40歳無職が就職するためにやるべきこと5つ

就職活動の成功率と年齢は反比例します。

つまり、年齢が高くなればなるほど、就職活動はむずかしくなるということ。

特に20代30代に比べると、40歳は就職活動の難易度が急に高まる年齢と言っていいでしょう。

では、40歳で無職の人がこれから就職を考えるとき、それを成功させるためにはどうしたらいいのか。

そこで今回は40歳の無職の人が就職するための5つのステップをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


40歳無職

 

無職である現状を、厳しい目で客観視する

 
40歳で無職という場合、いくつかのケースが考えられます。

もっとも多いのは、就職していた会社を何らかの事情でやめて、しばらく失業保険で生活、仕事をしないままある程度の時間がたってしまったというケースでしょう。

また、女性の場合、結婚して専業主婦でやってきたが、家庭の事情や離婚などによって、就職せざるを得なくなったということもめずらしくありません。

さらに昨今は、ニート生活を送っていたが、家庭環境が変わったため、初めて就職しなければならない状況になったというケースも増えています。

時間の長短の違いはかなりありますが、いずれにしろこれまでは、無職でもなんとか生活できていたのでしょう。

それが、このまま無職生活を続けることができなくなったわけです。

ですから、就職を考えるとき、最初のステップとしてすべきなのが、そうした現状をできるだけ厳しい目で客観視すること。

つまり、現状に対する危機感を、しっかり持つことが大切なのです。

その危機感を認識して初めて、40歳での就職活動がスタートできるのだと考えるようにしましょう。
 

就職後の生活を想像してみる

 
厳しい現状認識をしただけでは、明るい気持ちで活動することはできません。

前向きに明るく進む意識を持てなければ、思うような成果は得られないでしょう。

ですから、「明るい未来」を想像してみることも大切です。

就活がうまくいって就職できたと想定し、その時に自分の生活はどのように好転しているか、想像するのです。

毎月一定の収入が保証されるわけですから、生活のレベルは当然向上します。

パートナーや家族のいる人は、家族も楽になるわけです。

あるいは、借金を抱えている人は、その借金を毎月確実に返済することが可能になります。

そして、その先に待っているのが、「借金を完済したときの晴れやかな気持ち」でしょう。

そうした想像を、できるだけ幅広く、リアルに思い描いてみましょう。

就職活動に対するモチベーションは必ず上昇し、成功率はかなり高まるにちがいありません。

これが2つめのステップです。

スポンサーリンク


40歳の求人の実際を調査する

 
以上2つのステップは、活動を開始する前の心構えについてでした。

次からがいよいよ、実際の就職活動になります。

まずは、情報収集から始めましょう。

転職サイトや就活サイトを利用するのが、もっともかんたんで、有効なやり方でしょう。

そうしたサイトを利用して、実際の求人について情報収集するわけですが、その際に大切なのは、最初から間口を狭めてしまわないことです。

40歳ともなると、若いころに比べて自分の能力や可能性について、かなり現実的に捉えるようになっているものです。

現実的に自分の能力を見つめること自体は悪いことではありません。

しかし、年齢が高くなってからの就職活動では、それがマイナスに作用するケースが少なくないのです。

ですから、「こういう仕事は自分には無理」とか「これは自分には向いていない」と最初から決めつけてしまうことはやめましょう。

一見、自分とは縁遠そうな仕事でも、やってみたら案外向いていたということも多いものです。

間口をできるだけ広くして、可能性がわずかでもあるなら、より多くの業種、職種の情報を集めることをおすすめします。
 

これまでのキャリアを振り返り、自分の強みを把握する

 
情報収集と並行して行うべきなのが、自己分析です。

40歳という年齢であれば、これまで仕事の経験があるならばもちろん、そうでないケースでも何らかの人生のキャリアは積んでいるわけです。

たとえ、40歳までニート生活を続けていたとしても、その年齢まで人生を送っていれば、なにがしかの人生の蓄えというものはあります。

たとえば、「ゲームに関する知識や能力は人に負けない」とか、「思想関係の本はたくさん読んだから、人生についての考察の深さは、人より優れている」というようなことが、何かしらあるはず。

それが自分の「強み」であり、就職活動でアピールできるポイントになるのです。

過去に仕事をしたことのある人なら、なおさらそうです。

仕事のキャリアを細く洗い出して、自分のアピールポイントを1つでも多く把握しておくといいでしょう。
 

できるだけ多くの周囲の人に「宣言」する

 
周囲の人も巻き込んで就職活動をしたほうが、成功率は向上します。

友人、知人、親類などなど、会う人会う人に片っ端から「就職活動を始めた」と告げ、協力を求めるのです。

その相手から、耳寄りな情報が得られるかもしれませんし、そうでなくても人に宣言することで「後には引けない」という気持ちになるでしょう。

この気持ちが、活動を前に進めるための大きな原動力になるのです。
 

40歳で無職なら一念発起しよう

 
いかがでしょうか。

新卒者と比べて、40歳での就職活動では、「気持ちの強さ」が成否に及ぼす影響が段違いに高くなります。

つまり、就職に対する強い気持ち、情熱を持つこと。

「何が何でも成功させて見せる」という強い意気込みが、成功への道を開いてくれるのです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク