おとなしい人に合う職場5つ

おとなしい人に似合う職場といったいどのようなものなのでしょうか。

仕事を通じて人間関係がつながるとなると、やはり活発な人が好まれやすいものです。

その真逆のおとなしい人は、それからもれてしまうため、自分に合った職場がないかな・・・と心のどこかでは思っています。

そこで今回はおとなしい人に合う職場をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


おとなしい人の職場

 

おとなしい人は静かな図書館での仕事が合う

 
大きな声を張り上げるのがどうしても苦手というおとなしい人には、静かな図書館の司書の仕事がうってつけです。

人と話すことも苦手で…という人でも、静かな声で書架を案内したり、貸し出し・返却などの受付をするだけの、ほぼ紋切り型の決まり文句で一日が終えられることの多い図書館司書の仕事内容なら苦にならないでしょう。

公共の図書館の司書なら、公務員として採用されるものなので、職場での競争とも無縁です。

また、急を要する案件が舞い込むことも、厳しい納期に支配されることもない、実に穏やかな仕事です。

多少の退屈はあるかもしれませんが、本が好きなおとなしい人ならきっと楽しんで働くことができる環境であることでしょう。

このようなことから静かな空間を作らなくてはならない職場ナンバーワンだと言えます。

素晴らしい作品を提供する人と集中して読みたい人とが、合致してできている独特な空間が広がる図書館は、お喋り好きな人にはちょっと働くのは難しい職場かもしれません。

受付で人当たりの良い態度は大切ですが、元気いっぱいな司書さんでは、ちょっとした世間話も会話が盛り上がってしまうかもしれません。

本を読んで楽しむ場ですから、会話で盛り上がるのはまずいですよね。

ですから図書館では会話も慎まなくてはならないのです。

文字が見せてくれる本の世界は想像力も必要としますから、小さい喋り声でも読書の邪魔をしてしまいます。

やはり、おとなしい人の職場として最適でしょう。

スポンサーリンク


ハウスメイドの仕事

 
女性を対象とした求人がほとんどですが、ハウスメイド、お手伝いさん、家政婦さんという仕事は、おとなしい人には天職といえる仕事です。

基本的には忙しいお宅での留守中の家事を担当する仕事なので、一人で黙々と掃除や洗濯、炊事などをこなし、依頼主さんが帰宅されたら簡単に報告を行って終了です。

ドラマに出てくるような、家族関係の中に踏み込んでいく必要のある職場はほぼ存在しません。

家庭的なタイプのおとなしい女性にはおすすめの職業といえるでしょう。
 

クリエイティブ系の仕事

 
自宅でひたすら絵を描いたりプログラミングをしたり、小説をものしたりするクリエイティブなお仕事も、基本は個人プレー。

コミュニケーションが苦手なおとなしい人には嬉しい仕事です。

しかし、クリエイティブ系の仕事というものは、自分の作品を一人きりで売り込むためのある程度の対人スキルが必要とされるので、せめてメールやチャットなど文章ではきちんとコミュニケーションが取れるような訓練が必要です。

それさえこなせれば、あとの作業は一人っきり。

クリエイティブな趣味や特技を密かに持っているおとなしい人にはオススメです。
 

おとなしい人に合う職場として調理場

 
料理を黙々と作る人は、その人が持つ腕前全てが提供される料理に注がれているように見えます。

作る工程に拘りがある料理は、温度や味加減も一瞬の微調整で決まりますから、常に寡黙な人の方が仕事ができるでしょう。

家庭やパーティーでは家族や友人とお喋りしながら楽しめる料理が良いでしょうが、プロの調理場で会話をすべき相手は食材です。

生き物は日に寄って全く同じ状態を留めません。

二度と同じ食材を扱えることなんてないのですから、毎日が新しい食材との勝負です。

おとなしい人が、口には出さない芸術を発揮できる職場です。

スポンサーリンク


アトリエもおとなしい人に似合う職場

 
観て描いて想像してを繰り返す画家は、作業中に言葉を必要としません。

彫刻家も同じです。

同じ芸術家でも音と向き合う音楽家は、時に独り言も必要でしょう。

しかし美術系の芸術家という職業は、言葉では表せない世界を色や形で表現するのが仕事なのです。

言葉で伝わるものであっても、何も無いところに物語の世界を創っていくのです。

つまり、おとなしい人の内に秘められた言葉にならない思いを最大限にぶつけることができるのです。

おとなしい自分の新しい一面を知ることができる職場かもしれません。
 

おとなしい人に似合う職場は一人でできる仕事

 
いかがでしょうか。

おとなしい人というのはあまりコミュニケーションが上手ではない傾向があり、むしろ苦手だと感じていることが一般的です。

なので、当たり前の話ですが、できることなら一人で黙々と仕事をするような職場がいいと望んでいるのです。

しかし、仕事となると相手がいて初めて成り立つものばかりなので、なかなか難しいものでしょう。

図書館や比較的落ち着いた場所を職場として選ぶのがもっとも見つかりやすいですが、それすらも嫌だ、苦手だと感じる人は一人で仕事をする選択肢がいいでしょう。

今は個人でお金を稼ぐことが容易になっているので、自分だけの空間で仕事ができ、あなたの部屋が職場になります。

YouTubeに動画をアップして広告収入を得てもいいですし、「クラウドワークス」などの在宅ワークでお金を稼ぐことも可能です。

可能性は無限にありますので、興味があるものから手を付けていくのもいいでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク