オーラのある人の特徴8つ

あなたの周りには、オーラのある人がいるでしょうか。

ただそこにいるだけで、なぜか圧倒的な存在感を放つ人は、人とは違ったオーラを持っています。

たとえ、これ見よがしな派手な格好をしていなくても、オーラのある人というのは、ただ存在しているだけで「何か」が違うのです。

では、オーラのある人というのは、具体的にどのような人なのか。

そこで今回はオーラのある人の特徴についてご紹介していきますので、ぜひあなたやあなたの周りの人に当てはまるかどうか確認しながら最後までご覧ください。

スポンサーリンク


オーラのある人の特徴

 

  • オーラがある人の話し方
  • 大らか
  • 雑念がなく、ものすごい集中力を持っている
  • 雰囲気に華がある
  • 明るい雰囲気がある
  • 自然な笑顔で人と接することができる
  • 自分に自信を持っている
  • ハキハキと物を言う

 

オーラがある人の話し方

 

話し方一つとっても、オーラがある人の話し方にはこんな特徴があり、とても目立ちます。

・話す速度がゆっくりである

・滑舌がよく、聞き取りやすい

・声の大きさは堂々としていて大きめである

・声に張りがある

・声のトーンは高すぎず、落ち着いている

・声に愛と共感が満ちている

・視線をその場にいる一人ひとりと合わせられるように、ゆっくりと配る

出典 いるだけで目立つ「美人オーラ」の作り方

スポンサーリンク


オーラのある人1 大らか

 
オーラのある人は皆、大らかであることが大きな特徴です。

どこか余裕を感じさせる雰囲気が、周りを大きく包み込むようなオーラとなって、存在感を醸し出すのです。

いわゆる「本当の意味での成功者」という人達は、例外なくこのオーラを持っています。

オーラのある人は、細かいことをチマチマ気にしたりせず、滅多なことでは腹を立てません。

それだけ、「人を許し、受け入れる」という度量があるのです。

その精神的余裕が、大物としてのオーラになるのです。
 

オーラのある人2 雑念がなく、ものすごい集中力を持っている

オーラのある人は仕事や生活で、

今この瞬間に意識が集中できる必要があるので、

雑念が浮かばないのです。

たとえば芸能人、音楽家、芸術家、アスリートなど、

ボーっと考え事している暇はありません。

それにより彼らはエネルギーを分散せず、

集中した状態で維持できるのです。

出典 オーラのある人になる方法(後編)

オーラのある人になるためには、

雑念と執着を取り除く必要があるのです。

それが分散してしまったオーラ(エネルギー)を、

自分のところに集める作業となるのです。

出典 オーラのある人になる方法(後編)

スポンサーリンク


オーラのある人3 雰囲気に華がある

 

たとえ高級なファッションをしていなくとも、派手な格好をしていなくとも、雰囲気に華がある人には、独自のオーラが存在します。

この「華」というものは、外見とは一切関係がありません。

ただそこにいるだけで、ついつい目で追いかけてしまうような、不思議な存在感を放つのが、華やかな人のオーラです。

なので、どちらかというと地味な外見であっても、華のある人はたくさん存在しています。

「華があるかないか」は、生まれ持った素質によるものもあります。

又、後天的な努力で、「華のある雰囲気」を身に付けた人は、「ずば抜けて自己演出力に長けている」という才能を持っています。

どちらの場合であっても、自分の存在感を不動のものとしている、というのが大きな特徴です。

なので彼らは、どこへ行っても、どのような格好でいても、自然と人目を引いてしまうのです。

 

オーラのある人4 明るい雰囲気がある

 

オーラのある人は、明るい雰囲気を持っているのが特徴です。

それも、「ただテンションが高いだけの明るさ」や「無理矢理まき散らすような、空気の読めない明るさ」とは違います。

むしろそのような類の明るさでは、オーラを持つことはできませんし、人の気分を害することもあります。

オーラのある人の明るさというのは、何も言わずとも、ただそこにいるだけで、周りの人々を明るく心地良い気分にしてくれるというものです。

これは、その人自身が毎日を明るく生きているからこそ醸し出せるオーラです。

言ってみれば、その人の毎日の生き方が、そのままオーラとして滲み出ているのです。

スポンサーリンク


オーラのある人5 自然な笑顔で人と接することができる

 
オーラのある人は、いつも笑顔で人と接するのが特徴です。

それも、作り笑いではなく、自然な笑顔ができるというのが大きな特徴です。

オーラのない人は、「どうにかして自分を良く見せて、好感度を上げよう」とし、意識しながら笑顔を作りますが、オーラのある人は、そのような作り物の笑いをする必要がありません。

なぜならばオーラのある人は、本当の意味で自分に自信を持っているので、作り笑いで好感度を上げる必要などないからです。

自信があるからこそ精神的に余裕ができるので、その余裕ある心の状態が、そのまま自然な笑顔となってこぼれるのです。
 

オーラのある人6 自分に自信を持っている

自信を持て!と言われてもすぐには無理ですが、

自信がある人のまねをする、つまり、姿勢を正すこと。

顔を上げ、笑みを浮かべ、胸を開くこと。

外側から自信のあるような姿勢をするのです。

出典 なぜか目が奪われる女性 ~オーラはこうして作られる~

オーラのある人が持つ存在感の正体は、「本物の自信」です。

自分を過信したり、逆に卑下したりすることなく、ありのままの自分に自信を持っています。

なので、人に卑屈になったり、傲慢になったりすることもありません。

いつも心の中は「中庸の状態」に保たれています。

その状態で安定しているので、いつも気持ちが安らかであり、今のありのままの自分に満足しているのです。

そのゆとりが自信となり、それがオーラとなって外に出てくるのです。

スポンサーリンク


オーラのある人7 ハキハキと物を言う

 
オーラのある人に、「話す言葉がはっきりしていない」という人はまずいません。

オーラのある人は、自分の発する言葉に責任と自信を持ち、言葉を大切に扱っているので、常にハキハキと物を言うというのが特徴です。

そのため、オーラのある人が発する言葉には、どこか説得力があります。

自分の人生を丁寧に生き、豊富な経験に基づいた自信から生まれる言葉が、その人の存在感を作り上げているのです。

なので、オーラのある人の話を聞くと、思わず感動してしまう、という人もたくさんいます。
 

オーラのある人になるには、1つのことに努力すること

 
オーラのある人は、自分の人生を大切に生き、常に最善を尽くそうと努力し続けているため、そこから経験と自信が生まれます。

それがそのまま、目に見えないオーラになっているのです。

彼ら自身は、「オーラのある人間になろう」などとは、微塵も思っていません。

ただ目の前のことに一生懸命になり、「いかなる場合でも良い結果を出そう」と努力し続けているというだけなのです。

逆に、外見だけを磨いて目立とうとしたり、好感度を上げようとする人は、いつもで経ってもオーラを身に付けることはできません。

オーラとは、内面の深い所から醸し出されるものだからです。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク