人生をやり直したいときの5つの対処法

 
「人生をやり直したい」と考えたことのある人は少なくないでしょう。

今の自分の状況を疑問に思い、人生をやり直したいと感じることがあるのは決して珍しくありません。

それは、今の仕事が自分に合っていないと感じたり、自分にとってストレスになるようなことが多発した時など、その理由は様々です。

そういったことが続くと、一度は自分の人生をやり直し、新たな人生を始めたいと考えるものです。

その人生を完全にリセットすることは不可能でも、これまでとは別の人生に変えることは可能です。

ただし、ただ漠然と「やり直したい」と思っているだけでは、実現できませんし、具体的な行動を起こす必要があるのも当然でしょう。

そこで今回は人生をやり直したい・・・と感じたときの対処法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


人生をやり直したいときの対処法

 

人生をやり直したいと思ったときにまず考えること

 
ただ人生をやり直したいと思ったってそう簡単に今の生き方を変えることは正直なところ、とても難しいものです。

まず考えるべきは自分は何を思いどう人生をやり直したいのかをしっかり考えることが大切です。

一例として、自分にはこの仕事は合わないと感じた、なぜ自分がこの職場にいるのかわからないと感じ、こんな人生やり直したいと考えたとします。

その場合はなぜ今の職場は自分に合わないのかなぜ合わないと感じるのかをよく考えることが大切です。

もし人間関係が合わずに孤立し、この職場や仕事が嫌だというのなら場所を変えることを検討し始めたり、職種自体が合わないと感じているのなら自分はどんな職に就きたいのかを考えるなど、様々なことを想像したり、思いを巡りあわせたりすることにより自分の目的を明確にしましょう。
 

人生をやり直すという意味

 
人生をやり直すといっても厳密に一からやり直すというのは不可能です。どうあがいても今まで自分が生きてきた人生は消えないものです。

そこで大事なのは、今の自分人生をどう変えていくか、今の人生よりもどれほどいい人生に変えていけるのか、ということです。

単純に今の人生を変えようと思い、180度生き方を変えたとしても前より自分の人生を不満に思ってしまったり、より嫌悪してしまっては全く意味がありませんよね。

つまり今の生き方より新たに始めた生き方にしたほうが幸せと感じた時こそ、そのやり直した人生は成功だと言えるでしょう。

ですから、自分はこう生きたほうが絶対にいい!と感じ、そう生きるための方法を考え、それを実現するための力が足りないと感じればそのために努力をすることが必要不可欠なのです。

どんな人生を送りたいにしてもそのための準備を怠ってしまえばたいて失敗に終わってしまうでしょう。

要するに何事にも努力するということが大原則になるというわけです。

スポンサーリンク


人生の設計図を作る

 

人生のやり直しをするためには「人生の設計図を作る」という方法も1つでしょう。つまり人生をやり直すという前提で、人生プランを具体的に考えてみるのです。

ここでは時系列で設計図を作るのがポイントです。

「何歳の時にはこうなっていて、何歳でこんな家庭を作る。セカンドライフはこうする」というように、できるだけリアルに想像し、可視化するのです。

設計図を作ることによって、「自分がほんとうにしたいこと」「自分が望む人生」がだんだんと、そしてハッキリ見えてきます。

残念ながら描いた設計図は、現実にはすべてその通りにはならないでしょう。

しかし、「理想の人生を築くために今すべきこと」が把握できます。そのことにより、前へ進むことができるのです。

 

引っ越す

 

続いての対処法としてオススメなのが、引っ越しです。

人生をやり直すためには、まず「気分転換」をしなければなりません。その気分転換にもっとも有効なのが引越しなのです。

その際「徹底した断捨離」を心がけましょう。

引っ越しの荷造りをしながら、「いらないものや捨てたい過去」をどんどん整理していくのです。

特に「写真」を処分すると、気持ちが完全に前向きになります。

「どうしても捨てられない」という人は、実家などで預かってもらうという方法もあります。

とにかく、古い写真は手元に置かないこと。これが人生をやり直すための、最初の一歩と言っていいでしょう。

スポンサーリンク


ひとり旅へ出る

 
さまざまな事情で、すぐには引っ越しできないという人もたくさんいることでしょう。特に家庭を持っている人は、簡単に引っ越しできないかもしれませんね。

そのような場合は、ひとり旅に出るのがおすすめです。

できれば長期の旅が理想ですが、無理な人は2~3日の日程でもかまいません。

その際には、今まで行ったことのない旅先を選ぶのがポイント。

自分を見つめ直すのに旅の時間は有効ですし、また、知らない土地をめぐることで、新たな発想も生まれてくるでしょう。

人生をやり直す際に、その発想が生きる、ということも大いにありえます。
 

人生をやり直したいときにやるべきこと

 

