薬剤師を辞めたい理由と対処法6つ

もう薬剤師を辞めたい。

あなたはすでに限界をむかえていないでしょうか。

せっかく資格をとって薬剤師になったのに、こんな気持ちのまま仕事をし続けていくのは不本意なものですよね。

周りを見渡せば、みんな楽しそうに仕事をしていたり、充実した毎日を送っています。

なのにあなたは毎日仕事を辞めたいと思っている・・・。

そこで今回は薬剤師を辞めたい理由とその対処法についてご紹介していきますので、ぜひあなたにも当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


薬剤師を辞めたい理由と対処法

 

薬剤師を辞めたい1 人間関係のトラブルで辞めたい

 

薬剤師の仕事では女性が多く活躍しています。

そのため、人間関係が上手くいかなかったり、トラブルが起きる確率も多いです。

自分が働いていている職場に、お局様がいていじめられ仕事を辞めたくなる人もいるでしょう。

女性が多い職場であるので、ある程度人間関係のことでは覚悟を決めて働ける人でないと、薬剤師は勤まらないかもしれません。

職場の人間関係をプライベートに持ち込まないように、割り切って仕事ができなければ、辞めたくなってしまうのも当然でしょう。

 

薬剤師を辞めたい2 激務である

 

薬剤師の仕事がとにかく忙し過ぎて辞めたいという人もいるでしょう。

休前日等は病院もかなり忙しくなるので、それに伴って薬剤師の仕事も多くなります。

仕事が忙し過ぎて休憩する時間も取れないのでは、仕事を辞めてしまいたくなるでしょう。

あまりにも仕事が忙し過ぎて、自分の休みが上手く取れなかったり、休日出勤が続いたりした場合には、仕事を辞めたくなるのも当然でしょう。

自分の希望をきちんと伝えても、全くそれが通らない場合には、薬剤師を辞める原因になるでしょう。

スポンサーリンク


薬剤師を辞めたい3 生活環境の変化で辞めたい

 

薬剤師をしていたが、結婚や出産によって短時間勤務で働きたいなどと思い、仕事が忙し過ぎると辞めたくなってしまうでしょう。

薬剤師の仕事は忙しいので、産休や育休を取りにくく、働くママ達にとってはとても働きにくい職場です。

ママ達が育児をしながら薬剤師を続けることが困難だと思えば、辞めていくママも多いでしょう。

仕事が忙しくなるほど、薬剤師を続けたいと思う人は減っていくのかもしれません。

ママ達でも働きやすい環境が整うまでは、まだ時間もかかりそうです。

 

薬剤師を辞めたい3 給料が安いから辞めたい

 

薬剤師でかなりの激務をこなしているのに給料が安い、残業が多過ぎて仕事を辞めたいと思う人もいるでしょう。

実際、薬剤師の仕事は絶対にミスが許されない上に激務で、割に合わないと思っている人も多いようです。

給料や福利厚生がしっかりしていない職場であれば、薬剤師を辞める理由になるでしょう。

薬剤師の求人募集も多めなので、ネットの求人サイトで情報収集すことも必要になってきます。

薬剤師の給料の相場を調べるなどして、条件の良い職場へ転職するのも良いでしょう。

スポンサーリンク


薬剤師を辞めたい4 上司へのストレス

 

薬剤師の職場は総じて人員が少なく、少数の人にのみ交流が限定されてしまいがちです。

気の合う同僚や信頼できる上司と一緒の職場であれ場人間関係に悩むことなく働けますが、そりの合わない同僚やいい加減な上司と一緒の職場で働く薬剤師は常に人間関係のストレスを抱えてしまいます。

人員が少ないため一度人間関係のトラブルが発生してしまうと関係修復の機会を得ることが難しく、些細なことがきっかけで起きた対立をズルズルと引きずったまま仕事をつづける羽目になってしまいます。

比較的転職の容易な職業ということもあり、人間関係を修復するよりも仕事を辞めて新しい職場に移るという選択肢を選ぶ薬剤師は珍しくありません。

 

薬剤師を辞めたい5 残業が多い

 

薬剤師も職場によっては非常に忙しい環境で働くことを強いられます。

町の調剤薬局などは勤務時間も限定されるためそれほど忙しい職場ではありませんが、製薬会社や研究施設などで働く薬剤師となると仕事の忙しさは段違いです。

連日連夜の残業は当たり前、仕事が立て込む期間になるとろくに自宅に帰れないことも珍しくありません。

仕事の忙しさに見合うだけの高級はもらえても、年齢とともに忙しい仕事には体がついていかなくなってしまいます。

結婚や出産などで環境が変われば忙しい仕事を続けるのは難しくなっりますから、もっとゆとりを持って働ける職場への転職を目指して仕事を辞めたくなってしまいます。

スポンサーリンク


薬剤師を辞めたい6 ミスをしたり顧客対応がつらい

 

ドラッグストアに勤務する薬剤師が一番ストレスに感じるのが、嫌な客への対応です。

店員に高圧的に接してくる、丁寧に説明しても一向に理解しようとしないといったのはまだまだ序の口で、暴力を振るわれそうになった、脅迫まがいの言動で脅されたという経験を持つ薬剤師は少なくありません。

薬剤師は薬を扱う専門家ですが、ドラッグストアの客から見れば一店員と変わらない存在です。

傍若無人な客の対応を強いられると、薬剤師はこんな仕事とっとと辞めたいという気持ちにかられてしまいます。

製薬会社勤務の薬剤師も大して事情は変わりません。

顧客の意思からは値引きや接待などのサービスを要求され、会社と顧客の板挟みというつらい立場に立たされてしまいます。

顧客対応の辛さに耐えかねて辞めたい思いでいっぱいになった薬剤師は、理不尽なクレームが来ないことを第一条件にして新しい職場を探します。

 

薬剤師を辞めたいなら転職から始めよう

 

いかがでしょうか。

薬剤師というのは見た目によらずハードな仕事です。

その上でさらに人間関係が劣悪だと、どうしても「もう辞めたい」と思うものでしょう。

大切なのは薬剤師を辞めるのではなく、まずは環境を変えてみることが重要です。

環境によって給料も人間関係も仕事のハードさも嘘のように改善されるので、まずは一度薬剤師での転職を検討してみましょう。

仕事は我慢する人が良いように使われて、損をするシステムになっているので、問答無用で行動したほうが結果的にもっと充実した日々を送ることができますよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク