気まずい時の対処法4つ

気まずい雰囲気を味わったことがない人は、まずいないことでしょう。

それまでスムーズに会話が出来ていたのに、ある一言で場の空気が一転してしまう事はあります。

自分は悪意が無かったとしても、相手にとっては心を深く傷つけられる言葉だったりします。

他にも好きな相手だからこそ、強く意識をしてしまい何も言えなくて気まずい状況もあります。

相手は家族、恋人、友人、知り合い、同僚、上司等、本当に様々です。

言ってしまったら、とにかく場を取り繕うためにごまかしたりもするかもしれませんが、またそれでますます状況を酷くしてしまう事もあります。

気まずい事を言ってしまったら、どうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、気まずい時の対処法をご紹介してきますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


気まずい時の対処法

  • 気まずさを気にせず黙ってみる
  • 気まずい雰囲気から堂々と逃げてみる
  • 素直に謝るのも1つの方法
  • 会話で沈黙になり、気まずい空気になったら失敗談で乗り切る

 

気まずさを気にせず黙ってみる

沈黙を気にしてはいけないのかというと・・・

沈黙になったときに
「やばい、なにか話さないと・・・」

って思うと
それが、相手に雰囲気で伝わるからです。

そうすると、

(あ、この人なにか様子がへん。沈黙してあせってるのかな?かっこわる〜)

そう思われます。

出典 会話で沈黙、気まずい。そんなときの3つの対処法

その場の雰囲気をとにかく変えなければならないと、無理に話をしても焦りが相手に伝わってしまいます。

相手がその焦りに対して笑ってくれるならば、雰囲気が変わるかもしれません。

しかし相手の性格によっては、苦笑いで呆れさせてしまう可能性もあります。

もし気まずくなった理由が相手を傷つけたり怒らせるような事でしたら、ますます相手を怒らせる事になります。

それなら黙ってみると言うのも1つの方法と言えるかもしれません。

とにかく話をしなければならないという意識を、吹き飛ばすのも良いでしょう。

とりあえず様子を見るだけの図太さも必要になります。

時間が経過すると相手も冷静さを取り戻すかもしれません。

大切なのは気まずい雰囲気をそれ以上、悪くしないようにするのが大切になって来るのではないでしょうか。

無理に取り繕うよりも、黙っていて、タイミングを見計らってまた話し始めるのが良いです。

スポンサーリンク


気まずい雰囲気から堂々と逃げてみる

 

気まずい雰囲気の中に居ると言うのは、

本当に嫌なものですよね。

ただ自分が気まずい思いをしているのでしたら、

相手もそれを強く意識しているかもしれません。

相手を怒らしていないような、ただ、話す事が無くて黙っているだけでしたら、

また別の事を始めても良いでしょう。

具体的に言えば、思い出したように、ポケットをまさぐってみたりして、

何かを探す振りをしても良いです。

それならば相手の意識も気まずさから解放されるかもしれません。

もちろん、自分にとっても解放される事になります。

そのままフェードアウトしても、

探しものをしているのだから仕方が無いと

相手は感じてくれるかもしれません。

その状態でしたら黙っていても問題がある状況ではありませんよね。

ただ上手くやらないと逆に不自然になってしまうので

そこは気を付けて演技をしなければならないです。

他にも今、何時なのか聞いてみるのも良いでしょう。

そうする事によってまた再び会話が始まる事も多いです。

スポンサーリンク


素直に謝るのも1つの方法

 
厄介なのが相手を傷つけてしまっているケースです。

この状況で下手な取り繕い方をしてしまうと、下手をしたら今後の人間関係に大きな悪影響を与える事になりますので慎重さが必要です。

もし、相手が急に黙ってしまい、明らかに怒っている態度になったら、どうして怒らせてしまったのか自分の発言を思い出しましょう。

明らかにこの言葉が悪かったのだという言葉を言っていたのでしたら、素直に、謝りましょう。

その時にヘラヘラした態度で謝ると、なめているのかという風になりますので気を付けなければなりません。

まず、何を謝れば良いのかを冷静に整理をして、それから、謝るようにした方が良いです。

この整理をしなければ、見当違いな言い訳をする羽目になったり、ますます状況を悪化させる事になります。

もちろん相手は人間ですし、自分とは性格や考え方も違うのですから、失敗する可能性も無くはありません。

しかしきちんと傷つけた事に悪い気持ちを持って謝ったら、相手ならば、まぁ悪気は無かったのだから仕方無いと許してくれるかもしれません。

謝った後は、もうその事に触れるのは止めて、違う話に持って行きましょう。
 

会話で沈黙になり、気まずい空気になったら失敗談で乗り切る

会話が途切れてしまい、何を話せばいいのか分からなくなった時、いちばんの特効薬になるのが自分の失敗談です。失敗談を話題にすると高い確率で場がなごみます。

人は普通、自分が失敗した話を知られることを嫌がるものです。だからこそ、そんな究極のプライベートとも言える失敗談を自ら打ち明けることで、相手は「こんなにも自分に気を許してくれているんだな」と心を開いてくれます。

出典 二人の間に気まずい沈黙が訪れた時の対処法

スポンサーリンク


まだお互いによく知らない間柄や、一緒にいると緊張するような相手の場合には、こうして自分のダメな部分をさらけだしてしまうことで
「こんなお茶目なところもあったんだ」
「正直な人だな」
「意外と付き合いやすい」
と親しみを感じてもらえます。

出典 二人の間に気まずい沈黙が訪れた時の対処法
 

気まずい空気を恐れない

 
いかがでしょうか。

上記の対処法が絶対的に正しいという訳ではありません。

ただ、パニックになってしまうよりは、遥かにマシとも言えます。

まず、どうして気まずい雰囲気になってしまったのか、それを考えるのも対処法の1つと言えるでしょう。

原因によってアプローチは変わって来るのは、忘れてはなりません。

きちんと把握をして、何が悪かったのかを知れば適切な対処法が出来て、気まずい雰囲気になる事を事前に防げます。

良く相手を怒らせてしまい、気まずい雰囲気を作ってしまう方は、親しき仲にも礼儀ありという言葉を思い出してみるのも良いかもしれません。

相手は自分とは違うのだと意識をする事によって、言葉の選び方も変わって来るでしょう。

何を言って欲しくないのだろうか、ある程度、情報を知っているのでしたら、言わないように心がける必要があります。

そうする事により気まずい雰囲気を作ってしまう事を、少なくする事が出来るでしょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ





スポンサーリンク