意欲的に取り組むコツ4選

あなたは意欲的に行動することができているでしょうか。

また、仕事や物事に意欲的に取り組むためのコツとは、いったいどういうものがあるでしょうか。

何かを頑張る時に、ただがむしゃらに頑張ろうと思っても、なかなか頑張りきることができなかったりするものですよね。

しかし、上手にコツをつかむことで、何かを成し遂げることができるのです。

そのためのポイントを押さえることは、仕事やスケジュールなどをコントロールしていく上で、絶対あなた自身を助けてくれるのです。

そこで今回は、そんな意欲的に取り組むコツについてお伝えいたしますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


意欲的に取り組むコツ

  • やり遂げた瞬間をイメージする
  • 制限時間を設けてみる
  • 終わった後のご褒美を用意する
  • 周囲の視線を意識してプレッシャーをかける

 

やり遂げた瞬間をイメージする

 
何かに対して意欲的に取り組むコツとして、そのことをやり遂げた瞬間をイメージするというものあります。

頑張り切った後は、きっとさぞかし気分がいいだろうということを、リアルに頭の中に浮かべてみるのです。

そうすることで、そのときの達成感を感じることができ、実際に頑張ろうという気になるのです。

もし仕事なら、取り組んでいる仕事を良いものに仕上げて成果を上げれば、上司や周りの目も変わるだろうと、考えてみましょう。

「よくやったな!」なんて言われてしまったら、思わずうれしくなってしまいますよね。

そう考えれば、仕事に対して意欲的に取り組もうという気分にもなるでしょう。

実際に仕事を完成させた時に、周囲があなたが望むようなリアクションを示してくれるとは限りません。

でも、取り組むためのモチベーションを上げることができれば、それでいいのです。

そのためには、取り組もうと思っていることに対してやり遂げた瞬間をリアルにイメージして、達成感を感じてみましょう。

きっとやる気が湧いてくるでしょう。

スポンサーリンク


制限時間を設けてみる

社員の時間を有限だと考え、時間を大 事に使う。逆に言うと、今までは社員がいくらでも働いてくれたから、時間を大事に使ってこなかったのです。

出典 ワーク・ライフ社員の意欲と生産性の向上につながる「働き方改革」を

社員の時間は有限なのだと考えれば、その上で生産性を下げずに仕事を回していく方法が開発されるのです。そして、時間を有効に使うということは、時間あたりの生産性を高めることにほかなりません。

出典 ワーク・ライフ社員の意欲と生産性の向上につながる「働き方改革」を

何かに取り組もうと思ったら、そのことに向き合う時間に制限時間を設けてみましょう。

たとえば今日の午前中いっぱいはこの仕事に集中してみる、という風に時間を区切るのです。

そうすれば、せめてその間だけは取り組もうと思っていることに対して、集中することができるでしょう。

確かにそのことを片づけなければいけないのは、自分でもよく分かっているかもしれません。

しかし「すべて終わるまでは頑張る!」なんて思っても、それは無理があるというものです。

頑張ってもなかなか終わらない場合は、途中で中途半端になってしまうでしょう。

それよりは、むしろ時間を区切ってその時間内は集中するようにしましょう。

そしてその時間が過ぎたら別のことを行うようにして、気持ちと頭を切り替えるようにする、それも大切なコツなのです。

制限時間を設けることで、リミットが近づいてきたら思わず焦って普段以上に集中して取り組んでしまうかもしれません。

そんな風に時間を区切るということは、物事に対して意欲的に取り組むコツといえるでしょう。

スポンサーリンク


終わった後のご褒美を用意する

 
意欲的に物事に取り組むコツとして、そのことが終わった後のご褒美を用意しておくということも、かなりモチベーションを上げることができるでしょう。

頑張っている最中はしんどいですが、やり遂げた後は楽しいことが待っていると思うと、精一杯頑張ろうとも思えるのです。

ご褒美自体はそうたいしたものでなくてもいいのです。

やり遂げてすべて終わった後にはマッサージに行こう!という風に、自分に対してぷちご褒美を用意しておけば、仕事中にダレてきた時も、何とかやる気を出すことができるでしょう。

今日は終わったら飲みに行くという風に予定を入れておくのもいいですね。

仕事の後に予定を入れておくことで、時間を間に合わせるために目いっぱい頑張ってしまうでしょう。

そんなご褒美は、物事に意欲的に取り組む時に、意外と効果的なコツなのです。
 

周囲の視線を意識してプレッシャーをかける

 
物事に対して意欲的に取り組むコツの一つには、周囲の視線を意識するということ、そしてそれをプレッシャーに感じるということがあります。

仕事などによっては、やる気が出ないでついダラダラしてしまうということもあるでしょう。

しかし、それではなかなか終わらせることができません。

そんな時には、この仕事が遅れたらどうなるか、ということを思い浮かべてみましょう。

そして、それによって周りの人がどういう風に自分のことを見るか、それもよく考えてみるのです。

納期が遅れて上司に叱責されてしまったり、同僚からも仕事ができないやつと思われたり、そういうことを思い浮かべてみれば、呑気に過ごしていることができなくなるでしょう。

思わず背中に汗が流れて、大急ぎで取り組むべきことに向かってしまうのです。

そういうプレッシャーは、時と場合によって強く人を後押しすることがあります。

そのことを想像するだけで、頑張る気力が湧いてくるでしょう。
 

意欲的に取り組むには気持ちをコントロールしよう

 
いかがでしょうか。

以上、物事に対して意欲的に取り組むコツについてお伝えいたしました。

人間の心は、時々ひどく怠け者になります。

そういう時に、このようなコツを上手に使って、気持ちをコントロールするようにしましょう。

そして、そういうコントロールできる精神というのは、あなたにとって必要なものといえるでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク