年下彼氏との付き合い方7つ

最近、年上の女性を好み、彼女にしたがる男性が増えてきました。

それに呼応するように、年下彼氏と付き合う女性も増加傾向にあります。

以前のような、「男性が年上なのが常識」という固定観念が変化してきたためでもあるでしょう。

とはいえ、実際に年下男性と付き合った経験を持つ女性は、まだ少数派です。

そのため、年下彼氏と上手に付き合うことができない、なんて悩みを打ち明けることができずにいる女性もすくなくありません。

そこで今回は、年下彼氏と上手に付き合う方法やポイントについてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


年下彼氏との付き合い方

 

  • 思い切り甘えさせてあげる
  • 子ども扱いしない
  • 期待しすぎない
  • イニシアティブを持たせ、折に触れホメる
  • かわいいポイントを見つける
  • 時にはこちらから甘えてみる
  • カウンセラーになってあげる

 

年下彼氏が甘えたがっている時は思い切り甘えさせてあげる

 

男性は、たとえ「俺についてこい」というような硬派なタイプであっても、

心のどこかで「女性に甘えたい」という願望をもっているものです。

特に年上の女性を好む男性は、

その願望が人一倍強いと考えていいでしょう。

ですから、二人きりでいるときなど、彼氏が甘えたそうなそぶりをしたり、実際に甘えてきたりしたときには、思う存分甘えさせてあげましょう。

これが、年下彼氏と上手に付き合うための基本です。

この基本の上に、次の項目以下の付き合い方が存在すると考えてください。

スポンサーリンク


年下彼氏を子ども扱いしない

 
年下彼氏と初めて付き合う人が犯しがちなミスを紹介しましょう。

それは、ついつい彼氏を子ども扱いしてしまうということです。

「甘えさせるのが基本」ではありますが、それは子ども扱いすることとは違います。

女性の側に「自分が年上なのだから、リードしなければ」という意識が強すぎると、彼氏に対して上から目線になってしまうことがよくあるのです。

「ほんとに、子供なんだから」「そんなことも知らないの?」「これが常識よ」というような、自分が上に立ったような発言はどれもNG。

この3つのセリフを見れば、言われた彼氏がどんな気持ちになるか、容易に想像ができるでしょう。

いくら甘えたがりでも、男性である以上、「男としてのプライド」は誰でも持っているのです。

そのプライドを傷つけるような言動は慎まなければなりません。

特に、不用意な発言にはじゅうぶん注意するようにしましょう。
 

年下彼氏に対して期待しすぎない

期待してない前提だからこそ、「男」を意識できる

年下だし、と甘く思っていたら男性っていきなりキバを剥くんです。

油断なんてしていたら、いつのまにか荒々しくキスをされていたり、腰を引き寄せられたりすることだってあるんですよ。

日々、そんな漫画やドラマみたいなシチュエーションがあるかも!? と妄想することこそが女性フェロモンを大量に作り、アナタの肌や気持ちを若々しくさせる秘訣。もちろん本当にあったらとてもラッキーなハプニングでもあります。