自分のやったミスや失敗を振り返り反省する

 
人生をやり直すためには、自分が今までにしてしまったミスを振り返り、反省する必要があります。

そして反省し、もうこのような過ちを犯さないように努力し、反省した気持ちをバネにこれからの人生に活かすのです。

ただ単に人生やり直したいと思っているだけだと、なにも進歩しません。

人生をやり直したいと思っているということは、人生に失敗が多く、後悔しているから。

その思いは大切にする必要があります。

せっかくいろいろなミスや失敗をしたのであれば、その時間を無駄にしてはいけません。

今までしてきたミスや失敗は、これからの人生に大いに活かせるチャンスです。

たくさんの失敗をしていなければ、気がつかなかった事などたくさんあるはずです。

これからの人生にどう活かしていくのか、考える事で、より良い生活が送れるのです。

スポンサーリンク


とにかく派手に遊びまくる

 
とにかく人生をやり直したいぐらい落ち込んでいるときは、派手に遊ぶのが一番。

人生楽しいこともあるのだと自分に言い聞かせるのです。

そうすれば、元気が出てこれからも楽しいことをたくさんするために頑張ろうと思えます。

落ち込んでいるだけだと、良いことは何も起きません。

人生は、ポジティブで明るい人に幸運が舞い込んで来るのです。

そのため、人生をやり直したいぐらい落ち込んでいるときは、とにかく派手に遊んで、気分を高めるのが一番。

友達と飲みに行ったり、豪華な食事をしたり、クラブに行って踊ったり、とにかく派手に遊んでみるのです。

そうすれば、まだまだ働いて楽しいことをしようと思えます。

人生やり直したいのは、人生のマイナス面ばかり見ているからですが、人生というのは楽しい事で溢れているのです。

その楽しい面に目を向ける事が大切なのです。
 

ボランティアに参加する

 
もし人生やり直したいと思っているのであれば、人の役に立つことをするべきです。

人生をやり直したいときは、大抵の人が、自分の存在価値に疑問を持っています。

なので、ボランティアをして人から感謝されれば、自分は人の役に立つ人間なんだと思うことができ、自分に誇りを持つことができます。

そうすれば、まだまだこれからも人のために立てる人間になるために、頑張って前に進もうと思えます。

ボランティアは、震災などで被災された方のお手伝いに行ったり、海外の貧しい子供たちを助けにいくなど、様々なものがあります。

自分ができると思ったボランティアに参加すれば良いのです。

些細なことでも良いので、人の役に立つことをしてみてください。

そうすれば、わざわざ人生やり直ししようとは思わず、前に進んで頑張ろうと思えるのです。

スポンサーリンク


目の前にあることを頑張る

 
人生やり直したいと思っても、本当にやり直せる訳ではありません。

そのため、過去に戻りたいと思うよりも、今目の前にあることを着実にこなし、片づけることのほうが大切です。

過去に戻りたいと思ったところで戻れないのだから考えただけで時間の無駄なのです。

それよりも、どうしたら家族を幸せにできるかや、どうしたら仕事で出世できるかなど、今できることを考えるべき。

今できることを着実にこなすことで、自分に自信がもてます。

本当に自分の人生をやり直したいななら、ただ今から頑張ればいいのです。

今から頑張って目の前にあることをこなせばだんだん実力がつき、自分に自信がもてるのです。

人生やり直したいと思うような暇があるのであれば、今やれる事を全力でやって、自分が成長した方が早いのです。

無駄な事は考えず、全力でこれからを生きていくべきです。
 

人生のやり直しに年齢は関係ない

 
いかがでしょうか。

人生をやり直したい・・・と感じる瞬間は誰にでもあるものです。しかしそこで「よし!人生をやり直そう!」とはなかなか思わないものですよね。

仮にそう思ったとしても、一気に現状が劇的に改善することはまずありません。

結局、人生をやり直すということは、今のこの瞬間からの行動や意識を変えること以外にありません。

行動が変われば、意識も変わりますし、結果も変わってくるものです。

その変化のスピードは非常にゆっくりですが、緩やかなカーブを描きながら右肩上がりに改善していくはずです。

行動を変えるのに年齢も何も関係ありませんよね。

ただボーっと見ているテレビを消して、勉強をし始めれることも立派な行動の変化です。

この小さな変化が、いつの間にかあなたの人生をやり直していたことにつながるはずです。

結果として「人生をやり直した!」という気持ちになることは無く、「あれ、そういえば自分の人生変わったな」という感覚になるのが小さな変化の積み重ねというものです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク