人に好かれる話し方6つ

人に好かれる話し方とはいったいどんな話し方をすればいいのだろう・・・とあなたは考えていないでしょうか。

人と言うのは難しいもので、話し方1つで好かれることもあれば、嫌われることもあります。つまり話し方というのはそれだけ大事なのです。

そこで今回は人に好かれる話し方をご紹介しますので、ぜひ今後の参考にしてみてください。

スポンサーリンク


人に好かれる話し方

 

人に好かれる話し方は相手を否定しない

相手のことを思って、話を構成するのは、愛情のある証拠です。

そして、愛情のこもった会話ができる人は、当然ながら、人に好かれやすいものです。

否定的な話を切り出しに使わないように心がけ、そしてそれを実践するだけで、会話はさらにスムーズに進めるようになり、もっと人に好かれる話し方ができるようになると思います。
出典 否定から話を始めない~人に好かれる話し方~

 

すぐに否定から入って、話をする人がたくさんいます。

「でも」「だって」というのはあなたも言ったことがあるでしょうし、言われたことも数えきれないほどあるでしょう。

しかし肝心の内容は否定していないことも多々あるのが現実です。

つまり、この「でも」「だって」が癖になってしまって、話を始めるキッカケの1つになってしまっているというわけです。

内容は否定していないかもしれませんが、頭からこのような否定語を言われるとやはりいい気持にはならないものです。

あなたも何でも否定語から入ってしまっていないかどうか一度確認してみましょう。

スポンサーリンク


好かれる話し方をする人はその場に合わせて声のトーンを調整する

大げさな言い方になるかもしれませんが、伝えたい話の内容によって、声のトーンを調整するだけで、コミュニケーション能力は目に見えて向上します。

例えば、声のトーンをやや控えめに抑えながら、少しゆっくりと話をすれば、相手に少なからず、安心や冷静であることを伝えられるはずです。
出典 声のトーン・声色~人に好かれる話し方~

 
声のトーン次第で相手に与える感情をガラリを変えてしまいます。

いきなり大声をだせば驚かせることは当然ですし、もしかしたら怒らせてしまうかもしれません。

よく相手は鏡だと言われています。自分の気持ちがそのまま相手にも伝わり、それが相手の感情になって表面化してくるのです。

これを意識すれば、情熱を持ってもらいたいとき、冷静になってもらいたいとき、楽しんでもらいたときなどでは声のトーンが変わってくることが理解できるでしょう。

気持ちをのせて伝えるだけでも声のトーンは変わってくるものです。
 

姿勢や態度にも気を配る

初対面で話す場合は、会話の内容を耳で得つつも、目からの印象、その人の見た目の印象や表情も大切になってきます。

ハキハキとした明瞭な話し方の好感度が高いのは当然として、話す時の態度にも気を付けましょう。 無駄な動きを控えて、きちっとした姿勢を保ちながら話すことも大切です。
出典 好感を与え、人に好かれる話し方の掟6+1

 
いくら良いことを伝えていても肩肘をつきながら、話してしたら、相手には絶対に伝わらないでしょう。それどころか、この人の話し方は失礼すぎる!という印象を与えてしまいます。

人が印象を判断するのは何も話し方だけではありません。どちらかと言えばその人の態度や身だしなみで第一印象を判断してしまいますので、人に好かれる話し方をしたいのであれば、最低限の振る舞いや身だしなみのマナーはおさえておきたいところです。

スポンサーリンク


声のボリュームが適切な人は好かれる

声が大きすぎる人と話すと、話している内容が周囲に筒抜けになってしまうので不安を与えることがあります。また、声が小さすぎるのも問題。ほどよいボリュームでも聞きとりやすい声であれば「もう一回言って下さい」と、相手に聞き返させる手間をかけず安心感を与えられます。それは適度な距離感を保てるということでもあり、仕事面でも信頼されます。
出典 【男性に好かれる女性の話し方】嫌われやすい5つの話し方との違い

 
近くで大声を出されると嫌な気分になるものですし、あまりに小さすぎても聞き取りづらいのでストレスがたまってしまいます。

これは話し方とは言えないかもしれませんが、人に何かを伝える上で声の大きさというのは絶対に避けられない重要なポイントです。

このボリュームというのは自分ではなかなか気づきにくいものなので、相手の反応をうかがってみたり、聞き返されることが多くないかどうかチェックしてみたり、実際に誰かに聞いてみて確認してみましょう。

もしかしたら相手にストレスを与えているようなトークになってしまっているかもしれません。
 

人に好かれる話し方をする人は本音で話す

周囲から嫌われないためのルールは、みなさんの中にも多かれ少なかれあるのではないでしょうか? 素の自分を出すのはとても勇気がいりますが、表面的な付き合い以上の関係になりたいのなら、自分を守ろうとするだけでなく、素の自分を出す勇気や努力も必要そうですね。
出典 嫌われる原因!男が不満に思っている女のNGな話し方8つ

 
本音で話すと周りから嫌われてしまうかも・・・と感じて、なかなか自分の気持ちを伝えることができないものですよね。

しかし、人に好かれる人は、常に本音ベースでトークを展開し、周りからの共感を得ることが上手です。

つまり本音と言っても、悪口や不平不満をダラダラというのではなく、こうするべきだという自分の意思をもってしっかり伝えるのが大切だということ。

自分の意思をもつためにはそのことについて本気で考えなければ、意志は湧き上がってきませんので、まずは物事に真剣に向き合ってみましょう。

それが話し方に表れてくるはずです。

スポンサーリンク


人に好かれる話し方は相手の反応をみて話す

会話が一方的にならないよう、常に相手の反応を見ながら話すことも重要です。 自分の話に夢中にならないで、相手の反応や表情などをよく観察するようにします。

自分が話したいことだけを、好き勝手に話すだけではいけません。 もちろん、話が長すぎるのもよくありません。
出典 好感を与え、人に好かれる話し方の掟6+1

 
会話というのはコミュニケーションです。コミュニケーションというのは一人では決して成立しないものだということを忘れてはいけません。

あなたが話したいことがたくさんあるように、相手も抱えているものが必ずあります。なので、あなただけがベラベラとしゃべって「あーすっきりした」というものでは決して好かれないでしょう。

しっかりと相手の反応を見て、その都度相手の言いたいことを引き出すようにトークを展開するのが、人に好かれる話し方の基本です。
 

人に好かれる話し方は相手のことを思うことから

 
いかがでしょうか。

人に好かれるというと、何とかテクニックで注目を浴びようとかなど、小手先に走る人が多いものですが、それで上手くいっている例はありません。

やはりどこかでボロが出てしまうものなのでしょう。

好かれる人というのは、相手の気持ちに便乗するのが上手で、それが話し方に顕著に表れるものです。

相手が怒っているときは一緒に怒ったような話し方を、悲しんでいるときは一緒に悲しんでいる話をしています。相手を思えば当然のことですよね。

そんな当たり前のことができていない人が、あれこれ学んだとしても、無駄に終わってしまいますので、まずはこの基本をおさえるところからはじめてみましょう。

また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「仕事ができない人の特徴とその対処法9つ」もあわせて読んでみましょう。

きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

スポンサーリンク


▼おすすめ関連記事

仕事ができない人の特徴とその対処法9つ

仕事辞めたい人のための後悔しない転職方法7つ

お金がない時の対処法4つ




スポンサーリンク