出典 年下彼氏と付き合う3大メリット

彼氏だからといって、期待しすぎてしまうと、その期待値を越えられず、ガッカリしてしまうことが多くなってしまうかもしれません。

逆に、期待をしていなければ、期待値のハードルはだいぶ低くなりますので、むしろ惚れ直すきっかけにもなるでしょう。

彼氏に対して愛想を尽かすというのは、この「期待」がとても大きなポイントとなります。

年下彼氏と上手に付き合っていきたいのなら、最初から何も期待しないほうが得策だと言えるでしょう。

スポンサーリンク


イニシアティブを持たせ、折に触れホメる

 
デートの時などに、意識的に彼氏にイニシアティブを持たせるのも、上手に付き合うための大切なポイントです。

先述で触れたとおり、「自分が年上だから」という意識があると、デートしている間中、自分がイニシアティブをとって彼を引っ張っていこうとしてしまいがち。

これは、よくありません。

あくまでも、デート中は彼氏を立てて、リードさせるのが基本と心得ましょう。

もちろん、彼氏が迷って「どうする?」と聞いてきたら、はっきり意見を言うなり、方向性を決めてあげるなりしてかまいません。

しかし、それは彼氏が頼ってきた場合限定の対処法です。

彼氏にリードしてもらい、折に触れ彼氏をホメるというのが、上手な付き合い方です。

ホメるポイントは「男らしさ」「決断力」「頼りがい」などです。

たとえば、「あなたはいざというとき、ほんとうに頼りになるね」というようにホメると、彼氏はその気になり、実際に「頼れる男」を演じようとします。

その結果、ほんとうにそうなることがめずらしくないのです。

つまり、「年下彼氏はホメて育てる」ということになります。
 

年下彼氏のかわいいポイントを見つける

「年下彼氏の魅力は何ですか?」
と聞かれて一番良くある答えがこれです。

とにかくかわいいと感じることが多く、
それだけでキュンキュンきてしまう女性も少なくありません。

ペットのように見ているだけで満足!
というわけにはいかないと思いますが、かわいいというのは大きな魅力になることは間違いありません。

癒やしの効果もあるかもしれませんね。

出典 年下彼氏の10の魅力

年下だからこそ、かわいい!と感じる部分がたくさんあるはずです。

それをどんどん見つけて、ストックさせていきましょう。

そのかわいい姿を見るために、癒されるようになりますので、二人の関係も安定するはずです。

スポンサーリンク


時にはこちらから甘えてみる

 
常に年下の彼氏にばかり甘えさせるというのも、よくありません。

基本はそうですが、付き合いを長続きさせるためには、そればかりではうまくいきません。

ただの「甘えさせてくれるお姉さん」になってしまっては、やがて彼氏の恋愛感情は薄れていってしまうでしょう。

もっともいけないのが、まるで母子関係のようになってしまうことです。

そして、実際にそうなってしまい、最後は別れるというケースが少なくありません。

そうならないためには、こちらからも上手に甘えて、「女」を常に彼氏に意識させる必要があります。

お泊りデートの時など、「かわいい女」になって、こちらから思い切って甘えてみましょう。

最初は彼氏はとまどうかもしれませんが、女性から甘えられて喜ばない男性はいません。

特に、年上女性が甘えてくれば、彼氏の「男スイッチ」は簡単にONになるはずです。

また、時には「女の弱さ」を見せるのも、有効な方法です。

仕事の不安、人間関係の悩みなどを話し、涙ぐんでみせるといいでしょう。
 

年下彼氏のカウンセラーになってあげる

 
最後にもう1つ、年上女性ならではの付き合い方のポイントを紹介します。

それは、カウンセラーになってあげることです。

年下彼氏は時として、彼女を人生の先輩として頼ってくることがあります。

その時、大切なのは、彼氏の悩みや相談ごとに真摯に耳を傾け、まじめにアドバイスすることです。

彼氏はあくまでも先輩としてのアドバイスを求めて、相談してくるのです。

ですから、自分の経験や知識を総動員して、彼氏の期待に応えてあげましょう。

彼氏から頼られたら「頼もしい先輩」になること、これが上手な付き合い方の大切なポイントなのです。

スポンサーリンク


年下彼氏と付き合うメリットとデメリット

 

彼氏が年上な場合と、年下な場合とでは、その間柄は大きく異なるものです。

それぞれ長所と短所がありますが、

年下の彼氏と付き合うメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

メリット:喜ばそうと一生懸命になってくれる

 

■楽しませようとがんばってくれる

「年上の私を気遣って、退屈させないデートを必死で考えてくれます。デート中もずっと鞄を持ってくれたり、私をお姫様のように扱ってくれたりするところが魅力です。それに、若くて体力もあるので疲れた顔を見せないところもいい」(28歳/医療)

彼女のために尽くす健気な年下彼氏、素敵すぎます! 休日に会えるのが待ち遠しくなってしまいますね。

出典 実際どうなの? 「年下彼氏」の長所と短所

 

年下だからこそ、女性のために分かりやすく行動してくれるのが目立ちます。

アピールの1つかもしれませんが、

この姿が年上の女性を喜ばせるのは間違いありませんよね。

そんな姿を見たときに、

一緒にいてよかったなと感じるのでしょう。

スポンサーリンク


デメリット:相談しにくい

■悩みを打ち明けづらい

「いつも頼られる側なので、いざ自分の悩みとなると彼に相談しづらい。悩みを打ち明けると必死で聞いてはくれるものの、変に共感されると逆に『本当にわかってるの?』と腹が立ってしまいます」(30歳/不動産)

どうしても自分が年上である以上、人生経験が豊富な気になってしまい、頼りづらくなるかも。愚痴をこぼす感覚で話してみてはどうでしょうか。

出典 実際どうなの? 「年下彼氏」の長所と短所

年の差があればあるほど、年下の彼氏には相談がしにくくなると言われています。

やはりそこは経験の違いが出てしまうのでしょう。

年下彼氏がこんな時にできるのは、じっくりと話を聞いてあげること以外ありません。
 

年下彼氏との付き合いでワンパターンはNG

 
いかがでしょうか。

紹介してきたポイントを並べてみるとわかると思いますが、一言でいうと「ワンパターンの付き合い方は避ける」ということになります。

時には甘えさせ、時にはこちらから甘え、時には頼り、時には頼らせる。

こうしたさまざまな関係を意識的に作ることによって、年下彼氏との付き合いを深く長いものにすることができるのです。

ぜひ、心がけておきましょう。

また、もしあなたになかなか彼氏ができないのであれば「彼氏ができない女性の特徴とすぐに彼氏ができる方法」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク