決して楽ではない仕事内容に加えてそのような状況に身を置かなくてはならないのでは、ひどい精神的苦痛を味わうのも仕方ありません。

疲れから仕事のミスも増えて、ますます争いが起こるという悪いループが始まってしまいます。

このような女性同士のどろどろした関係に疲れて、退職を考える人も多いです。

スポンサーリンク


休みが取りにくい

 
仕事をしていると、時にはどうしても通勤できない日が出てきます。

そんな時に困るのは看護師の立場。

看護師の数が足りていない今の日本では、そう簡単に仕事を休むことができないのが現状です。

休みを取ることで他の看護師の仕事量が増えるのでは、なかなか休めないのも仕方のないこと。

どんな理由があったとしてもたびたび休まれるのでは、一緒に働いている看護師からの風当たりも強くなってしまいます。

病院側としても今の看護師の数でもいっぱいいっぱいなので、1人でも休まれると仕事が回らなくなります。

また、多少体調が悪くても看護師が足りない以上休むことは難しいので、患者の世話をする立場なのに、むしろ自分の方が体を悪くしてしまうことも。

何かあった時になかなか休みが取れないのでは、仕事をするのも辛くなりますね。
 

育児をしながら仕事ができない

 
育児には何かと時間がいるもの。

激務といわれる看護師の仕事と育児の両立を図るのは、かなり困難を極めます。

自分が仕事をしている間家に誰かいて子供を見てくれるのなら、仕事を続けられる可能性があります。

しかし夫と子供、自分だけで暮らしていて、しかも夫も仕事をしているとなれば、1日中目が離せない小さな子供がいる場合には、仕事と育児を両立するのはほぼ無理。

それにまだ子供が幼いうちはいつ体調を崩すか分かりませんので、なおさら何かあった時にはすぐ子供に手が届く位置にいる必要があります。

このような状況では、看護師の仕事を続けることが難しく感じるのは当たり前ですよね。

スポンサーリンク


患者・医師のセクハラに嫌気がさした

 
看護師は患者と接することが多い職業です。

看護師の仕事は医師の手助けだけではなく、入院患者の食事や入浴の世話なども行わなければなりません。

そのため、時には明らかなセクハラ発言をしてくる患者さんの担当になってしまうこともあるのです。

過度なボディータッチや、入浴介助時の酷い発言など、「看護師を何だと思っているのだろう」と思わず憤りを感じてしまい、挙句のはてにはその患者と顔を合わせるのも嫌になってしまいます。

また、セクハラ問題は自分の上司である医師からのケースも存在します。

こちらも連絡先をしつこく聞いてきたり、2人きりでの食事に誘われた時に体を触られるなど、看護師として働く上でかなりの障害になるようなもの。

しかも上司というだけあって、そういったことを断った後に態度が豹変し、酷い差別を受けたなんて話もあります。

どちらのケースも男性へのトラウマが生まれてしまい、退職を考えてしまう看護師が多いです。
 

看護師を辞めたい理由は精神的な辛さから

 
いかがでしょうか。

一見すると看護師という職業は華があるし、専門の知識と経験を持っていてかっこいいと思うかもしれませんが、その裏にはこのような悩みが隠れているのです。

看護師が足りていない病院が多いということが、仕事をハードにし、精神的な余裕を奪い、退職へと押しやってしまう今の日本。

激務が原因で体や精神を壊してしまい、辞めた後の再就職にも大きく影響が出ることもあります。

看護師として働く上で、肉体的にも身体的にも負担がかからない業務体制が早く生まれればいいですね。

また、もしあなたが看護師で転職を少しでも検討しているのであれば、今すぐにナースフルを見ておくようにしましょう。

あなたもご存知のはずですが、リクルートが運営しているナースフルは業界では鉄板の看護師転職サイトと言われており、ほとんどの看護師に知られていて、そして看護師の多くが常に利用している業界最大級のサイトです。

あなたが、少しでも今の環境に不満があるのなら、一度よく見てみましょう。

給料がアップしてプライベートが充実したり、人間関係が改善し楽しく仕事ができるようになるきっかけになるはずです。

ナースフルを試してみる(無料)

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク