20代女性の転職理由7つ

今すぐにでも転職したいと考えている20代女性は少なくありません。

輝かしい未来が待っていると期待しつつも入社した会社が良くなかったという理由もありますし、結婚・出産を意識する年齢でもあります。

では、主にどんな理由で転職したいと思うのか。

そこで今回は20代女性の転職理由と対処法についてご紹介していきますので、ぜひあなたに当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


20代女性の転職理由

 

20代女性の転職理由1 人間関係によるストレス

 
女性の転職で最も多い理由が人間関係によるストレスです。

男性と比べて、女性同士の付き合いや交流というのは少し厄介なもの。

仮にその職場にお局となるような存在の人がいれば、尚更人間関係でストレスを感じることが多くなります。

女性同士では、職場といってもグループが出来てしまっていたり、派閥があったりと、何かと息苦しい中で仕事をしている人も多いため、苦しんだ結果、転職を希望するという人が見られるのです。

どこの会社、仕事においても少なからず人間関係によるストレスは起きるものですが、あまりにもひどい状況になった時には転職を早いうちにと考える人が見られます。
 

20代女性の転職理由2 想像していた仕事内容と異なっていた

 
20代女性が就職する際、先のことを見越して就職したり、自分が希望した職種に就職したりといったのが主な入社動機でしょう。

しかし、初めて社会を経験すると、自分の想像していた仕事の内容と大きく異なるという理由も多く見られます。

例えば販売の仕事だと思っていたけど、実際は営業に回されたといったように、希望職種と違った場合に転職を考えます。

下積みの時期でもある20代は、仕事内容が異なるものが多く、慣れるまでの間は他の仕事を任されることも有ります。

しかし、そうした事実を把握していなく、現実と理想のギャップを感じてしまった時に、転職を考える人もいるのです。

スポンサーリンク


20代女性の転職理由3 結婚による転職

 
20代女性は、早ければ結婚して子供がいる女性も見られます。

結婚してしまうと、家事などを両立して行わなければならないため、自分に想像以上の負担がかかってしまうことがあります。

特に完璧主義者の女性や、すべてを一人で抱え込んでしまうタイプの女性は、長い時間拘束されている仕事から帰宅後、またさらに家の仕事が待っているという状態にストレスや責任を感じてしまうことも。

そうした女性が結婚を機に、仕事の時間を制限したり、職種を変えて定時で帰れるような仕事を希望する人がいるのです。

仕事のことだけではなく、パートナーや家のことを考えた結果、転職をせざるを得ないという人もいるのです。

 

20代女性の転職理由4 給料が安い

 

お金のためだけに仕事をするわけではありませんが、お金が無ければ生活が成り立たないのも事実です。

給料が低いために転職を決意する20代女性は非常に多く、好きな仕事でも生活できないために泣く泣く転職に追い込まれるケースは少なくありません。

特に介護業界や保育業界などは平均給与が低く、20代女性の場合は月給が20万以下ということは珍しくありません。

勤務を続けるうちに給料がアップする見込みがあるのなら我慢して働くこともできますが、辛抱を続けて働いたとしても昇給はスズメの涙という現状では生活を守るための転職はやむを得ない自衛ための決断といえるでしょう。

本来なら働きに見合った給料が支払われるのが理想なのですが、法整備の遅れや制度設計の失敗が原因では個人の努力で問題を解決することはできません。

立場も低く弱い存在である20代女性に全てのしわ寄せが行ってしまい、不本意な転職を強いられてしまうのです。

給料の低さを理由にした転職を快く思わない人もいますが、低い給料のまま頑張ったところで未来が見えないような職場で働き続けることは本人にとっても社会にとっても良いことではありません。

能力に見合った給料を支払ってくれる職場への転職は全く恥ずべきことではありませんから、劣悪な会社にはさっさと見切りをつけてしまうのが得策です。

スポンサーリンク


20代女性の転職理由5 パワハラやセクハラの被害から逃れたい

 
コンプライアンスの順守が叫ばれるようになって随分と時間が経ちますが、まだまだ働く20代女性の職場での地位は低いままです。

上司からの不当な言動に傷つけられたり性的な被害のターゲットにあってしまう女性は多く、パワハラやセクハラから逃れるために転職せざるを得ないという20代女性は珍しくありません。

本来であれば会社側に被害を訴えて環境の改善や加害社員の処罰などが行われるべきなのですが、長年会社に勤め続けたベテラン社員とまだまだ未熟な20代女性社員のどちらを会社が守るのかを迫られたときに弱い立場の20代女性社員を守ってくれる会社が果たしてどれだけあるのでしょうか。

本来であれば保護すべき被害者であるはずの20代女性が転職でしか被害から逃れられないというのは大いなる社会的損失です。

少しでも条件が良く被害にあう心配のない職場へ転職できる事を願うばかりです。
 

20代女性の転職理由6 仕事がつまらない

 
やっとの思いで就職した新入社員の頃。

仕事は先輩につきながら必死でおぼえ、家でもスキルアップのためにひたすら勉強する、という人も少なくないはずです。

けれどその熱意は数年が経過するとどこかに消え、毎日が同じことの繰り返しで、マンネリ化した日常がつまらない、と感じてしまうこともよくあるようです。

さらなるスキルアップもできるといえばできるでしょう。

しかしそれには、たいていの場合はスクールに通ったり、資格を得るなど、高い壁を乗り越えなくてはならないはずです。

今がとりあえず安定しているのだから、そこまでの苦労をしてまでスキルを磨く気にはなれない、というのが多くの20代女性の現実ではないでしょうか。

しかし毎日はつまらない。

なので、刺激を求めて、転職の道を探ります。

20代の若い時期なら、ずば抜けたスキルはなくても、新しい職場を見つけやすいからです。

スポンサーリンク


20代女性の転職理由7 将来が不安

 
今働いている会社ではそれなりの給料は貰えていて、それなりの仕事もある。

自宅からは遠くなく、職場の人間関係も、ちょっと面倒なことはあるとしても、そうひどくはない。

こんな状況の20代女性は多いのではないでしょうか。

けれど10年後の自分の姿を想像すると、漠然とした不安に包まれます。

この先も働き続けたとして、会社での自分の立場はどうなっているのでしょうか。

さすがに「お局」は死語になりましたが、

もしかしたら若い社員から鬱陶しがられているのかもしれません。

そして一番気がかりなのが、結婚相手が見つかっているかどうかさえ、わからないことです。

結婚し、子どもができたとして、

今の会社で産休をとり、職場復帰することが果たして可能なのでしょうか。

子どもが体調不良となったとき、融通のきく会社なのでしょうか。

そう考えると、年齢を重ねても、無理なく働き続けることのできる会社に転職したほうがいいのかもしれない、と考えます。

30代になってからの転職は難しくなるというのは世の常識です。

女性なら尚更です。

転職するなら早いほうが断然有利な点も、背中を押してくれる理由になります。

スポンサーリンク


20代女性の転職理由はたくさんある

 

いかがでしょうか。

20代女性の転職する理由は様々なものがあります。

職場の環境で転職したいと思うこともありますし、

結婚など将来面でも意識することでしょう。

そこで大切なのは、実際に行動することです。

転職活動をせずに同じ環境のままだと、いつまでも状況は改善せずにストレスがたまり続けてしまうので、できる限り早く行動しましょう。

そして、転職の成功確率を上げたい20代女性であれば、

エージェントを利用することが必要不可欠です。

エージェントとは「代理人」という意味で使われる言葉で、スポーツ選手の代わりにエージェントが交渉したりするのもそうですし、私たちが普段使っている希望通りの旅行を手配するのもエージェントです。

つまりこの場合のエージェントはあなたの知識や実績を、希望する企業や適した企業に売り込んでくれるということ。

あなたは大したことないスキルだと思っていても、仕事や会社が変わればものすごく重宝されるものだったりするものです。

それを見つけるのは一人ではとても難しいですし非効率です。

DeNAの創業者である南場智子さんや勝間勝代さんもエージェントを利用して転職しており、エージェントの活用をおすすめしています。

エージェントの力を利用して満足のいく転職をする方法が一般的になっているのは、効率的な部分やあなたの気持ちの部分から考えても納得できるはずです。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク