自己肯定感を高める方法9つ

自己肯定感を高めるにはどうすればいいのでしょうか。

幸せな毎日を送るためには、「自分はかけがえのない存在なんだ」とありのままの自分を認めることが大事です。

自分が大切な存在であると肯定することは充実した日々を過ごすためにはとても大切です。

そこで今回は自己肯定感を高める方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


自己肯定感を高める方法

 

自己肯定感を高めるには頑張った自分を褒めてあげる

 
自分だけは、いつでも自分の味方でありたいものです。

そして、毎日頑張っている自分に対して、自分だけは褒めてあげるという習慣をつけると、自己肯定感が高まってきます。

特に、いつも一生懸命頑張る真面目な人ほど、「自分なんかまだまだ」と、自分そのものを否定しがちです。

しかし、それが続くと潜在的にストレスとなり、最後は「自分なんか、誰からも認めてもらえない存在だ」という、屈折した考えを抱いてしまうようになるのです。

まずは、自分の存在・自分の頑張りを認めてあげましょう。そして、自分を思いっきり褒めてあげましょう。

誰が見ているわけでもないのですから、ちっとも恥ずかしいことではありません。
 

自分を認めてくれる人たちと付き合うようにすることで自己肯定感を高める

 
一見すると友達のように見えても、自分のことを否定してくる人たちとの付き合いが多いと、潜在的に「自分なんて」というネガティブな感情が大きくなります。

相手からしてみれば、よかれと思ってした忠告であっても、あまりにも否定され続けると、悪い影響しかなくなります。

なので、自己肯定感を高めるためには、自分を否定する人たちとは一旦距離を置き、自分を認めてくれる人たちと積極的に付き合うようにしましょう。

それによって、「自分にはこんな良い所があったのか」「自分を認めてくれる人たちがこんなにいたのか」という自信に繋がります。

この自信の積み重ねが、自己肯定感を高めてくれます。

スポンサーリンク


自分にできること・自分の良いところに目を向ける

 

人は皆、自分に足りないものや、自分の欠点ばかりに目を向けてしまいがちですが、

それでは自信を失ってしまうばかりです。

なので、今自分ができること・自分の良いところに意識的に目を向け、それを認めて自信を持つようにしましょう。

今自分が持っているものを意識することは、

今現在の状態に素直に感謝するということにも繋がり、自己肯定感と共に、内面の豊かさも身に

付けることができて、一石二鳥です。

 

小さなことでも成功体験を積み重ねる

 
人は、何か失敗したり壁にぶつかったりした時に、全てのことが思い通りにいかないように感じます。

そうすると自分は駄目な人間なんだと思えて負のスパイラルに陥り、いつもなら出来ることでもできなくなったりします。

そうなることを防ぐために、簡単なことや自分の得意なことで成功する体験を積み重ねることが大事です。

まずは小さな目標や自分がすぐにできそうなことを書き出します。

クリアしたらチェックマークを付けていくことで達成感を得ることができ、「やれば出来るんだ」と自信が持てるようになります。

また、人にちょっとした親切をして感謝の言葉を得ることも、自分の存在意義を感じて自己肯定感を高めることにつながります。

スポンサーリンク


ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換して使う

 

なにか嫌なことがあったとき、つい「どうせ」「私なんて」「だって」「無理」といったネガティブな言葉を使いがちです。

これらの言葉を使わないように意識し、なるべくポジティブな言葉に変換してみることが大事です。

例えば、仕事が半分終わったときに「もう半分終わった」と言うのと、「まだ半分しか終わってない」と言うのでは全く印象が違います。

同じ物事でも、ポジティブに聞こえる言い方を探してみましょう。

また、自分が発した言葉は自分自身の耳で聞いています。

自分でポジティブな言葉を発して耳で聞くことで、気持ちも上向きになっていく効果があります。

 

自己肯定感を高めるには共感してくれる人を見つける

 

何か悩みがあって相談した時に自分の考えや行動を否定されると、自分はおかしいのかもと自分を否定してしまいがちです。

そこで、価値観が似ていて自分の考えに共感してくれる人を見つけます。

失敗して落ち込んだ時、他の人も同じような経験があると聞くと安心できることも多いものです。

自分のことを否定しがちな時は、共感度が高い人に話を聞いてもらうことが有効だといえます。

身近な友人や恋人、兄弟に限らず、SNS等で同じような境遇の人や悩みを抱えている人を見つけることも一つの方法です。

スポンサーリンク


なぜ自分が自己肯定感が低いのか理由を考える

 
自己肯定感が低いと、周りの人が自分をどう評価しているのかが気になり過ぎて発言や行動が出来なかったり、人と比べて自分に自信をなくしてしまったり、恋人や配偶者、家族や友達にも嫉妬心を抱いてしまったりします。

何故なのかを考え、その原因を知る事で自分自身を客観的に見る

事が出来、そんな自己肯定感が低い自分を解決に導くことが出来ます。まずは自分の赤ちゃんの頃の話を両親に聞いてみたり、子供の頃を遡って思い出すことでヒントが見つかるはずです。

例えば、両親がとても厳しく、何をしても褒められたことがなくとにかく両親に褒められたくて顔色を伺っていたとか、両親が共働きで忙しく、もっと一緒に過ごしたいと思っていたのに旅行や出掛けることがなかった、などです。

自分をもっと見て欲しい、でも私は駄目な子供なんだと思っていた過去が実はあったのかもしれません。

幼い頃のそんな思いが気付かないうちに自分の心に染み付いていることも考えられなくはありません。

そういった自分のルーツを知る事で、そんな事はないんだと自分の心に語りかける事もとても大切です。
 

もう一人の自分に話しかけてみる

 
自分の中に、もう一人の自分が居ると仮定します。そしてそのもう一人の自分に話しかけてみると良いでしょう。

例えば、「みんなはラーメンが食べたいと言ってるけど、私は何が食べたい?」「お昼もラーメンだったから私はパスタが食べたいな。」
という感じです。

現実にはあり得ない状況なのですが、普段周りの目を気にすることに集中していまい、自分の本当の気持ちに気付けない場合はこの方法はとても有効です。

もちろん声に出さなくても心の中で話してみるだけで大丈夫です。

そこで本当の自分の心の声を聞いてあげ、それを認めてあげましょう。

スポンサーリンク


自己肯定感を高めるには自分の心を解放してあげる

 

自分の心の声が解れば、それを解放してあげましょう。

言葉にしてみたり、職場や学校ではまだ難しいならば、心が許せる友人や家族などでも大丈夫です。

自分が一番リラックス出来る、安心出来る人たちと居る時に試すと良いかもしれません。

また、自分の好きな事に好きなだけ時間を費やすのも良いと思います。

例えば自然が大好きなら一人で公園に散歩に行ったり、山に景色を見に行ったりです。

自己肯定感が低いと好きな事をするよりは、これをしたらどう思われるか、あれをやらなきゃいけない、など自分自身よりも周りの人の目線を中心に考えてしまいます。

自分の好きな事を自由にする時間を作ることで、心を解放しましょう。

 

自己肯定感が低い原因や理由を見つける

 

いかがでしょうか。

自己肯定感を高めるには、まず低い理由や原因を探って見つけることが大切です。

原因が見つかれば、改善方法は自然と見つかるはずですし、同じミスをしないようになります。

自己肯定感が低い原因は、今いる環境や仕事や、恋人など様々なことが考えらますので、1つ1つじっくりと探ってみましょう。

あっと言う間に解決策が見つかるはずですよ。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク